しれっと


by taigayuri

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010国体

第65回国民体育大会冬季大会スケート競技会
2010年01月27日~31日
釧路市 春採アイスアリーナ



1/27(水)
少年男子ショートプログラム滑走順

1 木原龍一
2 平野悠馬
3 板井郁也
4 杉中武知
5 岩木拓也

6 西井克宗
7 鈴木潤 棄権
8 近藤琢哉
9 近藤眞樹
10 林龍太

11 中村智
12 小沼祐太
13 辻馨
14 坪井遥司
15 野口博一
16 柾木太貴

17 掘貴博
18 多田野康太
19 服部瑛貴
20 野添紘介
21 松村成
22 渡部幸裕

23 本田宏樹
24 山田耕新
25 吉田拓登 棄権
26 田中刑事
27 弓野貢
28 山本拓海


少年女子ショートプログラム滑走順

1 後藤亜由美
2 長尾麻央
3 及川久莉子
4 中村愛音
5 長谷川奏

6 村元哉中
7 谷川奈穂美
8 柳原瑠偉
9 河野有香
10 菅野沙耶

11 野口真紀子
12 壬生川真優
13 國分紫苑
14 平野夏帆
15 北村彩乃

16 那須野光
17 南里美羅
18 中村未夏
19 山口香奈梨
20 友滝祐佳

21 押川ロアンナ紗璃
22 上野沙耶
23 細田采花
24 菊田実希
25 森下鮎美
26 佐藤里咲

27 鈴木真梨
28 福田芽衣
29 大熊奈生子
30 林華江
31 青木有葵
32 西野友毬
[PR]
by taigayuri | 2010-01-26 20:37 | フィギュアスケート

2010インターハイ 3

第59回全国高等学校スケート競技選手権大会
2010年1月20日~23日
釧路市 春採アイスアリーナ


1/23(土)
エキシビション 感想


出演選手6名での6分練習のあと開演

男子3位 小沼祐太君 ショート衣裳で黒猫のタンゴ(長谷川奏選手のショート音源) 選手紹介のアナウンス内容に「!」っていう反応をしていたような(笑)。おそらくアドリブ演技。ところどころ本家の振付が入ってました。きれいな2Aにステップ、ビールマンスピンも披露。3T+3Tにトライして転倒し寝そべったり1。ほかにジャンプは2Sと3T。これは期待を裏切らない美味しいエキシビションでした。せっかくのエキシビション、そう来ないと!素晴らしいサービス精神です。最高です。ショートもフリーも本当に素晴らしかったし、彼は間違いなく今大会の主役の一人でした。最後の決めポーズは猫の手。

女子3位 河野有香さん フリー衣裳で安室奈美恵のWishing On The Same Star 恐らくオリジナルのEXプログラムは河野さんのみ。2A、3S、3Tジャンプすべて成功。サビのスパイラルも歌詞に合わせた振りも凄く印象的で、笑顔で楽しそうに嬉しそうに滑っていて良かった。本当に素敵なナンバーでした。フリーの素晴らしい演技と合わせて、この日の主役は河野さんだったと言ってもいいと思います。

男子2位 中村健人君 フリープログラム 3A、3Lz、3A+2T成功!ステップで転倒して寝そべったり2 起き上がって少し流した後、曲のジャン!て音に合わせてポーズだけ決めて後はまた流したり、大ウケ。思わず昨年の同大会エキシビションを思い出す。その後2A+3T着氷。ジャンプをいくつか抜いて、曲が変わった所からは本気モード。3回目の3A!は惜しくも転倒だったけど、最後は3Tをきっちり成功。今回のフリーと同じジュニアの4分のプログラムだったけど、直後にあるシニアの大きな試合に向け、フリーの良くないイメージを払拭し、良い感触を取り戻す演技だったんじゃないかと思います。ハードスケジュールの強行出場ともいえる今試合でしたが、彼が出てくれたおかげで豪華なインターハイでした。四大陸頑張ってきてほしい!

女子2位 後藤亜由美さん ショートプログラム ジャンプは3S+3T転倒、1A、3T+3T転倒 3回転+3回転はどちらもきれいに回った!と思ったのに回転が少し足りなかったのか惜しかった。練習では何回も綺麗に降りているのを見たので、試合で入れられなかった分エキシビションでは降りたかったんだろうなぁと思った。そんな心意気を見せてもらえるのもエキシビションならではで嬉しかったです。日本のトップ選手の魂をしっかりと受け継いでますね。

男子1位 木原龍一君 ショートプログラム 距離も高さもある3S+3Tと大きな大きな3F、試合の時以上の質だったかもしれない!その後は3Sを転倒して寝そべったり3 男子は結束力あるなぁ。時折笑顔を見せほどよくリラックスして滑ってた感じでしたが、ステップの迫力は試合本番に迫る勢いで、かっこよかったです。今さらながらこのプログラムめちゃくちゃかっこいいですね。

女子1位 國分紫苑さん ショートプログラム、今年はショートの衣裳で コンビネーションジャンプは1+1、3Fと2Aは成功。スパイラルの手指の特徴的な振りは彼女のトレードマークみたいな感じがする。今季別人のように激しく情熱的になったステップ。昨年のエキシビションでは遠慮がちにも見えた同じプログラムでの演技が、今年は自信も風格も感じるチャンピオンらしい演技でした。 

フィナーレ 6選手で客席に向かってお辞儀しようとするも揃わずぐだぐだになり、改めて小沼君が全員を仕切ってたのが可笑しかった。
昨年に引き続き大会最後、表彰式の前に行われたエキシビション。エキシビションはやっぱり楽しい!ここでしか見ることができない小さな、でもとても貴重なショー。選手にはちょっと大変かもしれないけど、滑ってる選手も見ている選手達も心から楽しそうでした。どうか来年以降もこの最後のお楽しみが継続されますように。インターハイといったらエキシビション、というくらいに根付いてくれたらいいなと思いました。

表彰式と閉会式のほうは、昨年の賑やかでフリーダムな3年生(男子)選手達が卒業し、ここ数年よりずっとおとなしい、落ち着いた、静粛な式でありました。ジャンプ披露とか特にありません(時間も押していたし)。ちょっと寂しい気がするのは気のせいのはず。

3年前、今高校生の選手達が全員中学生の時の全中の結果と見比べてみると、男子は入賞者は8選手中5選手が同じ顔ぶれ、女子は4選手が入れ替わった。優勝者は男子も女子も別の選手。
今年高校生の世代は特に男子が、早咲きの選手がいなくて、数年前はみんなで燻っているような感じがして(なかなかガツンと頭角を現してくる選手がいなくて)、見る側としてはちょっとやきもきしたりもしていた。でもこの2年くらいで、揃って急激に力を伸ばしてきている。素質も高く個性も豊かなこの世代の男子選手達、個人的に凄く応援したいと思っている。来年は下から絶賛突き上げ中の世代が高校生になる。一年生が大活躍するのも楽しみな一方、迎え撃つ上級生に頑張ってもらいたい気持ちも大きい。来年のインターハイが今から楽しみ。
女子は早くに芽を出していた強化選手達が揃って壁にぶつかっている状態なのが、結果に現れた試合だった。女子選手には高校生の時期が一番難しい時期なんだなと改めて思う。また一年後には大きく順位が入れ替わってるのかもしれない。でもこの世代が揃って大学生になる頃には、インカレなどはかなりハイレベルな試合になっていそうな気がする。毎年勝者が入れ替わりながら切磋琢磨していくのかもしれない。



1/24(日) 北海道新聞
c0039936_22272863.jpg

[PR]
by taigayuri | 2010-01-24 22:06 | フィギュアスケート

2010インターハイ?

第59回全国高等学校スケート競技選手権大会
2010年1月20日~23日
釧路市 春採アイスアリーナ


速報ページ



1/21(木)
男子予選

手短な感想・メモ
1位 中村健人君 3Lz+3T 3A 1F 一段大人の演技。雄大さ感じるステップ、流れ、とても良し。コーチといつも以上に雰囲気が似ている なぜだ
2位 木原君 最初から最後まで凄いスピード。スピードは誰よりもあったと思う。3S+3Tプラス評価つきそう。3Fは構えは長かったけど高い。2AもOK。スピンの回転速度も素晴らしい。ステップも良かった。粗さというより荒さ、それさえも魅力と言えてしまいそうな勢いがあった。
3位 坪井君 3Aを少し屈む姿勢で降り 2F 3T+2T 多分足換えキャメルスピンの時に転倒し演技が少し止まった。FSSpはスムースで速め 音に合った首の振りが素敵なCiSt 最後のコンビネーションスピンはレイバックポジションが印象に残り良いですね そんな風に感じました。トリプルアクセルって     いいね 
4位 近藤君 3Lz斜め(爪先ついてないといいな)+2T 2F 2Aはとてもかっこよくてですね FSSpは速かったかと 最後のCCoSpもとても良かったから全部のポジションが要件満たしてるといいなと思った!
5位 服部君 3T+2T 2A 2Fもステップから流れがありとても良かった。ジャンプ前に一つずつジャッジの方へ魔法をかけていく彼はマジシャンでした。CiStで軽く躓いたように見えた箇所は…前とはまた違う場所なんだけど…ご愛嬌にもほどがある。うますぎる。しっ!て感じで。FSSpはしゃがんでからとても綺麗だった。最後のCCoSpのアップライト変形の首から上半身を傾けたポジションで、音に合わせて高く上げる片腕がこれでもかというほど印象的。素晴らしい演技に幸せな気持ちになりました。ありがとう。
ほかには
小沼君のノーミスショートが復活、本番だけ見るに、ジャンプは調子が戻ったような感じで、それ以外の部分は目を見張る進化を遂げているから高得点も納得。スピン素晴らしかった。こんな演技が見たかった。
中村智君は、今までになく余裕や自信が感じられて。スピードもあって、ステップの足捌きも技と技の間も凄くスムースで、不思議なくらいに落ち着いて見ていられた。間違いなく、強い選手のそれである。つくづく彼はまっすぐ伸びていく人ですね。ジャンプは3T+3T、2Aは問題なく、1F。おぉごじってんだいだ
橋本君が、フラメンコのプログラムで、3Lo+2Tはオーバーターンが入った(点数的に<なのだろうか)けど、それ以外は素晴らしい、完璧に近い内容。ステップはこれまで以上に素晴らしいし、こんなに良い笑顔でこのプログラムを最後まで滑るのを見ることが出来て感動。
磯崎大介君も良かったなぁ、3Lo転倒はあったけど、それ以外が素晴らしいからフィニッシュの頃には転倒の印象が消えてなくなりそうになるんだよ
木村君のジャンプが、一頃の回転不足を全力で改善してきたように見えて感動。ジャンプ3つ、問題なく見えた!綺麗だった!
そして今日最も感動した演技は野口君でした。高い3T+2T、片手上げて2F、イーグルから2Aのジャンプが全部良かっただけじゃなくて、すべてにおいて不安定さがなく、特にコンビネーションスピンの質は素晴らしいものに見えた。そうこんな演技が…見たかった!!!

今年もあるらしきエキシビション
最終順位の行方は、まっっったく読めません
[PR]
by taigayuri | 2010-01-22 00:16 | フィギュアスケート

2010インカレ2

第82回日本学生氷上競技選手権大会
2010年1月6日~8日
宇都宮市スケートセンター


c0039936_0305492.jpg
c0039936_031548.jpg
c0039936_0311548.jpg
c0039936_0325028.jpg



感想

女子Bクラス 横井さん恐らく最後の試合 応援が熱い だいぶ熱い
演技も熱かった
これまでもきちっと丁寧で品行方正な良い演技を見せてもらっていたけど
これが最後という試合の本番に凄まじい集中力を持ってくることができる選手を時々見ると
なんで…?っていうか 見ていて信じられないくらいの気持ちになる
その時の選手の心境なんてとても想像がつかないです
積み重ねてきたものをそこで出せるということが。人として強すぎる。
素晴らしかった。
井澤さんと佐々木さんもすてきだった。すてきというか好き

男子Bクラス 中村(真)君がものすごくよかった 見た事がないくらいに気持ちの籠もった演技 おそらく最後の試合
あと良かったのは竹田津君 かなり上手くなってる気がした
土生君は素敵だった 多分一番上手かった 惜しい
奥澤君もどう見ても最後の試合 熱くどい応援とそれに応える演技がよかった 後輩達の前で気丈だったのにリンクサイドに引き上げて泣き崩れていたり
西日本男子が元気な表彰式 リンクサイドで比較的熱すぎる東日本の人たち 温度の違い面白


3年前の同じ会場のインカレとは選手出入り口が反対側。
流れは少し違うけど雰囲気は一緒。


ただ、客席からの眺めは悪化。
大きい大会バナー、手摺りのアクリルボード…(事故防止のためやむを得ないのかな)
[PR]
by taigayuri | 2010-01-07 01:13 | フィギュアスケート

2010インカレ

第82回日本学生氷上競技選手権大会
2010年1月6日~8日
宇都宮市スケートセンター


c0039936_0212080.jpg
c0039936_0213115.jpg
c0039936_0214086.jpg
c0039936_0215552.jpg


感想
楽しそうに滑ってる選手が多かったです
スパイラルが綺麗な女子選手が多かったです
特に男子は夢があるなぁと思いました
朝早い滑走順から熱い声援の引退演技もあり
最後まで頑張った選手だけがこんな風にして送ってもらえるんだなとしみじみ
[PR]
by taigayuri | 2010-01-07 00:28 | フィギュアスケート