しれっと


by taigayuri

<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第13回ウィンタートロフィー
兼第64回国民体育大会冬季大会スケート競技会県選考会
2008年10月26日
新横浜プリンスホテルスケートセンター (新横浜)



ジュニアA女子
 本田麻希さん ものすごい目力 気迫の籠もった演技で音楽に合わせて激しく踊れていて勢いが最後まで途絶えず、ステップも力強くてジャンプも大きなミスが無くてとても良かった。プログラムも素敵。個人的ウィンター・トロフィー女子は迷わず彼女に。
 鈴木美桜さん 決まった時の3Tや2Aの大きさがすごかった。ゴージャスなジャンプ。長身でスタイルが抜群なだけに、逆に年齢相応の身のこなしの幼さが目立つような気がするものの、それも成長途中という感じがして良い。これからどのように変わっていくのか、ずっと見ていく楽しみの一つになる。
 菊池恵美さん 衣裳と最初のポーズから演技に入る所の振付がものすごく可愛い。まるで妖精である。
 山口香奈梨さん 良い表情で演技をするなぁと思った。滑る雰囲気に品や誇りを感じる。
 長尾麻央さん 「格」とかオーラをちょっと感じた。少し緊張も見えた気がした。
 石井綾香さん 高くて綺麗なジャンプが素晴らしい。トータルバランスに優れていて見る度に隙が無くなっていくのを感じる。


ジュニアA男子
 佐々木彰生さん 怒涛の連戦中、イギリス帰りの佐々木君。静かにスタートの位置につき真剣な眼差しでポーズをとると、場内の空気が完全に彼のものになる。空気を変える支配力を持ってるみたいだ。一番初めの3Loをちょっと危なげながらも降りて大歓声。しかしその後のジャンプは3T以外まともに決まらず。スピンやステップは真剣さが伝わってきたものの、終盤はずっと顔の表情が暗く気持ちが落ちていってるのが分かった。それでも動きの勢いやスピードは最後まで保てるのだからやはり彼は凄いと思った。
 松村成さん 滑る前とても良い表情をしてるように感じた。ジャンプが決まって勢いに乗ってきたかと思ったタイミングで、スピン(シットポジションだったかな)の最中に脚を痛めたらしく、膝のあたり(多分右だった)を押さえて演技がしばらく止まる。曲は止まらない。一時中断するかどうか迷ったような様子にも見えたけれど続行、何度か止まりそうになりながらも滑り続け3Sを降りたのには驚いた。どんどん安定してきてると思っていたので今回のアクシデントにはハラハラした。しかし最後まで滑りきれると自分を信じてるように見えて、SlStもしっかりと踏んでいて、今まで彼を見た中で一番強さを感じたフリーだった。終わった後はリンクサイドで何やら客席の笑いをとっていた。元気そうにしていたけど心配だ…。
 本田宏樹君 この中では国体代表選考とただ一人関係のない本田君。少しのジャンプミスはあったものの、一番綺麗な演技だったと思う。ブロック大会の時に驚いたサルコウ失敗の後直ちにスピンに入るリカバーの早さ、あの場所のスピンはやはり余裕を持って回りきるようだ。直後に待っている踊りがプログラムのキモにもなり得る印象的なシーンだからかな?ステップも良かったし雰囲気もあって、これで恐る恐る演じてる感が無くなったら他のジュニア選手達を一気にまくれる凄い存在になりそう。
 土生浩貴さん 序盤のジャンプミスの後は落ち着いてペースを取り戻したかな。しかし完全に乗っても行けなかったのかな。ステップは凄く良かった。3連続ジャンプの後だったか、何気ない仕草のようでものすごくグッと惹きつけられる箇所があり、他にも所々で熱さが感じられブロック大会のフリーよりも気持ちが入ってたように見えて良かった。ラスト近くの3Sに大歓声。何気にここの3Sいつも降りてるような気がする。
 磯崎大介君 ジャンプが成功したり失敗したり大成功したりまた転倒したりの上がったり下がったり波乱に満ちた感じだったけど3Lo、3T+2Tのシーンは大喝采だった。スピードもあって演技も丁寧、切ないメロディーを気持ちのこもった表情と滑りで表現していた。武器であるスピンも手伝って2位!


選手権女子
 南雲麻実さん 滑ってるだけでキラキラ美しく見え、清廉なオーラに包まれてるかのようだった。ジャンプは決まったり決まらなかったり。
 澤山璃奈さん ダークカラーの衣裳でサロメ。彼女の持つ美しさと気高さに合ってて見ていてドキドキするのだけど、癖なのか故意なのか分からないけど演技中伏し目がちな点と、それに伴ってどこか不安そう、繊細でともすれば隙があると感じてしまう表情が気になる。気になるんだけどそこに惹かれるわけでもある。これが魔性の魅力?簡単に言うと「強そうなのに弱そう」っていう感じ。強がってるようにも見えるのかも。だから応援したくなっちゃうんだろうか!(←何が言いたいんだか)見せ方の巧さもまた独特で、やはり他にない個性と存在感を持ってる素敵な選手だと思う。国体が楽しみ。


選手権男子
 遠藤雅人さん 踊りがますます素敵な遠藤君。顔の表情も活き活きとすてき。最初のジャンプコンボが良かった。中盤からのジャンプはリズムに乗れないと大変そうだなぁと。でもミスしてしまっても頑張る!って感じが良いです。まずまず、の印象でした。


今年度の国体神奈川県代表選手は
成年男子 遠藤雅人選手 小林宏一選手
成年女子 南雲麻実選手 澤山璃奈選手
少年男子 佐々木彰生選手 磯崎大介選手
少年女子 ? (長尾麻央選手と石井綾香選手?もしくは高杉紗英選手。多分このうちの二人。)

c0039936_542066.jpg
c0039936_5421051.jpg
c0039936_5422122.jpg

[PR]
by taigayuri | 2008-10-29 07:15 | フィギュアスケート
第13回ウィンタートロフィー
兼第64回国民体育大会冬季大会スケート競技会県選考会
2008年10月26日
新横浜プリンスホテルスケートセンター (新横浜)


秋なのにウィンタートロフィーが行われた。


とりあえず感想

ジュニア男子Bクラスと選手権男子が楽しかった。神奈川男子は面白すぎる。

新横ガール達の白靴とスケーティングにときめき、神奈川ガールズの踊りとステップに胸躍る。

ジュニア男子Aがもし団体戦なら 新横浜駅 VS 東神奈川駅 は東神奈川駅の勝ち?

個人的ウィンター・トロフィーは彼に差し上げたい。


小 曽 根 孝 浩


最高だ。


ウィンタートロフィーなのに盾。リリーカップもカップはなかった。不思議な話だ。



以下メモから

ジュニアC女子
 山口凛華さん 顔の表情がすてき
 中田茉穂さん イキが良いっていう感じ ステップからの三連続ジャンプ良かった
 メイズ雪さん スパイラル-ジャンプ-レイバックスピン-ステップの怒涛のエレメンツ攻勢がよかった
 望月美玖さん アダムスファミリー 素敵な振付
 早川あゆさん すごく可愛い振付 元気なお辞儀もかわいい


ジュニアB女子
 花城みなみさん 素晴らしいビールマンスピン
 松嶋那奈さん レイバックスピンがきれい すてきなサーキュラーステップ
 鈴木星佳さん 演技がダイナミック 根性もありそう
 永田あやさん とても美しい選手


ジュニアB男子
 磯崎稜太君 ピンク色シャツに黒のベスト スラリとした体型にキビキビした演技、発表会で見た印象とかなり違う!やっぱり個人となると違う!がんばる演技に好感度大。
 小曽根孝浩君 白のブラウス ラフマニノフのピアノ協奏曲 彼のフリーを初めて観ることができるのをある意味一番楽しみにしていた。期待をまったく裏切られなかった!ポーズの一つ一つが絵になる様になる、凄いセンスの持ち主だと思う。メリハリの効かせ方も半端なく上手い。ジャッジにも半端なく寄ってアピール。ストレートラインステップではリンクの端から突然タタターッとダッシュし始めて何事かと思ったけど大ウケ。顔つきや表情は優しげというかナイーブな感じというギャップが余計に良い感じ。蒸し暑さの中に引きの美学みたいなものも感じる、それが天然なのか計算なのかさえもわからないような感じの独特の表現力と強い個性、アク。アクがあるのに、かといってそんなにしつこくない。みたいな。おもしろすぎるし素敵すぎるでしょう彼は。中毒になりそう。書いてる自分も相当蒸し暑いな。
 松浦千隼君 ワインカラー(だったかな?そんな感じの温かい色)の衣裳 際立って長身で抜群のスタイルの良さ。一番のジャンプのキレ。一段階大人。神奈川祭りのトリに相応しい(?)ものすごい盛り上がりだった。
[PR]
by taigayuri | 2008-10-27 23:59 | フィギュアスケート

2008関東ブロック 6

’08関東フィギュアスケート選手権大会

2008年10月11日~13日
小瀬スポーツ公園アイスアリーナ (山梨県甲府市)


10/13(月)
ノービスB男子フリースケーティング
八木啓輔選手 背中に鏡文字の「K」?小さい体でとても元気に、闘志漲る表情でしっかり演じきりました。最後が凄かった。溜めて溜めて溜めて後ろ向いてから片手を前にドーン!ってポーズ。かっこよすぎ。これから少しずつ大きくなるにつれてどんな表現者になってくれるんだろう。演技中も盛り上がってたリンクサイドの先生がたがこの瞬間お祭り騒ぎ。関先生や鈴木先生や岩本先生らが頭の上で大きく手を叩きながら日下先生の所へ寄ってく姿が面白すぎた。他のコーチも含め男性コーチの方々がリンクサイドでもロビーでもリラックスして凄く楽しそうに過ごしてたのが印象的だったなぁ。なんかOB旅行みたいなノリに見えて。(失礼?)

石川瞬選手 白いズボンで脚が長ーい。去年の木原君のフリー衣裳を連想。最後の元気玉みたいなポーズをじっと長くとってたのが印象的。ちょっとおとなしめな演技だったかな。

小林建斗選手 黒い服に青い腰紐。凄く目力があった。曲がパイレーツオブカリビアンだけど他の誰を思い起こさせることのないしっかりとした個性を放つ演技だった。イーグルからイナバウアーがとても良かった。スケートのスキル自体が高い選手だなぁと思った。

石毛英佑選手 東洋のお祭りっぽい音楽。青色に山吹色模様のコントラストがきれい。脚高く蹴り上げ回る元気な振りが良かった。


ノービスB男子 Free Skating Results



ノービスA男子はメモ無くてほとんど思い出せないんだけど、鈴木君がコールされた時にまたリンクサイドの男性コーチ陣が手拍子で大盛り上がりしてて、そしたらスタート位置につく時に転倒してしまった(汗)。おーいって感じだった。でも彼は気を取り直してとても頑張ってたし、身長もあって氷に映えるすてきなスケーターだったと記憶している。




ジュニア女子フリースケーティング
追記未定

中村未夏選手
鈴木美桜選手
志村采香選手
長谷川奏選手
石井綾香選手
中安優奈選手
最も厳しい戦いを勝ち抜いたこと、どうか自信を持って東日本を頑張って戦ってきてほしいです。応援しています。


ジュニア女子 Free Skating Results
[PR]
by taigayuri | 2008-10-24 00:12 | フィギュアスケート

2008関東ブロック 5

’08関東フィギュアスケート選手権大会

2008年10月11日~13日
小瀬スポーツ公園アイスアリーナ (山梨県甲府市)
                                                                                                                      
                  
10/13(月)
この日も公式練習朝一番はジュニア男子。絶好調に見える選手は特にいない。
まずまず良さそうなのは小沼君かな?橋本君がオレ最高(Tシャツ)。
あまり調子が良くなさそうなのは近藤君。智くんは3F決まりそうな感じだった、昨日より良い?
佐々木君は曲掛けで3Loと3Fを着氷。堀之内君の3Fが凄く綺麗。土生君の曲が掛からない!




ジュニア男子フリースケーティング
最近、夜明けの手紙みたいな文しか書けなくなってきてちょっと困っている。


中村智選手 DRALION・KA
二年目のプログラム。このプログラムが大好きなので、ルールも変わったことだし構成がどのように変わったかチェックしてみた。
3Fは殆ど跳び上がれず。2Lzステップアウト。3Sしっかり着氷。
シットスピンよく回る。見たことない振りきたここ。良いなぁ。
3T成功。高く跳んでFSSp。曲調変わって少し後の位置で2A降りた後転倒。
3S前屈みながら降りて+1T。3T+2T。
CiStだった所はじめだけステップ踏んでそこから2A。CCoSpじっくりと。
SlSt後半が多分かなり複雑に。最後までステップ踏んでフィニッシュだった。
凄い集中力だったと思います。スケートは重い感じだったけど、
今の状態でやれる限りを尽くしたと言えるくらいの内容だったんだと思う。
すごく色んなことが頭の中を過ぎってちゃんと見えてなかった自分を反省。落ち着いて振り返れば良い演技だったし、固まってたジャンプもうまく散ってプログラムの印象が結構変わって良い感じ。さらなる進化が楽しみだ。

野口博一選手 幻想即興曲
衣裳が新しくまた違ったイメージのものに。スポーティーだけど上品って感じの白とくすみブルー。転倒1もあまり目立たなかったし、それといった破綻もなく、演技全体の印象は悪くなかったんだけど、ジャンプがあと少しと惜しいシーンが多かったな…。最後静かにくるりと一周する振付が素敵。音楽には馴染んでいて滑りやすそうにも見える。やっぱりこういう曲得意なんじゃないかな。逞しくなってきてもピアノの音色がやはり最高に似合うと思う。順位は残念だけど挽回に期待したい。

植木俊太選手 バックドラフト
出だしの振りは可愛いけどOKなのか?!独特の曲解釈だなぁ。個性的なスプレッドイーグルが印象に残った。2A-2Aなどには根性を感じたけど、なかなかジャンプが綺麗に決まらずちょっと寂しいラスト。順位がやはり残念。大差ではないのに人数の関係で次の大会に進めないのは残念すぎる。

三島拓也選手 Slow dance in the big city
遠目ほのかにロシアンスケーター風だという噂。前髪をアメピンでしっかり留めてる。おかげで演技中一切乱れることなくて好印象だ。ブレードが金色なのも色合いが良い気がする。トータルコーディネートなのかも。終盤3T転倒が惜しい。流れがあって雰囲気もあって素敵なプログラムだった。低めのテンション自体が良い感じの個性に変わったって感じがする。2Lz!で2Feというスコア表はいかがなものなのか。

中村祐輔選手 Leyenda
プログラム作者の鈴木誠一先生がリンクサイドでニコニコしながら見てた。良いプログラム!凄くかっこいい。しかも彼が演じると本当に明るい。序盤、ジャッジに向かって見得を切るようにキッと遣った目線が凄く良かった。ステップもすてき、滑り込んでもっともっと良くなってくれる事に期待。それにしてもこの強い個性は貴重だなぁ…いつか何か奇跡起こしてくれそう。なんとなく。



松村成選手 ザ・マスク・オブ・ゾロ
曲が頭から再生されずやり直し。待ってもなかなか曲が掛からず一度下がってから三度目でようやく開始。こういうアクシデントは気の毒。去年よりメリハリが効いて力強さも増して、踊りが凄く格好良くなった。シットスピンでかなり屈む。スピードが上手くコントロールできるようになったのか、流れが完全に途切れるような大きな転倒も無くなって、去年ちょっと地味に見えてたこのプログラムが本当に格好良くなったと思う。最後のポーズもピシッと素敵だった。何より氷の上が一番似合うような雰囲気の良さと高貴な感じ、そして透明感が損なわれてないのが嬉しい。

橋本誠也選手 River Dance
このプログラム宮本さんの振付だったのか!中盤スローパートジャッジ前でターンを繰り返しながら静かに舞う振付、そしてイーグル、このへんの表現がたいへん素敵。スケートそのもので存分に魅せてくれる彼のスキルは凄いと思う。また曲調が変わって踊りながらジャッジにアピール 「今から良いもの見せますよー期待してて下さい」と言わんばかりに目を見る、挑発してるみたい。これが本当にかっこいいんだよなぁ。SlStは素晴らしいの一言。最高だったのに最後の最後に転倒してしまったのは本当に惜しい。昨年のこの大会の悪夢を思い出すと、演技中と演技後の笑顔を見ることができて嬉しかった。

磯崎大介選手 Slow Dancing In The Big City
前のグループで滑った三島くんと曲の編集も似ている。3S激しく転倒。こういう転倒を結構見る気がするけどちょっと怖い。コンビネーションスピンが凄く良い。3Lo降りてもしかしてガッツポーズ出た?見間違い?CSSpのポジションとスピードが素晴らしい。最近の彼を見てると中学生の頃の町田君を思い出す。シルエットだけでなく上半身の使い方もなんとなく少し似てる気がする。まだ小柄で幼さが残るので、この先どんな風に成長し変わっていくのかなかなか想像できないけど。苦手なものが無さそうで、もう本当にジャンプ次第でどこまででも上に行けそう。表現力も凄いと思うけど、今回のフリーは難しい曲だと思うので彼にとっては挑戦なのかもしれない。

服部瑛貴選手 Concerto for Piano and Orchestra No.3(プロコフィエフ)
上品な深緑色のベルベットみたいな上下。顔の表情からすーっと演技に入っていく。とても良い雰囲気。そしてまた凄く良い表情で滑り続ける。ジャッジと目を合わせるのが楽しいんじゃないかってくらい物怖じしない感じが良い。FSSpがすごくいい。ステップで加速していってバッとジャッジを指差して終わり。中学生でこういうジャンルが得意なのって凄く貴重な存在かもしれない。そこら辺で見掛けた時の雰囲気とまったく違うのでびっくりだ。それにしても一年前からタイムスリップして来たら誰だか絶対わかんないな。

中島将貴選手 シングシングシング
ジャンプが何だか個性的。入り方とかもだけど、高くて軸が細くて、凄いジャンプの能力が隠れてような気もする。ちょっと落ち着かなくてまとまりに欠けてた印象のプログラムだったけど、全体的に急ぎすぎなくなったかな?終盤は曲と共に動きが序盤以上の凄いスピードに。ステップに入ってく所とかわくわくする。ツイズルが良い。

村山光選手 ALEXANDER
3F成功!3Lzもステップから成功!2Aは高く跳び上がりすぎたような失敗。最初のジャンプが良かっただけに、その後はちょっと失速しなかなかテンション上がらないまま終わってしまったかなぁっていう印象。ステップはゆっくり丁寧。最後のポーズを力強く決めててよかった。変わったのかな?



近藤琢哉選手 West Side Story
振付は川越先生。全身黒地に上半身部分幾何学的なラメラメ模様、スターウォーズの曲が流れてきそうな衣裳でWSS。ただでさえ動き出すと実際の身長よりも遥かに大きく見えるのに、この衣裳はさらに体が大きく見える気がする。上半身ががっしりと逞しくなったせいもあるのかな。ステップの前のところで拳を突き出す振りを見て、色んな意味で見えない敵と闘ってるように感じてしまった。昨季はジャンプに高さが出て飛距離もスピードもセーブできていて、特に3Loは目の覚めるような鮮やかなジャンプで確率も高かったのに、2シーズン前以前のしかも不調だった時を思い起こさせるジャンプの調子。SlStはストレートラインなのに縦横無尽って感じの印象だった(悪い意味ではない)。2Aを降りて脚を蹴り上げる振付などもとても素敵だし、スピーディーで躍動感溢れるプログラム、とにかくリンク狭しとかっ飛んでいた。本当にリンクが狭すぎる感じ。ジャンプの調子が戻ってプログラムのリズムを掴んでくれたら相当見応えのあるものになるだろうと期待している。素晴らしい3Loも見たい。

小沼祐太選手 Robinhood
3T+2Tは本当に綺麗。コンビネーションジャンプの+2Tを跳ぶリズムが凄く良いと思う。安定していて完全に体に染み付いてる感じ。CSSpとても良かったのに足替え後バランスを崩し惜しい。ビールマンスピンは苦しくなってきたのかもしれないけど、今回のようなキャッチフットポジションも綺麗だと思う。スパイラルはポジションがとても綺麗。途中ジャンプが抜け勢いが落ちかけたかと思いきや、しっかり後半盛り返してくれた。今回、彼の成長振りにはとても驚かされた(夏季ジュニアの時見逃していたせいもあり)。スピードも集中力もスタミナも最後まで持続していたし、昨シーズンと比べてジャンプの質も飛躍的に向上。凄く良い波に乗り始めているのかも。

本田宏樹選手 死の舞踏(サン=サーンス)
衣裳が素敵。スモーキーでダークな感じで蜘蛛の巣纏ったような柄でデザインかなり凝ってて、どの方向から見ても違った印象がある。彼のようにスタイル良くないと着こなせないだろうな。2Aのシークエンスと3連続ジャンプ決めて出だし良いリズム。続く3S転倒で、直ちに起き上がって(って言うかむしろそのままの姿勢で?回転も殺さず)シットスピンに入ったそのリカバリー力にびっくり。スピンはかなり難しそうに見えたんだけどレベル1なのか。リンクの真ん中でジャッジの方を向いて踊るシーン、一生懸命な感じだったのと背後でプログラムを振付された佐藤操先生が笑顔で頷いてたのがちょっと微笑ましく思えた。終盤のストレートラインステップは音楽に合ってて良かった。その初めの方に入ってる踊りはちょっと慌ててた感じがあったかな、ポーズにもっとメリハリが効いてくるといいな。トリプルジャンプが決まらなかったのが残念だけど、全体的に流れが途切れない良い演技だった。このプログラムはかなり好きかもしれない。関係ない話だけどこの曲は自分がスケート観戦にハマるきっかけになった選手が当時ショートで使ってた曲で、個人的にも思い出の曲だったりする。(ゆきなちゃんではない)

佐々木彰生選手 the way of Miracle, scuffle
3Loは3回転したものの着氷で氷を掴めず倒れる。そこからスピードあり。3Lzまあまあ。3F高く跳んだけど着地の目処が立たず、みたいな。3T+2Tはやわらか。イナバウアー~スプレッドイーグルの素敵な流れが雄大さ感じられるメロディーに非常にマッチしてた。3Sは3Loと似た転倒。3Lz+2T~3Tそしてステップへの流れで勢い加速。ここでジャッジアピール、ジャッジ席の方2人か3人をターゲットに、少しずつスライドしながら、どうも一人ずつ表情を変えてご挨拶してたみいたな。くるくる変わる笑顔がとにかく面白かった。ステップは凄く楽しそうな表情で激しく動けててラストなのにほんとにすごいなぁと思った。流れるような感じではなくて詰まってるなぁとも。更に滑り込んだらその辺も両立できるのかな。転倒何気に3なのにとにかく起き上がるのが速くてプログラムの流れを切らさないので、最後まで息つく間なく引き込まれてしまった。ていうかもう純粋に楽しかった。凄い見応えのプログラムだ。ごちそうさま。表彰式が終わって会場を後にし、翌日にはジュニアグランプリ大会が行われるイギリスに向けて旅立った佐々木選手でした。

土生浩貴選手 ロシュフォールの恋人たち
このプログラムは基本6拍子だけどやや変則的で、かなり難しい音楽だと思う。序盤のジャンプ3つうまく決まらず。前半にあるストレートラインステップは音楽に乗ってリズミカルに素敵に踏んで拍手が起こってた。4月に見た時点で2つあったステップのうちこちらを残したのかと思った。中盤は曲調がスローになり段々とドラマチックなメロディーになるのだけど、この辺でやや疲れが見えてきたかなぁ。続くサーキュラーステップもしっかりと入っていた。初めて見た時にこのステップが凄く素敵だったので丸ごと残っていたのは個人的に嬉しいけど、体力面でどうなんだろうと思うと複雑だ。動きもやや小さかったし、若干の省略も見えた気がしたので迷いがあるのかなと思った。音楽も転調して佳境を迎える場面でプログラム的には見せ場だと思うし、ここのパートがあってこそ劇的なプログラムだと思うんだけど。ルール改正で、ステップ二つ→一つの構成に変えるにあたっては、一からプログラムを作り直すか大きく作り変えるようでないとやはりバランスが悪く感じられてしまうなぁとここまで観てきて思った。彼の場合次シーズンにはシニアに上がるので、プログラム持ち越すつもりでそのままなのはそのため?とかも考えたけど…ちがうのね。終盤3Sは踏ん張った。ラスト10秒の激情の振りは生き返ったように激しかった。巻き取られました。とても大人っぽいプログラムでそれを違和感なく雰囲気たっぷりに演じてる彼は本当に素敵だ。最後のジュニアシーズン、より完成度を上げてきっと大切に演じてくれるだろうと思う。ところで昨シーズンよりも更に痩せたような気も。

堀之内雄基選手 海猿
絶好調だった夏季ジュニアからジャンプの調子を保ってる様子で練習でも誰よりもジャンプのキレを見せていた。最終滑走、前回のような素晴らしい出来なら優勝もアリかもとドキドキ。最初3F+3T完璧ではなかったけど降りて、3Lzも決まって良い流れ。ジャンプがだいぶ際立ってきたのでスピンは可もなく不可もなく地味な印象かも。二度目のフリップが2回転になった辺りでスピードと共に演技の勢いが落ちかけた感じがしたけど、後半ジャンプで盛り返し。3Loはほぼ助走なしで軽々決めるので凄い。最後の3Tが乱れてちょっと締まらない感じで終わったのは残念だったけど、全選手の中では出色の内容だった。二年目のこのプログラムは彼自身がとてもジャンプを跳びやすそうに見えるし、今回もとても落ち着いてたように思う。以前から所々で感じさせてくれた静かな闘志に、静かに火が点ったみたいな感じがした。この凄いジャンプを携えてどこまで高い所まで上ってくれるのか、今年の彼は本当に楽しみ。


Bill Contiが流行っている?誰かロッキー来る?

ジュニア男子 - Free Skating Results



なんか長くなったなぁ…
[PR]
by taigayuri | 2008-10-23 23:09 | フィギュアスケート

2008関東ブロック 4

’08関東フィギュアスケート選手権大会

2008年10月11日~13日
小瀬スポーツ公園アイスアリーナ (山梨県甲府市)


10/12(日)
ジュニア女子ショートプログラム
エントリーは39名。この中から東日本選手権に進めるのは6人だけ。


気になる選手のメモ

那須野光選手 "Grotta Azzurra" 綺麗に決まった3T+2Tやはり屈指の美しさ。2Lzはちょっとまえかがみ。スパイラル綺麗、SlSt素敵。最後のスピンに入る前の振りとかちょっとしたところの動きが凄く良くなったと思う。大人っぽい曲も似合ってる。

長谷川奏選手 "黒猫のタンゴ" 黒の長袖、手首とスカートにフリル、 赤い首輪鈴つきでかわいい。すごく可愛くておもしろいプログラム。黒の仔猫が大人の女性に化けて踊ってるみたいな雰囲気。よく踊るステップもかわいい。最後はかっこいい!

小平早紀選手 "カノン" 2Lz+2Tちょっとだけ危なかったけど踏ん張った。今までに彼女を見た中で一番綺麗だったかも。本当にぴったり合う選曲で大切に滑ってるなと思った。ステップ前の間(本当は違うのかもしれないけど)に雰囲気があった。ステップは難しそう。

浅見琴葉選手 "My Fair Lady" 個人的にたまらなく好きなプログラム。イノセントガールといえばまさにこの選手って感じ。痩せた。ジャンプの度にどこか痛そうでキレがなく元気がなさそう。顔の向きや角度がどんな時も絵になる美しさで他のどの選手とも違う。何気ない動きのあざとさのない美しさ、きっとバレエ仕込みなんだろう。

鈴木伶奈選手 "キャバレー" コミカルでキュートなプログラム。顔の表情が凄く良くなってきたと思う。

奥山未季子選手 "Fanfare pasodoble" スピンが凄く上手い、ドーナツスピンがものすごく綺麗だった。

柳原瑠偉選手 "Fire Dance" 今まで青の衣裳の彼女ばかり見てきたけど、紅色衣裳でもやっぱり清流って言葉が似合う感じの雰囲気とスケート。

志村采香選手 "ピアノ・レッスン" やはり甲府恐るべしのレベルの高さ。淡い水色衣裳。曲によって雰囲気を変えるのも巧みのようだ。ますます気になる選手。

野口真紀子選手 "ヴィクトリー" かっこいいパンツ衣裳で強そうな雰囲気。上半身の使い方は特に大人っぽさが増した印象で、スピードも増し間延びせず濃いプログラムになったように見える。コンビネーションジャンプのリズムがやはり素晴らしくて安心して見ていられる。ステップも丁寧でよかった。

本田麻希選手 "蜃気楼" 曲が鳴り出した瞬間から凄いスピードで踊り出し一気に引きつけられた。これは公式練習の曲掛け時にも驚いたくらい。ほんとに「よ く 動 く !」てイメージ。見ているこっちもテンション上がる。トータルでもよかった。

池田詩織選手 "シェルブールの雨傘" 凄く迫力があった。

中村未夏選手 "サンチェスの子供たち" ジャンプ断トツ。キレ断トツ。格上の演技。ジャンプの飛距離がますます凄いことになってるのでちょっとハラハラしたりもする。

浅見千尋選手 "Quixote" 勢いを感じた。


TSはくが好きなようで。く。

ジュニア女子 Short Program Results
[PR]
by taigayuri | 2008-10-23 01:30 | フィギュアスケート

2008関東ブロック 3

’08関東フィギュアスケート選手権大会

2008年10月11日~13日
小瀬スポーツ公園アイスアリーナ (山梨県甲府市)


10/12(日)
ジュニア男子ショートプログラム
「17人いる!」って感じで。当初のエントリーから一人も欠けることなく17人の選手が甲府に集結。何とも豪華な試合。今年も全国でシニアジュニア合わせて唯一ブロック敗退の発生する男子カテゴリでもある。


松村成選手 "ソナタ「月光」" 3T+3Tはセカンドジャンプ失敗。FCSp崩壊しCiStスタンブルあり、緊張していた?シットスピンのポジションが深く綺麗。全体的に繋ぎがとても丁寧で気品溢れるプログラムが彼にぴったり。衣裳の背中の模様がちょっとビルの夜景っぽい。

佐々木彰生選手 "Fiddler on the Roof" 日本の試合で初披露となるショートプログラムバージョンの屋根の上のバイオリン弾き。4月に見たフリーのバージョンよりも楽しげな、そしてとても濃いプログラムに仕上がっている。ステップからのものすごく綺麗でエアリーな3Lz、音まで美しかった。3T+3Tのセカンドは氷上でグリンとなり惜しい。ステップは二つともノってて余裕な感じ。SlStは途中が少し変わったような気が。客席から手拍子も。CiStのバイオリン弾く仕草、今回は手先でちょいって短く鳴らす感じ。見る度に違う気がするのでアドリブで楽しんでるかのようにも見える。にくいほどによい笑顔。

中村祐輔選手 続行の"Reflections of Earth"  軽めだった出だしの振りに気持ちが入ってぐっと見栄えがするようになった。3Sで転倒。複雑になったような気がするCiStを筆頭に、中身を詰めてグレードアップさせてきたなぁという感じ。

三島拓也選手 "Summer" 今シーズンから東京から関東ブロックに。昨年からがらりと印象が変わって驚き。ヘアスタイルが派手になったからという理由だけでは多分なく、以前の印象よりずっと華がある。雰囲気も流れもなかなか良い感じ。2Lz転倒で3Tステップアウトだけど何よりキャメルスピンが普通に綺麗。きっと何事にも代えがたい。

野口博一選手 "ソナタ「悲愴」"  なかなか挑発的なアレンジバージョン。3S両足、CiStでスタンブルあり。イーグルからの2A抜けが何故に~~という感じ。6分練習では3Lzも決めてたというのに(自分着氷しか見てなかった)勿体無い内容。冒頭の振りがおもしろくて気になる。以前よりもずっと直線的でない動き・振付で大人っぽく感じる。デザインが素敵なモノトーンの衣裳。さらに体つきがしっかりしてきた。


土生浩貴選手 続行の"リベルタンゴ" ジャンプはやや詰まり気味だけどセーフ。スピンがとても良かった。見た目にばかり激しいのではなく深層からじっとりと湧き出るような情熱の表現に見ていて心を抉られるよう。SlSt前のタメからフィニッシュまでの時間は試合である事を忘れさせられた。解放!って言うのか、自由!って言うのかそんな感じ…これぞ「リベルタンゴ」ということ?妖美である。こんな表現力一体どのようにして培うんだろうと素で考えてしまう。一年前の同プログラムは見たのがリンクサイドだったこともあってか熱風に燻られるか誤って焼かれるかって気がしたけど今年は落ち着きが増したかな。

堀之内雄基選手 "ライトスタッフ" 3F転倒3LzはOK、独楽のように軸の細い2A。素敵なSlSt。CiStでは僅かに躓きちょっと脚に来てるようにも見えたけど、今年のショートは前回のショートプログラムの大らかでゆったり流れるようなものとは違って、ステップに力を注いでる印象。力強さが伺えた。スピンの変形も頑張ってた。最後のポーズをすぐ解いてしまったので自身の出来に納得がいかなかったのだろうと思う。衣裳は前のと色違い柄違いって感じのやはりラメ柄シャツ。

小沼祐太選手 "Speed" 高校進学に伴い今シーズンから東京から関東ブロックに。3T+2Tが凄く綺麗。これぞノーミスって感じの突っ込みどころのないノーミス。最後まで気を抜かず、滑りも身のこなしも何もかもが以前見た時よりも良くなったような気がしてびっくり。

磯崎大介選手 "Sing Sing Sing/Louis Prima" 3Sが一回転になった以外は良し。2A前の振りがとても可愛い。エッジによく乗れて良いスケート。音によく合わせてリズミカルに踊り見ていて楽しいプログラム。

服部瑛貴選手 "Tanquito Militar" 3T転倒以外は良し。二人続けて2A前の振りが可愛い。体がかなり大きくなったけど、ジャッジと睨めっこな勢いで目を合わせてアピールするところや音楽をよく捉えて照れなく表現できる素晴らしいところは健在。

中島将貴選手 "フィーバー" 大きくなったなぁと思ったけど衣裳の姿だとまだだいぶ細い。3T+2Tと2A着氷がかなり危なかった。曲とピッタリ合ったフィニッシュ。



近藤琢哉選手 続行の"Xotika" 進学に伴い昨シーズンから関東の所属だったが、関東ブロック大会出場は今年が初。信じられない低さの3Lz(汗) 3F+2TはOK。3F+3Tの予定だったかな?2Aは微妙な着氷。全体の出来としてはまあまあだったかな…?ジャンプの調子にちょっと不安がありそう。

村山光選手 "Crassical Graffiti" 3T+2Tが良かった後の1Lzと1Aが残念。3Lzの調子が良さそうだったのに残念。衣裳の色が明るい、髪型も振付も小洒落た雰囲気に。これは素敵なイメージチェンジ。

中村智選手 "pulstar"  捉えどころのない不思議曲。関徳武プロデュース3作品目。3T+3Tは二つ目惜しい。2Lzはヤバく2A危うくFCSpかなり危うく転倒の危機をなんとか免れた、そんな展開。これまで見たのと全く違う振付だったせいかもしれないけどだいぶスケートが変わったような気がした。滑る音も。スイスイススイーと漂流してたみたいな記憶しか残ってない…ふわふわと不思議なプログラムに惑わされてしまったもよう。気になる。衣裳はぶっちゃけ可愛い

橋本誠也選手 "THE PINKPANTHER" 滑り出した瞬間からとても雰囲気があり、魅せるテクニックを感じる。3T転倒以外は良し。SlStが素晴らしい!そして全体的に非常に素晴らしくナルでした。絶対的な彼の長所ですね。

植木俊太選手 続行の"風を駆ける勇馬" コンボが2S両足降りになった以外は良し。去年より動きが滑らかになったかな?

本田宏樹選手 "DE GUELLO/HOW THE WEST WAS WON" 西部劇風のプログラム。ジュニア一年目なのはこの中で彼だけなのに、しかも最終滑走なのに、誰よりも落ち着いて堂々と滑ってたようにさえ見えた。2月の全中の時と同じプログラムの筈なのに見た目も演技もまるで別人のように成長している。スピンもよかった。佐々木君、小沼君と並んでまとまりのある素晴らしいノーミス演技。自分のメモにも「最高」としか書かれてなかった。


ジュニア男子 Short Program Results
[PR]
by taigayuri | 2008-10-23 01:20 | フィギュアスケート

2008関東ブロック 2

’08関東フィギュアスケート選手権大会

2008年10月11日~13日
小瀬スポーツ公園アイスアリーナ (山梨県甲府市)


10/12(日)
晴れ。とても気持ちのよい青空。小瀬スポーツ公園内をお散歩するのに絶好の日和。
その頃甲府で実しやかに流れる佐々木彰生JGPイギリス大会出場の噂。
イギリス大会に出るなら出発はどう考えてもフリーの翌日つまり2日後。果たしてどうするのか?
早朝の公式練習で渦中の佐々木選手の姿もしっかり確認。ジャンプの調子はいまいち?
土生君の曲が掛からない!中村智君が曲を掛けずに引き上げてゆく。
シニア男子は小林宏一選手一人で20分間の公式練習。
如何とも説明し難い不思議な空気だった。静寂の中、見られ放題。見放題。



ノービスB女子
チェックが甘くて上位をごっそり見逃す。わずかなメモから

河西萌音選手 三番目の刺客?(地元だけど)はまだ少し小さい。ジャンプはやっぱりキレている。白に水色の綺麗な衣裳。
神代選手 ジャッジの顔をよく見ている。
松原選手 ハリー・ポッターでまるで男の子な衣裳。脚が長くてしかもオールバック、かっこよかった。
尾山選手 滑らかでスピーディーなスケート。上手い選手になりそうだなと感じた。
長田選手 終始絶えない笑顔に元気な演技で好感度が高い。
中田選手 溌剌キビキビ気持ちよい。スピード落として跳ぶタイプ?レイバックスピンが速かった。
山中選手 水色の衣裳。半年前ティンカーベルだった子と同じ選手とは思えないほど成長している。スピン上手、身のこなし綺麗、踊れる、向上心とプライドと並々ならぬ可能性を感じる。ジャンプもう少し上がれるといいな。
井上選手 ジャンプの出来はもう少しだったけど、この選手のイノセントな雰囲気がとても好き。ずっと大切に見ていたいような気持ちにさせられる。
井原選手 最後のサルコウには根性を感じた。

ノービスB女子 Free Skating Results
[PR]
by taigayuri | 2008-10-22 17:07 | フィギュアスケート

2008関東ブロック

’08関東フィギュアスケート選手権大会

2008年10月11日~13日
小瀬スポーツ公園アイスアリーナ (山梨県甲府市)


10/11(土)
ノービスA女子 メモ

#3 柳井選手 白地に黒いバラ衣装 上手な選手だなと思った
#5 遠山選手 素晴らしく高いレベル。ちょっと滑走順が早すぎたかなぁ。
#9 滝沢選手 bondの曲 本田武史トスカを思い出す衣裳 きわめて関徳武先生っぽい振付。コンビネーションジャンプのリズムがいいな。得意そう。満面の笑顔とかいう訳ではないのに滑ってる姿が何となく楽しそうでほんわかする。
#11 井上選手 薄い水色の綺麗な衣裳 スパイラルとビールマンスピンが綺麗
#13 坂上選手 リズミカルでコミカルな演技
#14 青木選手 カラフルな衣裳 面白い振付

#19 河西歩果選手 リベルタンゴ ステップもジャンプもキレキレ素晴らしい 踊りもスバラシイ 細いのにスバラシイ!
#22 丸山選手 白×群青 セーラー服風だったかな、短パンで群青色のソックス付き、何かのコスプレみたいな可愛さに目が眩みそうな衣裳。インパクトありすぎ。
#23 松嶋選手 とても清楚。白い靴は珍しかったかもしれない。
#24 磯貝選手 紫の手袋 頭はボブ 小柄ながら女性らしい色気があって表情豊かで笑顔が良い。ステップ好き。面白い!印象に残る!
#25 工藤選手 赤い衣裳。長野勢に通ずるものがあるひたむきスケート。笑顔が可愛い。段々と引き込まれた。ビールマンスピンが速い。
#26 河西佳弥選手 ハバネラ。ジャンプがピンッて高くて鋭い。良い!甲府レベル高すぎなんですかこれは

#29 植栗選手 ジャンプはまずまず。ビールマンスパイラル綺麗。アクセル惜しかった。黒のパンツ衣裳が似合って溌剌イキイキ。
#30 原村選手 誰にもできないような踊りが踊れる選手になりそうな予感がした。
#31 増田選手 音を細かく拾って踊れてて、でもこなれた感じではないのがまた良かった。ステップの転倒からちょっと尻すぼみな感じになってしまい残念。
#32 木村選手 黄色地に黒のラインが入った衣装。なんとなく懐かしい感じのする振りなんだけどそれが良い。スピンが上手い。

#53 花城選手 かなり体のバネがあって上手い選手。
#54 小林選手 よかった。
#55 青柳選手 深い赤と黒の衣裳。スラリとした体型で身のこなし美しい。凛として素敵。
#56 宮脇選手 スピードと流れ動きのスムースさとても成長した印象。ステップの進化が特に目立つ。
#57 高瀬選手 上手い!きっと未来の栃木のエース。
#58 大石選手 ピンクに近い紫衣裳。小柄ながら目を引くスケート。


見たり見なかったり。よって中途半端なメモ。
震えが来そうなくらいレベルの高い甲府チーム。一体何が起こってるんですか?そして彼女達の出番には必ず若いいけめんコーチがリンクサイドに。あれが噂に聞いた魔法使い先生ですか。興味深い。

ノービスA女子 Free Skating Results
[PR]
by taigayuri | 2008-10-20 01:17 | フィギュアスケート