しれっと


by taigayuri

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2008ミラクルオンアイスの感想つづき



本田麻希さん、土生浩貴君のソロと4~5級クラスグループによる
"ハイスクール・ミュージカル"

土生君がバスケ部のスターの主人公、本田さんが天才少女で優等生のヒロインの役のようだけど、これはそういうことでもないのかもしれないと勝手に思った。二人とも等身大の自分か或いは、とある若者の男女をあくまで自然体で演じているように見えました。
 このデュエット曲なのですけれども「Start of Something New」
ソロパートは少なく、曲の終わりまでほとんど二人で滑る形だった。初めはマイクを手に、歌に合わせて歌いながら。後から本田さんがちょっと上目遣いで登場してきたのが可愛かった。前半は動きも少なくちょっともどかしく感じたが、それも演出だったのかも。一番最初に二人がハモった瞬間にふっと空気が変わるのが見えてハッとさせられた。上着を脱いでテンションアップしてからの演技は二人ともこの上なく活き活きと伸び伸びとしていて素晴らしかった。手前の方で正面を向いて踊るシーンでは凄く目がキラキラしていて、本当に楽しそうで、歌いながら気持ち良さそうに滑っていたスプレッドイーグルも印象に残っている。二人の息が見事に合っていて、SBSのスピンがぴったり合っていたのも凄かった。
こんなに眩しいスケート見たことない。二人の醸し出す瑞々しい雰囲気が素敵すぎて目が釘付けになった。今しかできないであろうこの二人の演技を見ることができて幸せに思う。高校生ってスバラシイ。
二人のデュエットが終わると、これまた黄色の可愛いコスチュームが眩しいチアリーダーの皆さんと、青いユニフォームにローマ字でそれぞれ名前が入ったバスケ少年二人が登場。先に滑った二人よりもさらに若々しく元気いっぱいに踊って盛り上げました。バスケ少年は意外にクールな表情(演技?)だったかも。男子は個性が強いのに、集団演技の時には調和を大切にしながら滑るようで、そんな所にもレベルの高さを感じたり。このトゥーランドット組いいなー。
爽やかな余韻を残して場内は真っ暗に。



相原朱莉さん、佐々木彰生君のソロと6~7級クラスグループによる
"オペラ座の怪人"

突如、四方から白の仮面をつけ黒の上下に身を包んだ怪人4人がリンク中央へと現れる劇的な演出に驚かされる。佐々木君、遠藤君、土生君、本田君の男子四名(ファントムは4人?それともそのうち3人は偽者なのかな?)がドラマチックな音楽に合わせて怪しく舞いリンクの空気を変える。
佐々木君と相原さんの二人で滑るシーンは非常に濃密で、大人の雰囲気が漂い良かった。相原さんのクリスティーヌが可憐で美しく、佐々木君はなかなか迫真の演技だった。佐々木君のソロはとても切なく、儚くも力強い。感情の表現に重きを置いていたと思う。狂気というよりは優しい怪人だったかもしれない。マスクをしたままのスピンはちょっと大変そうだった。先ほどのソロに続き3Tは高く決め、3Lzは両足っぽかったけど降りていました。
場面が変わり、今度は客席の後ろから、男子3名と白いドレスを着た女子4名が左右二手に分かれて現れ再びびっくりさせられた。氷の上では円になって男女がそれぞれ組み、踊りながら次々パートナーを変えていく仮面舞踏会な演出に息をのむ。四組がリフトやペアスパイラルなどを次々見せる場面も。最後の瞬間まで劇的な演出の連続、鳥肌の立つプログラムだった。
上級の選手達を見て特に思ったのだけど、激しさと気品を併せ持ってるスケーターがこのクラブには多いような気がする。


グループ演目が終わるとまたオペラ座の怪人のアップテンポな曲(悲鳴みたいなのが入るアレ)が掛かりそのままフィナーレへ。二部に出演したグループごとにスケーター達がリンクに再び登場して滑り、全員で最後のポーズを決めてフィニッシュ。その後手を振りながらリンクを周回して舞台袖へとはけていきました。


終わり。整氷を入れて全部で2時間弱でした。
超満腹のショーをありがとうと100回くらい言いたい。
[PR]
by taigayuri | 2008-06-26 20:53 | フィギュアスケート
2008ミラクルオンアイス感想つづき


製氷を挟み、クラブ会長さんの挨拶で二部がスタート。
二部 ミュージカル・メドレー

はじめは"メダリスト・スケーターズ・オン・アイス"
今シーズンの大会で上位の成績を修めた選手、計16名によるソロメドレー。
あっという間の流れで3級までの選手の方々の名前と演技の記憶がバラバラで思い出せず。でもたった一人でスポットライトに照らされて、代表として滑りを披露する表情はみんな自信に溢れて見えました。
女子も踊りの上手な選手が多い!

14人目に登場した小曽根君(リリーカップ大会ジュニアB1クラス優勝)は情熱のダンサーでした。まだ若いのに自分の世界を持ってる、勿論良い意味で自己陶酔の演技が出来る強者だな~と感じた。ジャンプを決めた姿勢のアピールやフィニッシュの振りの決め方などが目を引きました。

15人目、本田君(関東選手権ノービスA優勝)はドラえもんの曲に合わせてのび太君に扮して登場。かなりウケていました。眼鏡にランドセルまで凝りに凝って…しかしランドセルのあまりに小さいこと(汗)。また一段と逞しくなったような。
美味しい所を持っていった後はランドセルと黄色のシャツを脱いで上下黒、さらにはサングラスという恰好に変わり、曲調もハードなアレンジのドラえもんに変わり、ワイルドかつコミカルな踊りを披露。綺麗なジャンプを跳ぶので清々しい。席で見ている仲間の声に反応しながらニコニコと楽しそうに演じていたのが印象的。愛されてますな。

ソロのトリ、16人目は全日本ジュニア選手権2位の佐々木君。なんか、なんか色々付いてる…なんか被ってる…

  えっ、出落ち? 笑

なんて一瞬思いましたがまったくそんなことはなく、思いっきり楽しい、太陽のように明るいプログラムを披露。曲は某映画より。DOIがまだなので詳細は伏せてみようかと思います。前に滑った本田君が佐々木君の後ろを付いて歩いては、色々とお手伝いしてから去っていく姿が可笑しかった。
やっぱり彰生君のパフォーマンス力と笑顔は絶品でした。まさに人々を幸せにするために生まれてきたかのような笑顔ですよ。このプログラムでは、単独で3Lzと3Tを鮮やかに決めて絶好調でした。大きなリンクで滑る姿が楽しみ。


大人クラスの方々のダンスとソロによるグループ演目
"マイフェア・レディ"
皆さん白地に黒のラインをあしらった綺麗な衣裳で、アイスダンスカップルが5組だったかな?そしてシングルスケーターの方たち、合わせて14名。
大人の舞踏会といった雰囲気でとっても素敵な構成でした。氷の上で踊るということがこんなに優雅な事だったんだなと、そして二人で組んでスピンをする姿がこんなに素晴らしいアートである事に、改めて気づかされるような演技でした。
一番最後に登場してシングルのパフォーマンスを披露した男性の方が、非常に異彩を放っていて素敵でインパクト大だった。


西村桂さん、本田宏樹君のソロと0~1級クラスグループによる
"リトル・マーメイド"
西村さんがアリエル(人魚姫)を、本田君がエリック王子役を、それぞれソロ演技の後に組んで滑りました。西村さんは凛としてかつキュートに、本田君はハンサムにそれぞれ演じましたが組む際に危ないシーンがあって、「こらっ」みたいな感じのやりとりがとっても微笑ましくて可愛くて、二人で滑る姿もまた初々しくて良かったです。
続いては人魚がたくさん登場。このお揃いのキラキラの衣裳がとても綺麗。カニさん二名の被り物衣裳もとても良く出来てたような。ゴージャスなプログラムで本当にミュージカルを観ているようでした。


遠藤雅人君、菊池恵美さん、井上華凜さんのソロと2~3級クラスグループによる
"オースティン・パワーズ"
個人的にこの映画の内容をあまり知らないので、役などはわからないのですが、スモークグリーンのスーツに眼鏡姿の遠藤君が二人の美女を侍らせて?連れられて?コミカルに登場。彼はどうやら美味しい役回り。
大勢の美女達もみんな黒のブーツカット(ベルボトム?)かフリルスカートの衣裳で激しくダンス。踊りがとても揃っていて、雰囲気も華やかで圧巻。
一度袖に掃けた後、今度は自転車に乗って颯爽と登場の主人公と、走って追いかけてくる美女達。ゆーーっくり進む自転車をニコニコと漕いでいく遠藤君、後から登場した、もう一人の眼鏡をかけた小さな主人公(同じ役かな)の男の子に追い払われる遠藤君、
良いキャラですねぇ。
[PR]
by taigayuri | 2008-06-25 01:58 | フィギュアスケート
2008 ミラクル・オン・アイス
神奈川フィギュアスケーティングクラブ 3th アイス・フェスティバル
平成20年6月22日(日) 神奈川スケートリンク



お昼と夕方の二回公演。それぞれ一部(前半)と二部(後半)に分かれていて、
一部の教室スケーター(と二部の大人クラスのメンバー)は、お昼と夕方でごっそり入れ替え。
第2回の方を観させていただいた感想など。


リンクを縦に使ったセットで、リンク全体の手前1/3くらい(?)にマットと椅子が設置されて客席になっている。従って氷はかなり狭い。
出演者は基本的に奥から登場する。フェンスや壁などは黒い布に被われており、ショーが始まると場内も暗転。
神奈川体育館理事長さんの挨拶があり、発表会がスタート。

一部のテーマは"エコ「地球を救え」"
一部オープニング
6級~7級クラス選手9名が「We will rock you」に合わせてパフォーマンス。
昨年のエンディングの続きというコンセプトかもしれない。舞台照明が入って豪華。粒揃い役者揃いの面子でこれまた非常に豪華。

一部は教室生スケーターによるグループ演技がメイン。
多い演目では62名、83名といった人数のプログラムも。
お揃いの可愛い衣裳や色とりどりの綺麗な衣裳で、一生懸命に踊ったり技を披露していた。セットも演出も凝っていてる。
(数え間違いがなければ)第2回一部出演者数: お教室の方168名、クラブの方95名。

一部の演目の中で印象に残ったのは2~3級クラスによる「氷の崩壊」。
流氷の崩れていく様を、綺麗なブルーの布をなびかせて緊張感たっぷりに、かつ幻想的に表現していた。

そして4~5級クラス17名による「トゥーランドット」。
スピード感があってかなり見応えのあるシンクロパフォーマンスでした。
能力の高いシングル選手が結集すると凄い物を見せてくれるんだなぁと鳥肌。

またオープニングを担当した6・7級選手達が、一つずつのグループ演目の合間に数名ずつに分かれて登場し、スピーカーから流れる台詞に合わせてお芝居をし、ストーリーテラー的役割を担って全体を引き締めていた。(台詞がよく聞こえなかったので内容はよく分からなかったのだけど。)
出たり下がったりもさることながら、舞台裏ではあの大変な人数のチビッコ達を、先生方やスタッフの方と共に仕切ったりもしていたんじゃないかと想像。舞台裏の戦場っぷりが想像に難くない…。


一部全体を通して感じたこと、印象的だったのは、小さいスケーター達一人一人がそれぞれ自分を出そう、魅せようと一生懸命だった姿。
良い意味での自己主張、「私を見て!」というアピールが出来る子が既にとても多い気がした。
転んでしまったり遅れたり、衣裳トラブルが発生したりした子も結構居たけれど、
どの子も諦めないでリカバリーし、最後まできちんと笑顔で演じ切って凄いなと思った。一年にたった一回の晴れ舞台なのにミスをしてしまった子は泣きたいくらい悔しいはずなのに、失敗も糧にして強くなってくれそうな勢い。
これだけの大人数の中だからなのか、このリンクの風潮なのか、
臆してる場合じゃなくってよという感じ。非常に頼もしい。
ここから揉まれて育つ選手は凄くなるんだろうな~とワクワクさせてもらった。
[PR]
by taigayuri | 2008-06-24 22:38 | フィギュアスケート