しれっと


by taigayuri

<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

トリノオリンピック・フィギュアスケート女子シングルで、日本時間早朝に
荒川静香選手が金メダルを獲得したその日の夕方、
長野信越放送(SBC)ローカル情報番組「U-PARADE」の一コーナーで
長野県内のフィギュアスケーターの特集が組まれました。
その内容を紹介します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
"信州ばん 学校へ行こう!"フィギュアスケートクラブ編
未来のオリンピック選手を目指すジュニアたち大集合!!
長野市と岡谷市のジュニアフィギュアスケートチームの合同練習(Mウェーブ)に潜入!Vivace長野(長野市)、WINS長野(岡谷市)


"長野にもいるぞ!!すごいジュニア"

「目標は荒川静香選手」
石井綾香さん(中学1年生) 2005年関東ブロックノービスA優勝

「目標はオリンピックに出ることです。私はスピンが好きなので頑張って練習をしているので、スピンが得意です。」
小林瑞歩さん(中学3年生) 2005・2006年全国中学生大会出場

「全日本ジュニアに出て上位に入って、国際大会に派遣してもらえるような選手になりたい」
現在長野県女子フィギュア界ナンバー1の実力を持つとされている選手、
那須野光(ひかる)さん(中学3年生) 長野県選手権大会2004・2005年優勝 関東ブロックジュニア優勝 同世代の浅田真央選手がライバルです。


-オリンピック出れそう? 「たぶん」
-県大会は何位だったの? 「去年は1位でした」
-すごいねぇ6年生とかより凄かった 「いや一人しかいなかったので」
他の選手が出場してももちろん優勝する実力を持っています。
小学5年生の小平渓介くん 長野県選手権大会2005年優勝(1級クラス)
努力することに関しては人一倍!スケートが楽しくて仕方ないんだそうです。



このように、今でこそジュニアトップレベルの選手が大勢いますが、
かつてチームには全国レベルの選手はいませんでした。
ここまでのレベルになったのは、このお方の指導があったからなのです。

アルベールビルオリンピック日本代表、村田光弘コーチ

生徒達の評判は…
「面白い先生です」
「みんなの前で冗談をいっぱい言ってみんなを楽しませてくれます」
普段は笑顔の優しい先生。


しかし、リンクでは熱血コーチ!
最も熱い指導を受けているのが、中学1年生の中村智君です。
「リンクでは結構…そんな優しくはないけど……あっ優しくないですね(笑)」(智君)

「彼は一応ノービスの全日本チャンピオンなので。厳しく、細かく。やってますね。」(村田コーチ)

村田コーチの指導にも熱が入ります。
何故なら、智君は日本ジュニア期待の星!(2005年全国中学生大会Aクラス4位)
来月開催されるアジア大会でも、その活躍が期待されている、すごい選手なのだ!


-次回バンクーバー冬季五輪狙ってる?
「(首を横に振って)バンクーバーの次…。多分、まだ上の人がまだたくさんいるんで…ちょっと無理かな」(智君)

更なるレベルアップを図って、日々練習に励んでいる智君なのですが、
彼にはどうしても負けられないライバルがいるんだとか。


そのライバルとは、智君と同じ中学に通うこの少年だ。

(学校帰り、友達と一緒。校門近くにてインタビュー)
-フィギュアの選手…? 「らしい」
-フィギュアっていったらジャンプ力が凄いと思うんだけど、自信ありますか? 「うん、ある」
(鞄を下ろしてその場で2回転ジャンプを決める!が、よろけて柵にぶつかる)
 固。 「こわかったぁ~。ごわがっだぁ~。」「あ゛~~!」(地面に転がる)

-今日は、練習は? 「行き゛ます!!」


底抜けの明るさを見せるこの少年は、
智君の兄、中村祐輔くん(中学3年生)。
ライバルとはお兄さんのことだったんです。
普段はちょっぴり掴み所のない彼ですが、リンクに立てば、氷の上の貴公子に。
全国中学生大会 2005年Bクラス5位入賞、2006年Aクラス出場(16位)


-ケンカはする? 「あの~仲は良いんですけど… いつも(ケンカに)負けるのは僕なんです」(祐輔君)
-ほんと?そうなの? 「いや、どうか…わかんないっすね(笑)」(智君)

兄のここがすごい→ 「ジャンプが高くて決まると結構いい感じ」
弟のここがすごい→ 「負け負けでふざけんな!って感じだけど、智はジャンプも結構正確でいいかなと」


こんな二人を小さな頃からずっと指導してきたのが村田コーチ。

「お兄ちゃんの方は本当に、天才肌だと思います。弟の方は努力できる事が才能の一つ。お互いに無い所を兄弟が持っているので、二人がそれを見習って、一緒に頑張っていければ、二人とももっといい選手になっていくと思います。」


ひょっとすると、兄弟揃ってのオリンピック出場なんて事も、この二人なら夢ではないかもしれません。
世界の銀板に舞う中村兄弟。そんな日が来る事を楽しみにしています。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

VTR後、スタジオでは浅田姉妹や村主姉妹の良いライバル関係についても触れていました。



放送翌日、長野市ビッグハットで行われた長野県選手権大会。男子シングル選手権クラス智君優勝、祐輔君2位という結果でした。


中村智選手は、昨年12月に地元長野市で行われた2005全日本ジュニア選手権に全日本ノービスAチャンピオンとして特別枠で参加し、
SP20位、FS17位で総合20位という立派な成績を修めました。
観戦した時の印象。SPではかなり緊張していたように見られ、動きが硬いかなぁと思ったのですが、翌日のフリーでは前日の大人しい印象とは別人のように、最後まで元気いっぱい"少林サッカー"を演じてくれました。


同じ長野県からは、少し先輩に水谷太洋・水谷心選手(岡谷市出身)という兄弟スケーターが育っています。
東京には鳥居兄弟、福岡には中庭兄弟と、意外といるぞ兄弟選手。
でもきっと、中庭選手達のように兄弟揃って全日本出場を果たすというのは、本当にすごいことなのだろう…。


負け負けでふざけんなって感じだけど…か。
がんばれお兄ちゃん!
信州期待の中村兄弟を応援していきたいと思います。
[PR]
by taigayuri | 2006-03-05 01:11 | フィギュアスケート