しれっと


by taigayuri

カテゴリ:フィギュアスケート( 111 )

2010夏季ジュニア

2010年8月26日(木)~29日(日)、9月18日(土)
ダイドードリンコアイスアリーナ
結果ページ


8/26 この日印象に残ったシーン。2級女子8歳以下クラスで、本番中に音楽が再生不良になったものの、一切動じずに演技を続けていた選手。少し経ってから運営側指示により一時中断するが、その間もずっと落ち着いた様子で(そう見えた)長い間8の字に滑走を続けていた。再開後も綺麗なスピンや1Aなどしっかり技を決めてフィニッシュした。まだ小さいのにこんなにしっかりとアクシデントに対応できるって凄いな。それより何より、頑張ったなぁ… きっと将来に繋がる経験だよねと思った。

8/27 3級女子9歳以下クラス(優勝)の小林きらりちゃんが良かった。上手かった。キリっキリっとかわいい踊り。空中でクルッと速くきっちり回ってから降りてくるジャンプ。スピンもいい。青に白と赤が入った目を惹く衣裳も忘れられない。圧倒的な華があるなぁと思った。
山中さんも良かった。水色とピンクの衣装。手がピンと綺麗に伸びて、スピンも踊りもとても良くて、上手い。まだ小さいんだけど、気になる選手。
永井(帆)さんは黄色と黒の衣装でドンキホーテ。コーチの関先生っぽくシットスピンでフリーレッグがぴーんと伸びて綺麗。レイバックスピンも綺麗。リンクに出る前のハイタッチのシーンがすてきだー。
浪江さんは今日はジャンプがちょっと不調だったのかなぁ。でも華のある振付が好き。
脚の関節が柔らかくスピンのポジションで目を惹いたのは渡会さん。

2級男子で良い感じの子がいるな~と思ったら甲府の選手だった。ガリレオの曲だった。自分が見たのは2位になった方の選手だった。ジャンプが結構高くて良かった。優勝した子とはきっと兄弟かな。

4級女子13歳以上クラスで石橋さんがちょっと気になった。鋭くて距離のあるジャンプ。黄昏のワルツ。
榎下さんはジャッジのいない側に向かっても表情豊かで素敵だった。マイフェアレディ。4月の県大会も初日に登場したけれど、この人が大会前半の日程で出てきてしまうのって何だか惜しく感じる。半端じゃない存在感と、たとえミスが多くても見応えのある演技、そして華 ぜひ上のクラスでも見てみたい。記憶に残るスケーター。

アイスフェアリーのカントリーロードが良かった。

8/28 4級女子9歳以下の渡辺りんかちゃんが非常にハイレベル。滑りもしっかりしているし、何ていうか演技の密度が濃い。スピンが素晴らしく、逆回転でもスピードポジション申し分ない。これからが楽しみだな。

4級女子11歳クラスの小谷さん。スピンが良くてジャンプもなかなか。気になった選手。

ノービスC男子の西山君のチャップリン。白と黒のタキシードに赤のチョウネクタイ。ステップでよく動く。ジャッジへのアピールが凄くかわいい。スピンうまい。ジャンプを転倒しそうでもぎりぎりこらえるシーンが多く、強いハートが感じられた。こういう子が強くなるのかなぁ。最後のお辞儀はネクタイを直すジェスチャーを入れて。かわいいね。
続けて見ると堀君は正統派という感じがした。極めて良い意味で。躍動的なステップが印象に残った、なかなか良い演技だった。

5級女子11歳片平さんが良かった。キャッツ。滑りながら踊るのが甲府っぽいと言えるのかも。そしてしっかりした技術も。鳥居先生だ。
林さん。あ、あのSAY YESの子だ!とすぐ思い出す。淡いピンクの衣装とか、ステップのエッジ掴んでツイズルの所とか最後のビールマンスピンが綺麗だったとか。今回ステップでバランスを崩して転倒があって勿体無かったけれど。こう、トータルで思い出す。力の大きい曲だなぁ。担任が遠足のバスの中で歌った思い出が蘇る私。彼は現シニア強化選手と同姓同名だった。元気にしていますか先生。
関口さんの風林火山(たしか)。赤いゴージャスな衣装。高いジャンプ、スピード、ほか色々上手。良い2Aとか。短めの髪とおでことちょっとリボンと。気になった選手。

ノービスB女子10歳クラス 紀藤裕香さん 美しき青きドナウ。ピンクの衣装。目が醒めるような演技だった。二度の2Aや他のジャンプも綺麗。スパイラルも良い。スピンも上手い。とにかく表情が豊か。手首の使い方が独特。
日原さん 白を基調とした衣装。レイバックスピンが同じクラブの先輩達に似ているなぁと感じた。良い感じ。
枝村優花さん モスグリーンみたいな微妙な色合いの綺麗なデザインの可愛い衣装。レイバックスピンがスペシャルに速い。2A二つも良かった。繊細で美しい演技。上手い。
羽生(桃)さん ピンクの衣装でポルカ。3Sが惜しかった。全体的に上手いと思う。
木谷さん 濃いピンクと薄いピンクの衣装。レイバックスピンの形が独特。笑顔と覗く白い歯が印象的。身のこなしも綺麗。指先まで良い感じ。綺麗、上手い、いい。
小柳さんの全身真っ白、白いタイツが印象に残る。珍しい組み合わせの衣装だつたような。
樋口さん セルリアンブルーっぽい青色の衣装。なんかいい。音のとり方とかが好みなんだろうか、好きだなと思った選手。
田宮沙季さん(優勝) 水色の衣装でコウモリ。かなり良かった。伸び伸びとした感じを損ねずに大きくなっていってくれたらと思う。
池田さん 黄緑と白などの衣装。ジャンプを軽々と跳んじゃう感じ。もっともっと跳べるようになりそう。
佐上さん ピンクの衣装。くるみ割り人形。ジャンプがなかなかいい感じ。スピンも悪くないし、上手い。
桃澤さん ジャングルっぽい衣装で、あ、あの子だ!とまた思い出す。ステップの獰猛感が見事。いきいきと踊る。自分のプログラムはこれだ、こう表現とたいのだと強い意志がなければ挑戦できないプログラムだろうなと感じる。

ノービスA男子 前田君は死の舞踏。黒地に金色の模様。ステップの激しい動きしとても雰囲気が出ていて良い感じ。ジャンプもなかなか、スピンもシットをはじめ頑張ってる感じで。素直そうな演技はいつもいい。
石毛君はラ・クンパルシータ。前のプログラムだ?このプログラムのクドめの踊り、ある意味突き貫け感がむしろやり易そうに見えて、良かった。役に入りきる能力が高いのかもしれないね。PCS後半項目が高く評価されてる。ジャンプもまずまず。スピンも良い。
小林(建)君 上が白で下が黒の衣装。ステップの真ん中でねぇ、前髪掻き揚げる振りとかナル振りが似合ってて良い感じだよ。トリプルは豪快に転倒しちゃってたけど、ノービスって良いな!って思えるような演技だった!
[PR]
by taigayuri | 2010-08-31 00:12 | フィギュアスケート
岡谷アイスフェスティバル2010
第14回やまびこフィギュアスケート発表会&フィギュアスケートショー
平成22年7月10日(土)14:00~
岡谷市やまびこスケートの森アイスアリーナ

c0039936_1104760.jpg


プログラム

第1部
1. オープニング 「ポニーテールとシュシュ」  
長野FSC27名/やまぴこシンクロナイズドスケーティング教室13名 計40名
2. シンクロ  「Butterfly」  
やまびこシンクロナイズドスケーティング教室
3. グループ 「Victory」  
中村祐輔/佐藤優衣/牧羽由樹/金井彩吹/
原慎太郎/宍戸萌百伽 (長野FSC)
4. ソロ 「Looking' For Love in You」  
滝沢帆乃夏 (長野FSC)
5. ソロ 「The end」  
小林奎介 (長野FSC)
6. グループ 「会いたかった」  
戸谷翠/山中玲奈/宮下綾乃/輿水りさ/
中川璃々樹/倉坪茉由子/西村知華 (長野FSC)
7. ソロ 「CRAZY FROG」  
中村祐輔 (長野FSC)
8. ソロ 「Girlfriend」  
宮脇綾音 (長野FSC)
9. ソロ 「プリティーウーマン」  
山中里紗 (長野FSC)
10. ソロ 「tea party」  
野口真紀子 (長野FSC)
11. シンクロ (招待選手) 「エル・フラメンコ」
東京シンクロナイズドスケーティングクラブ



- 製氷(休憩)-


第2部
12. グループ 「夏祭り」  
原克彦/谷口果歩/倉坪凌子/室賀かれん/
中川鮎美/熊谷佳那子 (長野FSC)
13. グループ 「We're All In This Together」  
宮脇綾音/山中里紗/牛山宏美/滝沢帆乃夏 (長野FSC)
14. ソロ 「Hail Holy Queen」  
佐々木優衣 (プリンスアイスワールド)
15. グループ 「Ring a ding dong」  
小林奎介/野口真紀子
16. ソロ 「Viva La Vida」  
那須野光 (長野FSC)
17. ソロ 「SANTANA」  
中村智 (長野FSC)
18. シンクロ (招待選手) 「オペラ座の怪人」  
東京シンクロナイズドスケーティングクラブ
19. 招待選手 「Within」  
水津瑠美 (中京大学)
20. 招待選手 「Dancing in the big city」  
無良崇人 (中京大学)
21. フィナーレ 「まなざし」  
全員参加




オープニング演目はゲストを除く全員の演技。全員水色や青系の服装。
氷上でそれぞれ位置についてから曲がスタート。
二つのラインに分かれ、さらに四つの輪に分かれ
間奏では得意のジャンプやスピンなどを披露。
智君の3回転と里紗ちゃんのレイバックスピンには
周囲の観客席が特に沸いていた。
2コーラス目に入りスパイラルをやったグループもみんな綺麗。
2コーラス目終わりの間奏の入りとともに全員で風車状にスケーティング。
最内に5級メンバー、最外に6級以上メンバー。鉄板。安心して見ていられる。
そこから一つのサークルになった後、シンクロ教室メンバーを迎える。
現れたシンクロメンバーはピンクの衣装。センターでスピンを披露。
ラストはロングサイドに青衣装のメンバー、
センターにピンク衣装のメンバーが並びポーズを決めてフィニッシュ。
目の前に来た、ポージングの麗しい、スタイル抜群のお姉さんは誰かと思ったら帆乃夏ちゃん!一瞬誰だか分からないくらい大人っぽくなっちゃってびっくり!

そんな帆乃夏ちゃんのソロ(初!) 黒をベースに白と金色が入ったセパレート風の衣装。たしか今年もソロのプログラムはほぼ皆自作だったかと思うけれど、これは想像が混じるが、普段教わってることに忠実にという感じがするというか、ステップの一部のようにジャンプを組み込んできたり、終始ステップを踏み続けるプログラム。試合のプログラムのように体力を消耗しそうな振付を少し大人っぽく演じ、小学生から中学生への変化をこれでもかと突きつけられた気分。


今年のグループ演目で特に印象に残ったのは
第一部の「会いたかった」。
無級から初級クラスくらいのメンバー構成。
淡めのピンク・イエロー・ライトブルーのトップスにデニムのショートパンツ。
襟とウエストと手首にお花の飾りをつけて。白い靴出してます
振付が可愛い、衣装が可愛い、とにかく可愛い!
メンバーの身長差もうまく活かした、バランスのとれたフォーメーション。
センターポジションの子がとてもしっかり周りが見えていて、
自身も良い味出してたのがポイントだった。
小さい子もお姉さん達も光ってて、可愛いだけで終わらない見応えがあった。
[PR]
by taigayuri | 2010-07-11 23:10 | フィギュアスケート

2010アクアカップ

第4回アクアカップフィギュアスケート競技会
2010年7月3日(土)
千葉市美浜区 アクアリンクちば


 印象に残ったのはまずDクラス女子の大きめのカチューチャが可愛かった小林さん。小さい体で元気いっぱいの良い演技で、見ているこっちまで元気が出てきた。しかも華があって。
 それからCクラス女子の栗林さん。腕から指先までがとても美しくてバレリーナみたいだった。演技の前後の振舞い方やポーズも。多分3点台後半くらい出てたはず。あと三宅さん、まだ小さいけど滑りもスピンもとても良い感じで、高いアクセルなどキレのあるジャンプも良かった。

 Bクラス女子。逆回転の選手がいたり。
 淡いピンクの衣装で滑った齋藤さんはどことなく国内外のトップ選手を彷彿とさせる、弱冠小学5年生にして既に完成に近い身のこなしと動き。大きくて丁寧、溜めを上手く使う、時たま顔を撫でる。ジャンプも良い感じ。着氷姿勢が結構低め。ビールマンスピンも綺麗だった。上手かったなー。あっという間に上に行きそう。
 そして枝村さんの演技は目が醒めるようだった。ダブルの3連続ジャンプとか良かったしドーナツスピンも良かったし、細い手足の使い方が綺麗で軽やか。勢いがあるな~。
 あと加来さんもよかった。たしか3連続ジャンプを綺麗に決めてた。

 BクラスとAクラスの男子計2名は一緒にウォーミングアップ。
 Bクラスの奥村君、なかなかかっこよかった。手を高く上げながらジャンプが一番最後を含め3回、バランスよく入っていたのが良かった。2Aもだいぶ良かったと思う。見ていて気持ちがいい、清々しい演技。千葉の男の子もみんな揃ってどんっどん上手くなっていくし、音に調和した演技ができるようになっていくなぁ…と感じるこの頃。それと、良い意味でお行儀の良い感じの演技をする子が多いなとか。
 Aクラス男子石毛君はゴッドファーザー。ジャンプの危なっかしさがこの日はちょっと目立ってしまって、不安そうな表情も見え隠れ。一生懸命な陶酔演技(って言えばいいのかな)がストレートラインステップでとてもハマってて、他の選手には出せない雰囲気と個性を出せてると思った。

 Aクラス女子。全体的に転倒などのミスが少なかった印象。
 黄緑の衣装でアップテンポの威風堂々、村田さんの演技が軽やかで良かった。
 白鳥の湖の杉澤さん。高さもキレもあるジャンプに、スピンも入りがスムースで軸も形も良い感じ。ビールマンも綺麗。最後の最後のジャンプ(2Fだったかな)が綺麗に入ってフィニッシュ、大きな拍手。
 船迫さんは戦場のメリークリスマス。美しいジャンプ。終盤の2A転倒が惜しい。最後のレイバックスピン、キャッチフット~ビールマンがとても速くて良かった。この日は出し切れなかった部分も結構あるんだろうなと思った。
 神代さんは幻想即興曲。滅茶苦茶上手くなってる!片手を上げてのコンビネーションジャンプとか。スプレッドイーグルに両手の振り付き~2Aさらに降りて首の振り、とか。スパイラルから入って2Aからの3連続コンビネーションジャンプ、とか。ステップもよい動き。てか大人っぽい。3T転倒は惜しかった。ラストのレイバックスピンは速いキャッチフットポジションで長く引っ張りー焦らしー最後にビールマンポジションへ。脚高く上がり綺麗。印象的なフィニッシュ、加点必至。良い演技だった!
 種池さんの元気な感じ好きだ。軸が細すぎず見応えのある良いジャンプを跳ぶなぁ。
 西野さんは久し振りに見た。またまた良いジャンプ跳ぶよねぇ。スタイルも氷に映えて、自然な身のこなしが大人っぽい。流れのある演技で、特別な武器が何かあるというよりは全体的に良いなーと思う選手。曲は水百景。似合ってる。
 松井さんのプログラムが美姫ちゃんっぽかった。
 小堀さんはリベルタンゴ。たしか黄緑の衣装。2Aは良い飛距離だったが回転足りなくて惜しかった。シットスピンのポジションが良い感じ。ステップも頑張ってて良い感じ。+2Loのコンビネーションジャンプが上手い、単独2Loも綺麗。後半の2Aも回転不足で両足だった。ちょっと悔しいかな。大人っぽいプログラムは敢えての選曲かなと思った。
 横田さんは決まると高くて良いジャンプ。最後のシットスピンは速くて良かった。転倒が痛い。
 南さんの衣装、青と淡い淡い紫グラデーションのスカートの裾が綺麗。美しいスタイルで、ノービスの中では優雅さが際立ってた。ジャンプが斜めになりがちだったり不安定さがやや目立ち、ちょっと目線を落としたフィニッシュだった。

 ジュニアクラス女子 2名のエントリー。
 菊田さんはパガニーニのラプソディ。大きなジャンプが印象的。中盤の2Aはステップアウト、再度の2Aも降りたと思ったら転倒してしまって惜しかったけど、ダブルのジャンプにも力強さがあって大きくて良い感じ。I字スピンなども頑張っていて良かった。
 大会のトリは開会式で選手宣誓を務めた山野井さんの白鳥の湖。3S+2Tは回転ギリギリだったかも。2A+2Tは良かった。良い雰囲気。3T転倒。また2Aは良い感じ。スプレッドイーグル~スパイラル~コンビネーションスピン、これ美しい。3S二つめも降りた。羽ばたく、美しい。2Lzから3連続ジャンプコンビネーション。スプリットジャンプも美しい。さらにコンビネーションジャンプもう一つも成功。ステップも乗っていてかつ丁寧に。トウステップも非常に決まってた。最後はやはりレイバックスピン。大きな拍手。良かった!とてもゴージャスな演技だった。危ないシーンがあっても最初から最後まで彼女の世界が揺るがなかった。



 リンク内の靄がひどく、試合後半には1グループ毎くらいに頻繁に予定外の整氷を挟みながらの進行でした(多分そのためだったと思うけど…)。千葉・白靴派多し。

 出場者は数名を除いて、アクアリンクちばクラブか千葉県スケート連盟所属の選手。上級クラスで楽しみにしてたのにエントリーがなかった選手が何人かいて、ちょっと残念だったりもしたけど、今まであまり見たことのなかった県連盟のほうの選手達がとても面白かった。非常に伸び伸びと楽しそうに滑る選手が多い気がしたというか。ジュニアクラス(男女6級以上)、Aクラス(男子4級以上・女子5級以上)、Bクラス(男女3級以上)には県連盟所属選手のエントリーがなかったけれど、その下のCクラス(男女2級以上)、Dクラス(男女1級クラス)は二つのクラブが良い具合に競った結果となった。既にハイレベルな戦いをしているアクアリンククラブの選手達に続き、こっちの選手達のこれからも楽しみだ。そして会長さんだったでしょうか、表彰式でとてもにこやかに選手に祝福と励ましの声を掛けながら、「(近い将来)ぜひ国体選手に」と口にされてて。数年後特に少年女子は入賞常連間違いなしの勢いですもんね。本当に楽しみですよ。
[PR]
by taigayuri | 2010-07-03 20:45 | フィギュアスケート

2010 北日本 5

第39回北日本フィギュアスケート競技大会
2010年4月2日(金)~4月4日(日)
宮城 ベルサンピアみやぎ泉



4/4(日)

ジュニア男子フリースケーティング

#1 田村亮太選手 白と黒の柄のシャツに黒のパンツ。ジャンプはすべて回転が足りなかった感じ。3種類の3回転ジャンプを入れてきていた。スパイラルやイーグルで繋ぎながら顔を上に上げた時の表情が印象的だった。ビールマンスピンはやはり得意のよう。そしてやっぱりスケートが滑らかだと思った。フィニッシュの後、肺か胸の辺りをしきりにポンポンと押さえてた。

#2 小林奎介選手 赤いキラキラした羽織り、中は黒地にシルバーで羽の模様っぽい。同じ模様が袖にも。下は黒で腰のあたりに金色のライン。火の鳥。スローパートに入りしゃがんで両手で何かを掬い上げるような振付の所が素敵。以後のA字になるスピンが綺麗だったのに要素の重複でノーカウントになってるのが残念。2Lz、2Loなどはクリーンだったがうまく決まらないジャンプも多かった印象。とても良い感じに伸びていると思うので、今後の体力アップ等に期待したい。彼の衣装はいつも100点満点。

#3 貝森悠祐選手 上下黒で胸元に銀色の模様。死の舞踏(マキシム)。転倒が多くてちょっと残念。演技の流れはあって、雰囲気や身のこなしは良い感じだった。

#4 渡部幸裕選手 全身黒で指先まで黒、綺麗な枯葉みたいなのが肩から斜めに付いている衣装。仮面の男。高い3Lz転倒で惜しい。次のルッツにも見えた3Fもむちゃくちゃ高かったがステップアウトでまた惜しい。3Sや2Aや3Tは成功。滑りのスピードと力強さが見ていて凄く気持ちがいい。ジャンプの高さも見る度に凄くなっていく印象。ミスしても失速しないし、男子シングルの「これぞ」という力強さを味わえる演技だった。今大会の順位は振るわなかったけど、今回男子で一番と言っていいくらい良い印象が残ったのは彼だった。

#5 植竹恭平選手 半袖の黒地、左半身を中心に赤いキラキラの模様。(曲名調べ中)2A3回に2Lzなども良かった。3Sは二つともクリーンならず。シットスピンの変形ポジションが綺麗。流れのある演技だった。ジャンプを跳ぶリズムもよく合っている感じがした。




#6 吉田拓登選手 全体的に黒、上は透け感がある黒で、白金っぽい色の模様。白鳥の湖。最初の3Lzはとても高かったが転倒し惜しい。終盤のイーグルでジャッジ前でサーッとカーブを描いていく所が良かった。そのまま跳んだジャンプは1Lzに。ちょっともったいない。2回降りた2Aはとにかく綺麗。SlStは情熱的。激しい動きが印象に残るプログラム。

#7 小平渓介選手 上下黒、ベルトや袖や襟に金色が入っていて、胸元から赤が覗く衣装。2A一つ目が良かったが、続くジャンプはあまり決まらず。最後のコンビネーションスピンは入りでミスし、やり直した後はとても良かったがカウントされず。SlSt前のムーブメントがかっこよくて印象的。切腹返上、みたいな。ステップの動きも個性的で、この振付は…

#8 佐藤洸彬選手(総合2位) 黒にシルバーのベスト、下は黒。東日本までとは多分違うプログラム(東の記憶に自信がない)…またジャズの有名な曲(タイトルがわからない…)。ずいぶん大人っぽいプログラムで、前髪も上げて、笑顔も以前とは違うすまし気味の笑顔。衣装のせいもあってか体つきがしっかりしてきているのが分かる。3Tは決まらなかったが、苦労している様子だった3Sは本番で成功!シットスピンが綺麗。CiStはとてもよく動けていたのに途中でバランスを崩して惜しかった。二度目の3Sは両足。終盤、ジャッジの前で弾むような音にぴったり合わせスプリットジャンプ2回→ただちに2Lo(は<がついたけど)が凄く素敵だった。繋ぎが濃密、全体を通してステップだらけ、しかもよく踊る、そんなプログラム。凄く良かった。

#9 吉田鷹介選手(総合3位) 全体が黒、サイドとセンターとベルトの所にシルバーのライン、襟が赤。2Aの調子が良さげ。シットスピンが良い感じ。繋ぎのビールマンポジションのバックスパイラルも印象的。多少のミスもあったがなかなか良かった。まだ小さいけれど、結構大きくなりそうだなぁという予感がした

#10 磯崎大介選手 上が綺麗な青色+黄色い布、下が黒の衣装。Slow dance in the big city。最初の3S綺麗。3Lz斜めになって転倒。3LoOK。2A+1Tの後、3Fで転倒してから3Sも3Tも…と転倒が続いてしまい、二度目の3Loステップアウト、SlStでは激しく動きすぎて転倒、というような感じ。単純に数えて5回転倒。それなのに動きの勢いやスピードは最後までほとんど落ちることなく、スピンもシットの変形ポジションをはじめどれも見事だった。ジャンプの安定感を除いては、格が上のスケートだと感じたのだけど…。どんな時でもお辞儀は極めて丁寧。

#11 木村真人選手(総合1位) 茶色の半袖デザインの衣装。3S+2Loは2回とも決まって客席のチームメイトがキャー。FSSpはとても高く、ポジションも綺麗。その他のスピンもシットが凄く良かった。不足しがちだったジャンプの回転が順調に改善・向上されてきている様子。スピードがあり、大きなミスもなく、とても良い演技だった。声援の後押しもあってか一番勢いがあったと思う。





シニア男子フリースケーティング

#1 中村祐輔選手(総合3位) 赤のシャツに黒のベスト。Leyenda。最初の2AはOK、終盤の2Aもよかった。この日は本番でトリプルジャンプが決まらず残念。踊りはいつも以上に良かったように思うし、最後のポーズも余韻があって良かった。

#2 中村智選手(総合2位) ドラリオン。この日も良い顔をして出てきた!最初の3Fは高くて綺麗かと思ったけどステップアウト。3Lzは両足。3SはOK。CSSpとても綺麗。3TもOK。3Loはステップアウト。3Sの入りで抜けて跳べず。最後の2Aは大丈夫。最後のSlStは開始がちょっと早かったのだけどスピードと流れと勢いが凄くて良いステップだったので全体の印象はアップ。悪くなかったけど、もうちょっと、あと一歩!の演技だったかな。クリーンな3Lo見たかったな~。練習の時の質を見るに、今後きっと彼の得意技になり得ると思う。ともあれ今シーズンはトリプル5種類目まで試合で成功、スコア表に5種類の3回転ジャンプが記載されるのも今回がおそらく二度目。来シーズンはどんな姿を見せてもらえるかな。

#3 堀之内雄基選手(総合1位) 黒い衣装(前のプログラムの)。ワルキューレの騎行、Romance(Snowstorm)。最初にいきなり3A!直前の6分練習でも見なかったので驚いた(見逃しただけかもしれないけど、でも6分ではずっとアクセルばかり確認していた)。速い回転ながら回転が足りなくて転倒だったけど、やっぱり3Aは見ていてテンションが上がる。フリップは1Fになり+3Tに持っていったが着氷が乱れる。3Fは練習でもエッジを意識してかずいぶん苦労している様子だった。単独3LzはOK。2Lo。3S、3S+2TどちらもOK。3Tがやや乱れ、最後の2AはOK。終盤のFCCoSpはちょっとバランスを崩す。ジャンプの内容としては彼ももうちょいだった。新しいプログラムは過去のプログラムと大きく系統の変わるものではないようでいて、中盤のスローパートは今までになく雰囲気がある感じ。手は指先まで魂が宿ったようで、きっと大きな会場でも遠くの席まで届きそう。SlStも良かった。何よりも、演技全体を通してのスピードと流れが凄く良かった。





シニア女子フリースケーティング

#1 鳴海さつき選手 明るい紫にキラキラの飾りがついた衣装。ラフマニノフのピアノコンチェルト。ジャンプの転倒やミスがやや目立った。綺麗だと思った最初の2Aさえ<が付いた。スピンはポジションなども良かったし滑りも良い感じに見えた。今回シニア女子は半数の選手が6級での参加。大会初日の7級のテストを受けに来ていた選手が多かったのではないかと思う(推測)。とにかく3回転ジャンプに苦しむ様子の選手が多くて、最後の一枚の壁・7級への道程とはこうも険しく遠いものなのかと、見ていて息が苦しくなりそうだった。凡人の立場から見たら、もうあと一歩どころか半歩以内のところまで到達している人たちなのに。

#2 中山里咲選手 赤い衣装、腕部分長袖も赤。2Lz+2T+2Tなど良いジャンプもあったがトリプルでは転倒。SlStは良かった。一生懸命さが伝わってくる演技だった。




#3 佐藤里咲選手 ブルーの衣装。ガーシュインのピアノ協奏曲。2Aを筆頭に綺麗で幅のあるジャンプ。3Sはギリギリ回転不足だった感じ。詰まり気味のジャンプもあったが、全体的な印象はなかなか。スパイラルも綺麗だし滑りも良い、流れもある。最後のレイバックスピンはかなり綺麗だった。

#4 浅見琴葉選手 黒い衣装。ブラックスワン。アクセルジャンプは3つともシングル。3S+2Tは回転がやや足りなかったが、6分練習や公式練習で見たどのジャンプよりも本番が一番良かった気がする。3Tも両足。2Lz+2Tと2Fは問題なし。スローパートでSpSqが入り、CiStでは綺麗に踊り、空高く手をパチンと鳴らした音が大きく響く。出だしの踊りの所から、品があって素敵だったが全体的に元気がなく表情が曇りがちだった。次はきっと晴れますように。

#5 谷川詩織選手(総合3位) 赤い衣装、身頃がキラキラしている。素晴らしかった。滑りは良いし速いし、ジャンプは高いわ流れるわ綺麗だわ、終盤二つ目の3Tがステップアウトで惜しかったが、それ以外はほぼパーフェクト。スピンも素晴らしい。ドーナツスピンも良かったし片手離しI字スピンも高速。もっと大きな大会でこんな演技が出来たら凄いだろうな、見たいなぁ…と思った。

#6 川平咲良選手 ロミオどジュリエット(N.ロータとチャイコフスキー)。3S+2T、3T、2A+2Tなど、決まったジャンプはとても綺麗。大きなミスは3Sの転倒だけだったと思う。ステップの真ん中でニコッと笑顔を見せたのが印象的で、あの笑顔があるから後半の場面転換が引き立つなぁと感じた。様々なポーズが綺麗。盛り上がるパートでイナバウアーも良かった。

#7 谷川奈穂美選手(総合2位) 青っぽい紫に少し黄緑が入った衣装。ノーミス!凄かった。何故こんなに最後までスピードを出し続けられるんだろうーと思ってしまった。3Tは片方が回転不足判定だったが、後半の3Tと、2A3回ほか流れのあるジャンプがどんどん決まった。スピンも綺麗だったし、素晴らしい演技だった。同じく素晴らしかった詩織選手とほぼ差がないんじゃないかという印象だった。実はやっと二人の見分けがつくようになった!雰囲気は各々違った持ち味があるが、スケートの良い部分がいつも凄く似ているから今までなかなか印象が定まらなかった。

#8 鈴木真梨選手(総合1位) 明るいブラウンというか綺麗目な黄土色というかそんな色に、セルリアンブルーの縁取り。シェヘラザード。3Loは開いてしまい両足に。3Fは綺麗。3S転倒。2A綺麗。後半の3Loも決まらず、3T+2Tが回転不足だったり最後のシークエンスは1A+1Aになったり。レイバックスピンはビールマンまでとても綺麗。SpSqは大きくて大好きだ。SlStも大きく全身を使ってよく動けていて良かったし(レベル3)、しかし、うーん…。1月のインターハイや国体の時と比べると、ジャンプはずいぶん復調していると思う。プログラムの印象もまだ何とも言えないけど、彼女の雰囲気にはきっと合ってると思う。





表彰式は予定を変更しリンクの上で、衣装着用で行われた。
頑張った選手達へ、大会側から労いの意味を込めてのサプライズ。このリンクが大会最終日をもって今シーズンの営業終了となるため、何してもいいと。特別に土足もOKと(役員の方たち)。そんな話だったらしい。
表彰される選手がみんなエッジケースを自分で持ったままとか、次に表彰される選手が台の後ろに並んで待ってるとか、あまり見ない光景が面白かったりしたけれど、こんな粋な計らい良いな、選手もやっぱり嬉しいだろうなと思った。

今年の北日本は、北海道15、青森26、岩手22、宮城42、秋田7、山形19、
福島9、茨城2、栃木4、群馬11、埼玉19、千葉27、長野12、新潟17
合計232人/組のエントリー。

リンクというよりプールに行ってきたような錯覚が起きる建物だった。

ポカポカ陽気よりも肌寒さが少し勝るこんな春らしい青空の下、北日本大会の会場周辺は今年ものんびりと、ゆったりと時間が流れていた。
前から見ている選手が、心なしか少し頼もしい顔つきに見えるようになったと思ったら、一つ学年が上になったんだなぁと気づく。
ブロック大会から半年。そしてブロック大会まであと半年。
見る側にとっては、あんなに緊張する試合のシーズンがあるからこそこんな風に、まるで対極にあるかのような時間が味わえるのかなという気もする。
今から一番遠い秋、半年後。どんなシーズンが待っているのか。




c0039936_395054.jpg

[PR]
by taigayuri | 2010-04-12 02:50 | フィギュアスケート

2010 北日本 4

第39回北日本フィギュアスケート競技大会
2010年4月2日(金)~4月4日(日)
宮城 ベルサンピアみやぎ泉



4/4(日)

ジュニア女子フリースケーティング

#1 笠松希選手 紫寄りの青、袖が拡がったデザインの衣装。細身で可憐。どちらかというとクールな演技。回転の怪しいジャンプもあったけど、ミスの目立たないなかなか良い演技だった印象がある。ジャンプコンビネーションが4つ入ってしまってノーカウントとか勿体無い。

#2 太田原春菜選手 濃紺に水色の縁取り。もののけ姫(他?)。ジャンプが低めになり回転不足になりがちだった。スピンはなかなか良かった。

#3 齋藤若葉選手 白のレース地に黒の模様。Wonderland。ジャンプがあまり決まらずちょっと残念。

#4 増田千鶴選手 赤い衣装。チャルダッシュ。2Aをはじめ回転が微妙なジャンプがいくつか。途中不意に転倒してしまった時すぐにリンクサイドのコーチの方を見たり、良い関係っぽいなぁと思った。最後のSlStはかなり曲のテンポが速いがよく乗れていて良かった。

#5 高橋佳子選手 白い衣装。最初の2Fは良かったが、ジャンプは不完全なものがいくつか。大らかそうな雰囲気、滑っている間の良い表情が印象に残った。最後の笑顔と、フィニッシュの後の投げ込みの花。この日が最後の演技だったのかもしれない。

#6 浜田良奈選手 黄色の衣装。(曲名ど忘れ中)なかなか元気があって、スタミナもありそう。この日のジャンプもなかなか良かった。




#7 鈴木伶奈選手 黒地に赤と緑で花の模様、ギザギザのスカートは明るい赤と二重。赤いけしの花。両足や回転不足のジャンプが続き、クリーンだったのは2Lo2回のみ。スピンは3つともとても良くて強い武器だと思った。最後のCCoSpのウインドミルがやはり良い!他にやってる選手をほとんど見ない。

#8 佐藤千富美選手 ローズ系のピンク、茶色や紫寄りの色濃い色と薄いピンクの衣装。イナバウアーなどの自然な繋ぎやステップや、身のこなしが美しい。しなやかさと力強さが共存両立していて本当に素敵。2Aや2F+2T+2Tなど、ジャンプもよく決まって良い演技だった。今回初めて見た中で一番心に残った選手。次の機会が楽しみ。

#9 山中里紗選手 薄めのピンクでスカートのデザインが可愛い衣装。SPと多分同じ曲?2A着氷(<惜しい)。ジャンプの出来は全体的にまずまず。ジャンプの質は半年前から更に見違える程で、しっかりと高さが出ていた。CCoSpは軸がとてもしっかり安定し速くて良い。FSSpも凄く良い。音楽に乗ってリズミカルに楽しそうに演技していて、ジャッジへのアピールがこの日もとてもサマになっていた。それに何より凄い度胸!

#10 荒川里奈選手 暗いグリーンのノースリーブ衣装。四季。最初の2Aのミス以外はなかなか良かった。客席が高い位置にあったせいもあり、目線がもう少し上向きがちになると印象が違うだろうなと思った。

#11 斉藤由姫選手 黄緑色・金色にスパンコールがキラキラしてる。腕から手の表情が良いなぁと思った。音楽の盛り上がりに合わせて加速していくスパイラルが凄く良かった。帯広の選手良いなぁ~。

#12 佐藤恵里佳選手 暗い紫と薄紫の衣装。(曲名ど忘れ中)スピンなどはなかなか良かったのだけど、ジャンプのミスが多かったせいか顔の表情が暗くなってしまったのが残念。




#13 野口真紀子選手 黒(焦げ茶?)に金色の模様が入った衣装。2A一つ目OK、二個目はちょっとだけ危なかったが、その他のジャンプはすべて良しの素晴らしい内容。コンビネーションジャンプのリズムもよくとても落ち着いていて、SlStは上半身を大きく使えていてとても良かった。

#14 及川望選手 黒い衣装、内側のスカートの布が紫色。トッカータとフーガ。2Aが高い。LSpも良かった。ステップで転倒があった時にすぐにリンクサイドのコーチの方を見て、フィニッシュの後も即またそっちに目を遣っていた。

#15 STEWARD MARIKA選手 薄い水色に紺色の縁、スカートが白い衣装。シンデレラ。プログラムがとにかく素敵。音にぴったり合った印象的な振付がたくさん。踊ってアピールしてから始まるCiStとか、カチカチと時計の音が鳴り出す時の顔に両手を当てて「まあ大変!」っていう表情なんてまるで演劇を見ているかのよう。シットスピン回ってる場合じゃないんじゃない?って思ったくらい(笑)。音楽が最高に盛り上がる場面でビールマンのスパイラルを入れたりとか、本当に素敵だった。最後のジャンプが2S+2T+2Tと三連続だったのも良かった。

#16 川畑いずみ選手(総合5位) 紫色の衣装。(曲名調べ中)LSpヘアカッターのポジションがとにかく高速で、そのままもって行くビールマンスピンも凄い。2Aを三連続コンビネーションを含めて3回成功。ジャンプもスピンも良くて、勢いがある感じ。一生懸命な感じも凄くいい。

#17 菅野沙耶選手(総合6位) 緑に金色のライン、長袖部分が少し透ける素材の衣装。3Tも2Aも成功(どちらも<と厳しい)。残りのジャンプも全てよし。とにかくすべて落ち着いていた。ショートに引き続き、落ち着いて見ていられるよなぁ~という感想。スピンも質が高く、良い演技。

#18 吉田陽香選手(総合2位) 白とキラキラピンクに黒のライン、など(GOLDの女子の衣装のデザインって言葉で説明するのが難しいのが多い。。)そんな衣装。3T+2T成功。2Aも2回ともOK。3Sも降りた(<)。頬のあたりに手を寄せて笑顔を作りながらビールマンポジションのスパイラルを入れてきたり、表現が色々と楽しい。終盤の2F+2T、2Lz+2T+2Loも良かった。最後のスピンがちょっとだけ乱れたのが勿体なかったが、かなり良い演技だった。




#19 新藤紗梨選手(総合8位) 濃い青と紫の衣装。2Lz+2T+2Loや2Aなど、ジャンプはなかなか良かった。着氷姿勢が低く沈みがち。2A二つめは惜しかったが、ステップは力強さもあり、丁寧でもあり、全体的に良い感じだった。

#20 中道実喜選手(総合3位) 濃いピンクで左が長袖右は肌色地にキラキラの模様が入った衣装。3Sは両足。2A+2T綺麗。この選手のジャンプは良いなぁ、進化が楽しみ。最後のポーズの両手の広げ方も良かった。

#21 山野井英未選手 白い衣装。白鳥の湖。はじめ、音楽が掛かるのが微妙に早かったのか、出だしが微妙に切れてしまったのか?掛け直して再スタート。最初のポーズから自分の世界に入り込み、丁寧に踊って見る者を惹き込んでいくこだわりが伝わる。3Tは成功したが、全体的に転倒が目立ちちょっと残念な内容。中盤の3Sは降りたけど回転不足の判定。SlStは全身優雅にかつ速く動けていてトウステップも印象的でとても良かった。最後のビールマンスピンの形の美しさは見事。でも前日の素晴らしい演技と比較すると、こういう曲になるとちょっと姿勢が気になるなぁと感じたり。しかし激しい動きなどは本当に良いし、力がある選手だなと思う。そして昨年の夏季ジュニアでこの選手を見ていた事をようやく思い出した。違うプログラムだったし名前を忘れていて気づかなかったけど、あの時上手いなーと思ったことをはっきりと覚えてる!

#22 平野夏帆選手(総合7位) 暗い濃い青の衣装。サラバンド~クロディーヌ。最初の2Aがかなり高くて大きくて素晴らしかった。3Sは二回転になり両足。ジャンプは抜け・乱れがいくつかあり、良いとも悪いともいえない印象だった。スピンとステップはこの日も落ち着いていて、行儀良く真摯な演技という感じで良かったのだけど。

#23 長谷川奏選手(総合4位) 長めの赤いスカートと黒のボレロ、腰に金色や炎のような色の布。背が高く見える衣装。Gypsy dance。2A+2T良い感じ。3Tで乱れてコンビネーションならず。6分練習の時ここで、3T+両手を腰に当てて2T+片手を上に伸ばして+2T(たしか)→さらにポーズをとる、というのを練習していて、それが凄くかっこよかった。全身の激しい表情、特に強い腕の動きは今までと(SPとも)イメージが180度違ってびっくり。SlStも激しく踊り、顔の表情も見たことがないくらいに大人っぽく、強い女性の表現に果敢に挑んでいた。最後のFCSpで形がちょっと乱れたり、そしてコンビネーションジャンプの跳びすぎがあったり…その辺りがちょっと惜しかった。それでもかなりかっこよかった!さらなる滑り込みに期待。チャップリンの涙から2か月、もはや同一人物には見えないかもしれない。

#24 中村未夏選手(総合1位) ブルーの衣装。トッカータとフーガ。3Lzは両足。3T+2T+2Tは良い感じ。3Loはクリーンならず。2Aステップアウト。単独3TOK。3Sはたしか両足。最後のコンビネーションは1A+2Tに。惜しいシーンが多かった感じ。CiStの流れや大きな動きは見事。激しい音にガシッガシッと合った振りがかっこいい。腕使いは長い腕がより長く見え、大きな大きな演技だった。高品質とか高級感とか、そんな言葉ばかりが浮かんでくるような滑りと身のこなしなんだよなぁ…と思う。プログラムの中で次々に展開されていくリズムに、選手の呼吸が伝わってきそうな所も良い。彼女の良い部分に本当によく合った、良いプログラムだなと改めて思った。
[PR]
by taigayuri | 2010-04-08 21:00 | フィギュアスケート

2010 北日本 3

第39回北日本フィギュアスケート競技大会
2010年4月2日(金)~4月4日(日)
宮城 ベルサンピアみやぎ泉



4/3(土)

ジュニア男子ショートプログラム
(参加資格は5級以上)

#1 渡部幸裕選手 上下青の衣装。コンビネーションの3T、2Aの二つで転倒。だけど凄く高い。2Fは大丈夫。ステップが迫力満点になっていて凄い。

#2 磯崎大介選手(SP2位) 臙脂のシャツに黒のベスト。シングシングシング。3Lo転倒、1F、2A。秋冬のシーズン中と比べるとやや動きが冴えないかもしれない。最後のCCoSpは凄かった。シットスピンの変形で高速回転。ジャッジへのアピールもしっかり。

#3 吉田拓登選手 光沢感のある素材で薄い水色や黄緑色に染まったシャツ、下はチャコールグレーのベロアっぽい素材。ウエストサイドストーリー、だったはず。3Sは決まらなかったけど2Aは迫力があり。キャメルスピンが苦しそう。2Fで片手を上にあげ。熱のこもった勢いのあるステップが印象的。ステップの前に勢い余って壁に向かって突進しそう、みたいに見えたのは振りだったのか果たして。

#4 佐藤洸彬選手 両腕に白と蛍光の黄色・ピンク・黄緑のフリフリのついた衣装。Manbo Medley。2Aはとても綺麗だったが3Sで回転が足りず転倒。2FはOK。踊りは堂に入ったもの。緩急のつけ方が素晴らしい。この大会で3年連続でこのプログラムを見ている。身長も伸びていて、一番変わったと思うのは滑りのスケール。ステップなどはとても良かったが、終わった後は笑顔なし。

#5 木村真人選手(SP1位) 上が濃紺、下が黒の衣装。2AOK。3S+2Lo二つ目で回転足りずに転倒(ディダクションは免れてる)。2FOK。脚がピーンとまっすぐ綺麗に伸びた高速シットスピンは今回も見事。勇ましい演技。チームメイトからの黄色い大声援がMAXに。ところでこの声援、昨年よりも声が低くなってるような気がするんだけど。一昨年はさらに鈴のように高かった気がするんだけど。子供達も成長してるということか、今回は幼いメンバーがいなかったのか。

#6 貝森悠祐選手 全身黒に青のフリルとグレーの模様、黒の手袋。2Aは両足。3Tたしか転倒。2FはOK。腕や手や上半身の動きに主張しすぎない美しさがあってなかなか素敵。一年ほど前に見た時よりも力強さが増し、しっかりした演技になってきている印象。これからの個性により期待。

#7 小平渓介選手 上下黒にグレーが入った衣装、指先が開いた手袋。ミッション・インポッシブル。2Aはとてもシャープ。3T氷に手をつく。2Fは少し急いだ感じに見えたがOK。少しあそびが出てきたかなーと思えた演技。




#8 吉田鷹介選手(SP3位) 赤の上下、中は白のシャツに明るいグリーンのネクタイ。Jumpin' Jack。2Aは詰まった感じで何とか堪えた。3T両足+2T。2Fは大丈夫。非常にクールでNiceです。魅せ方を心得ている感じで、見ている人に「有無を言わさない何か」を持ってるっていうのか。クールだ。

#9 小林奎介選手 上がグレーで右の袖に黒のラインがグルグルと入っている左右非対称なデザイン、下は黒。M.ジャクソンの曲だったような。2Aと3Sは決まらず。2Fは良し。CCSpは乱れる。無機質な音のとり方が印象的で、彼の雰囲気にとても似合ってるプログラム。

#10 植竹恭平選手 黒と銀色の衣装。2A高い。3Sは転倒。2Fは綺麗。CCSpが乱れる。小さくなるシットスピンがとても綺麗。独特の雰囲気に磨きがかかってきた感じがした。フィニッシュで刀を鞘に収めるようなポーズが音にぴったり合っていてかっこよかった。

#11 田村亮太選手 白のシャツ、下は黒。靴が白い。ジャンプはどれも回転が足りなかったり転倒だったり、スピンもなかなかうまくいかなかったが、6分練習の時のビールマンスピンはとても綺麗だった。ジュニアの中では小さくてか細いが、軽やかさや他の選手には出せないどこかいい雰囲気を持ってる。スピードはまだだけど綺麗で滑らかに見える滑り。





シニア男子ショートプログラム

#1 堀之内雄基選手(SP1位) ダークレッドのシャツ(全日本以降の、キラキラがなくなったほう)に下は黒。アルツァフ。3F+3T、3Lz、2A、ノーミス。正直もうむちゃくちゃかっこよかったす。本番で綺麗な3+3、久し振りに見た気がする。改めて、ステップ等の身のこなしが一年くらい前までと比べて別人みたい。長い指も美しく使いながら、凄い力強さと迫力で滑りぬけていきました。見えない何かを振り撒きながら。印象ではもっと上の点数でも良いような気がした。

#2 中村智選手(SP2位) 黒の上下、キラキラ銀色のライン。Pulstar。3T+3Tセカンドジャンプが前のめりになり、氷に手をついたかつかないか。3Fもちょっと堪える感じだったけどOK。CiSt、良かった!スピンもまずまず。最初から凄く気合の入った顔で演技に入ってて恰好良いじゃないですか。そして多分このプロも見納めの今回、良い演技でよかった。(もし)直前滑走者の内容に火をつけられたんだとしたら面白いなぁこの試合!って感じだった。

#3 中村祐輔選手(SP3位) 紫と黒の衣装。剣の舞(+最初だけ2つのギター、だよね?)。3T+2TOK。3S成功。CiStの入りや繋ぎの振りがかなり決まってて、このプログラムこんなにカッコ良かったんだ!って思うくらい、途中までかなり良い演技で来たのに、最後のジャンプの2Aで転倒した後FSSpもミスが出てしまい、最後のスピンも完璧といかず。途中までは本当に良かったのに!





シニア女子ショートプログラム
(参加資格は5級以上)

#1 鳴海さつき選手 白に緑色の縁取りの衣装。四季。ジャンプがすべてミス。ちょっと元気がないが、それでも丁寧に頑張る演技。ドーナツを始めスピンは良かった。とにかく「トリプル」。この試合のシニア女子は、自分が今までに見たことがない類の戦地だった…。

#2 谷川奈穂美選手(SP2位) ダークなパープルと黒の衣装。前髪を下ろしたポニーテール。鮮やかな2A。3T+2Tは回転不足をとられたようだけどさほど問題はなく見えた。3Sは不完全だったものの、全選手の中では良い内容だった。ステップのスピードと流れがとても良い(レベル3だ)、スピンもとても良い質。

#3 中山里咲選手 水百景。ジャンプはミスが続き、最後の3Tでは転倒。不安が大きそうな顔に見えた。ステップの時の笑顔にはホロリとした。




#4 谷川詩織選手 紫色の衣装 ハンガリー舞曲。おでこ出しポニーテール。綺麗な2A。3Loは転倒。最後のレイバックスピンはビールマンのポジションを含め綺麗。伸び伸びとした動きで、曲のテンポに合わせて凄く速くなるステップは流石って感じ。

#5 鈴木真梨選手(SP1位) ブルー系の衣装。シェルブールの雨傘。3Lo+2T、3F、2A、ジャンプすべて成功。記憶では3Loの回転がぎりぎりだった気がしていたけど(6分練習で危なかったせいか)3Fに<がついていた。笑顔で、全身を大きく伸びやかに使ったステップに、この部分のメロディーに弱い自分は泣きそうになる。これ、去年の東日本の喜び爆発の演技が強く頭に焼きついているせい。最後のレイバックのビールマンまで、スピンもどれも質が高く、スパイラルも迫力があって良かった。演技を終えた本人が嬉しそうなのが何より。

#6 川平咲良選手(SP3位) 黒地にキラキラ、スカートの部分に少し青が入って背中が大きめに開いているデザインの衣装。木星。3Sと3Tは転倒。2AはOK。粘りのある動きというか、独特の印象に残る動作。スラリと細く、繊細さも強さも併せ持つそんな感じ。目立つってタイプではないかもしれないけど良い選手だなと今回思った。

#7 佐藤里咲選手 ダークな紫の衣装。エビータ。3T+2T、回転が怪しかった。アクセルジャンプが抜け。3S転倒。ドーナツスピンは綺麗。ビールマンスピンもいい。ああもうジャンプだけー

#8 浅見琴葉選手 下は黒のパンツで左肩から紫と水色の布、金色の模様があり、おへその辺りのポイントがキュートな衣装。おでこに飾り。アラビアンナイト。ジャッジに背を向けてズンズンズンと迫ってくる最初の振付は印象的。3S両足。2AOK。3Tステップアウト。不思議な雰囲気で音によく合ったSlStには惹き込まれる。そして突き当たりから戻ってフィニッシュの流れが素敵。トリプルジャンプに苦労しているようだったけど転ばなくて良かった。
[PR]
by taigayuri | 2010-04-07 22:41 | フィギュアスケート

2010 北日本 2

第39回北日本フィギュアスケート競技大会
2010年4月2日(金)~4月4日(日)
宮城 ベルサンピアみやぎ泉



4/3(土)

ジュニア女子ショートプログラム
(参加資格は5級以上)

#1 吉澤瑞穂選手 白と黒の衣装。オペラ座の怪人。ステップがかっこいい。キャメルスピンのミスとスパイラルの転倒が残念だった。見る人へ訴えかける力がなかなかあるなぁと思った。

#2 加藤美咲選手 薄いピンク色の衣装。2Aは両足。なかなかスピードがあって気持ちがいい。スピンも素敵。最後にビールマンスピン。

#3 野口真紀子選手 青と水色の衣装。2AOK。2Lz+2Tを降りた後腕をふわりとさせる動作が綺麗。2FもOK。スパイラルも良く、SlStの前の振りも音にぴったり。上半身、特に腕がとても磨かれた動きでちょっと鳥肌が立った。とても良い演技だった。

#4 高橋佳子選手 オレンジの衣装。ジャズナンバー。リズミカルな動きと途切れぬ流れで素敵な演技。2Aは両足で踏ん張った後に転倒してしまい残念。

#5 京谷佳凛選手 赤い衣装。(曲名ど忘れ中)ジャンプは回転が怪しいものが多かったが、スピンがなかなか良かった。

#6 滝沢帆乃夏選手 ラ・カンパネラ。2Lz+2T。2Aは回転が足りず転倒。2Fは軸が細く綺麗。中盤FSSpでバランスを崩す場面も。SlStが素敵。半年振りに見たら少し大きくなって雰囲気が大人っぽくなり、一段上のレベルになったと思った。最後のポーズも良かった。

#7 新藤紗梨選手(SP6位) ピンクの衣装。メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲。2Lz+2Loのセカンドジャンプのキレがいい。回転が速く、跳び上がってからきっちり回って降りてくるジャンプが良い感じ。質がどんどん良くなっていくなぁと思った。体もよく動けていて、CCoSpをはじめスピンもとても良かった。

#8 齋藤若葉選手 ピンクの衣装。眠りの森の美女。まだまだ余裕のなさそうな顔で滑っているけど、ジャンプもスピンもなかなか良い感じのもの。いつか化ける、そんなタイプに見えた。




#9 笠松希選手 浅葱色と透ける白の衣装。(曲名ど忘れ中)2Aは回転がギリギリだった(<)。細身だが長い手足が強い武器という感じ。きっともっと美しくなりそうな選手。

#10 及川望選手 白と黒に金色の模の衣装。。Maksimの曲。2A良い感じ。2Lo+2Tも(でも二つ目が<だった)。単独ジャンプは1F。力強さがある。

#11 柿本晶恵選手 黒い衣装。ショートヘア。ジャンプが乗り切らず、ちょっと残念。

#12 斉藤由姫選手 青と白に金色の模様の衣装。リバーダンスより贅沢に名曲だらけのセレクション。曲の速さに合わせてスピードをコントロールできている。首の振りのついたSlStがかっこいい。レイバックスピンも良かった。

#13 鈴木伶奈選手 光沢のある赤に金色が入った、腰に黒のラインが入った衣装。3Sは転倒。2Aは両足だったかもしれない。ウィンドミルの入ったCCoSpが凄く良かった。スピンもステップも上手く、躍動感があり、踊りが凄く上手くなったなぁと思った(今さらかな)。終わった後笑顔でよかった。

#14 長谷川奏選手(SP2位) 純白のレース地っぽい衣装。背中が深いV字に開いている。よく見るとシッポが付いている。CATSのMemory。早い話が白猫である。最初の2A綺麗。3Tは良かったが+2Tでややステップアウト。2FはOK。サビのパートでスパイラル。CCoSpからハッと止まってステップへ向かう流れが凄く素敵。ピアノの流れるような調べに身を任せたSlStにうっとり。最後はLSpから祈るようなポーズでフィニッシュ。全体的に静かなアレンジなので難しそうだけど、恋してるような笑顔で女性らしさを前面に出した素敵なプログラムだった。

#15 宮脇綾音選手 黒い衣装、裾が赤いスカートと二重。コンビネーションジャンプは詰まり気味。2A両足。2Fギリギリ。最後のFSSpでも止まりそうになってしまったりでフィニッシュではちょっと残念そうな様子。スパイラルはよく伸びてノーマルもY字も凄く綺麗だった!かっこいい系のプログラム。

#16 渡辺佳奈選手 濃い目の紫とピンクの衣装がよく似合う。人それぞれに似合う色ってあるんだなぁって、しみじみ思うくらいこの選手に合っていた。動きは良かったように思うけど、ちょっとジャンプが乱れ気味だった。




#17 土岐胡桃選手 ピンクの衣装。出だしの勢いは良かったがジャンプが決まらず、フィニッシュではやや元気なく。

#18 菅野沙耶選手 黒地の金の模様。Fiddler on the roof。2Aはギリギリだったかも。しかし落ち着いている。凄く落ち着いて一つ一つの動作を行う選手だなぁと思う。2Lz+2Tと2Fは綺麗だった。スピンもなかなか速かった。良い演技。

#19 太田原春菜選手 白地に銀色が散りばめられていて、遠目はライトグレーに見える衣装。くるみ割り人形。後半ちょっと疲れが見えた。

#20 渡部のぞみ選手 ライトブルーに黒の縁、前後身頃に白の模様。スラリとした体型に似合う素敵な衣装。MaksimのWonderland。この選手の腕・手の動き、使い方が個人的に好きかもしれない。2Aは両足、2Fは転倒。でも素敵な選手だ。

#21 中道実喜選手(SP5位) 蛍光イエローにオレンジのダイヤ柄。たしかJesus Christ Superstar。軽々2A。2Lz+2Lo。ステップに躍動感。2FもOK。隙がほとんどないハイレベルな演技。すべてが良かった。上手い。ちょっと大人っぽくなった感じ。

#22 中村未夏選手(SP1位) 淡い薄紫に緑色が入った衣装。自由。3Lo降りてこらえて小さなターンが入って+1T。3F回転足りず両足。2Aは綺麗。ジャンプ二つは不完全ながら、ただ一人難易度が断トツで高い構成。SlSt途中の様々なポーズ・シルエットが絵になり凄く印象が強い。ラストのCCoSpもとても良かったし、大きくて伸びやかで際立って見応えのある非常にゴージャスな演技だった。先日五輪のペア競技をTVで見ていたら、急にこの選手の演技が無性に見たくなって…(他の選手にはない、ペアにも勝る迫力ですかね)会場でエントリーに名前を見つけてかなり嬉しかった。

#23 井原夏見選手 濃い青みピンクと薄いピンクの衣装。シェヘラザード。2Lz+2T。2Aは斜めになり転倒。6分練習では良い感じだったのに惜しい。2FはOK。最後のCCoSpのシットポジションでバランスを崩してしまい残念。スピン止まってバッとポーズ、決まったらかなりカッコ良さそう。何気にかなり色々と上達している印象で、能力の高さを感じるというか、成長株って感じ。

#24 菅沼美柚選手 青のノースリーブの衣装。(曲名ど忘れ中)例えて言うとラムネソーダみたいに爽やかな感じの動き。スパイラルがスピードがあって良い。不意の転倒があり、氷に強く打ち付けた手がとても痛そうだったが、最後までそれを感じさせない演技で、凄く頑張りを感じた。




#25 佐藤千富美選手 黒のホルターネック、背中に紐が三重にクロス、スカートの一部が紫色。長手袋。ムーランルージュ。とても丁寧に振付を演じる選手。スピンとステップがかっこいい。手の使い方も綺麗。スタイルも美しく大人っぽい。2Aを降りた後スピンの入りで転倒し、最後はスピードがなくなったが、とても素敵で良い選手だと思った。そしてまだノービスの選手だと知りびっくり。

#26 吉田陽香選手 緑がかった薄い青と白の衣装。3T+2T綺麗。2Aはかなりのスピードから跳んで、加点の貰えそうな質だと思ったのに着氷直後に転倒してしまい惜しい。2FはOK。なかなかの良い動き、良い演技。

#27 平野夏帆選手(SP3位) 黒に銀色の柄の衣装、黒手袋。迫力のある2A。2Lz+2T、2FもOKでノーミス。とても品がある。落ち着いていて、安定感のある好演技だった。

#28 山中里紗選手 黒っぽいノースリーブ。(曲名がわからない!)ダンサブルでスピーディーなSlSt、LSpも速い、スパイラルも上手い。2Lz+2Tは詰まった感じで怪しい降り方。2A転倒。2Fもバランスが崩れてしまい、ジャンプは残念な内容だったけど最後までしっかり演技をし、ショート16位、凄い!ジャッジへのアピールも、笑顔も踊りも満載の演技。すっごく上手くなっててびっくりした。

#29 荒川里奈選手 黒にオレンジが覗く衣装。2Aは綺麗に決まらなかったが2Lo+2Loが綺麗。スピンも上手い。バランスの良い選手の印象。安心して見ていられた。

#30 車﨑芽生選手 黄味がかった青に白の模様。身のこなしから見てとても器用そうな印象。舞台映えするというか、遠くから見ても表情のよく分かる顔で、演技力がある感じもする。スピンのポジションも凝っていたり、アピールの得意そうな良い選手。きっと笑ったら花が咲いたようだろうな。

#31 川畑いずみ選手 オレンジに白が全体にかかった衣装。ミディアムテンポのKanon。2A成功。3Tは両足っぽくて惜しく+1T。2FはOK。最後のビールマンスピンがとても綺麗。スピンはとても上手だし、ジャンプの前後の流れもとても良く、全体的に良いし更に伸びしろもかなりありそう。ステップとかはまだノービス~ジュニアに上がりたての選手ならではの、一生懸命でいっぱいいっぱいな感じがあって、そんな等身大の魅力もいいなと思う。

#32 浜田良奈選手 オレンジ色の衣装。2Aはステップアウト。2Fは綺麗に見えたけど<が惜しい。軽やかさが良い演技。




#33 STEWARD MARIKA選手 薄いブラウンとエメラルドの衣装。Otonal。まだノービスの選手なのにこの曲が似合う魅力がある。2A、2Lz+2T、2FすべてOK。ジャンプもスピンも逆回転。

#34 浅見和選手 黄色に少しオレンジが入った衣装。前に見た時よりも少し力強さが加わってきている気がする。演技の流れも良くなってる感じ。ジャンプ2ミスが痛かったけど、最初のLSpは綺麗だった。あどけない可愛さ全開のプログラムの隙間から大人っぽさが垣間見えてきている。

#35 青柳美優選手 濃い青、長袖手袋デザインの衣装。英雄ポロネーズ。ジャンプは本番はコンビネーションと2Aでミス、しかし軸の細いジャンプを見ているとまだまだ力がありそう。スラリとした長身で首が長く綺麗。クールで淡々とした印象もあるが落ち着きがあって、氷の上で良い雰囲気を出していた。

#36 山野井英未選手(SP4位) ブラックベリーっぽい色の光沢のある衣装、肩から指先までが透ける黒。スカートの形も変わってる。3S+2Tはちょっと回転がぎりぎりっぽかったがセーフ、2FOK。勢いに乗っていたが2Aの転倒が惜しい。本日初(寝ぼけて見逃していなければ…)と思われるドーナツスピン~綺麗なシットスピンなどのCCoSpが凄い。LSpもかなり速い回転からビールマンへ。スプレッドイーグルも綺麗。スピードもあり、身のこなしも素晴らしく関節の可動域が広く、かなり激しく動けていていて目を奪われた。SlStの少なくとも上半身の動きはトップ選手並みの素晴らしさじゃないかと思うくらいで、感動してしまった。この選手は凄い!レベルが高い!この日、インパクトでは一番だったかもしれない。ちばの選手なのに今までに見覚えがないとかって、自分ブロック大会でどこ見てたんだろ…って思ったら今季は棄権してたんだ。他の大会でも見逃していたんだな。今年の秋からはジュニアかそうか…まだまだ良い選手がいるんだなぁ…。

#37 佐藤恵里佳選手 濃い緑のセパレート風パンツ衣装。ちょっと不安定な感もあったが、ジャンプは迫力。スピーディーな音楽によく合った動きも良かった。

#38 板橋由莉選手 紫に山吹色の衣装。(曲名ど忘れ中)ジャンプもスピンもまずまずの質という風に感じた。リズムにも乗れていて良かった。最後のスピンが終わらずに曲から遅れてフィニッシュだった。

#39 増田千鶴選手 薄めの水色の衣装、スカートがピンクと二重。Allegretto。ジャンプ前後の流れが良い感じ。動ける!SlStがとても良い。ステップ冒頭にパキパキ踊るの印象的。スピンも良かった。荒削り感もあれど、勢いがある選手だと思った。

#40 鈴木円選手 黒に金色か銀色がキラキラ光る。サラバンド。ジャンプは乱れたがスピンはまずまず。丁寧に演技するところがいいなと思った。

Memory
[PR]
by taigayuri | 2010-04-07 21:35 | フィギュアスケート

2010 北日本

第39回北日本フィギュアスケート競技大会
2010年4月2日(金)~4月4日(日)
宮城 ベルサンピアみやぎ泉



僭越ながら感想メモ

4/3(土)

Dクラス男子(無級以上)フリースケーティング

#1 佐藤選手 紫と白などの鮮やかな衣装。踊り心、表現の心得といったものが伝わってくる演技。

#2 池田選手 黒地に金と赤の衣装。スピードがなかなかあると思った。



Cクラス男子(1級以上)フリースケーティング

#1 大山選手 上がシルバーグレー・下が青の衣装。たぶんドラゴンクエストのテーマ。1Aや二度目の2Sが綺麗だった。冒険の旅をしているように見えたSlStがかっこよかった。グッときた良い演技。前に見たのはいつだったか、ずいぶん大きくなったような気がする。好感も高く、ちょっと期待したい選手。

#2 黒木選手 黒に赤の模様の衣装。CiStが速く動けていて、可愛い手の動きが印象的だったり、元気な演技。

#3 太田選手 黒い衣装。袖に赤が入っていたかも。聞き覚えのある黒猫のタンゴ。丁寧で時間も長くとったSlStが良かった。

#4 清野選手 黒い衣装。007。なかなか伸びやかな演技。CiStの途中で転倒してしまいながらもとても頑張っていて良かった。

#5 齋藤選手 グレーのベスト。首のスカーフと手袋が濃い水色。パイレーツオブカリビアン。ツイズルが速い。かっこいい。



ノービスB男子(3級以上)フリースケーティング

#1 福来達紀選手 黒にシルバーの縁のベスト、背中に銀の十字。スピンが結構凄い。スタイルも良くなかなか素敵でかっこいい演技だった。

#2 渡邉理久選手 黒い衣装。彼も長身で見栄えのする選手。腕がピーンと伸びている。手にとても気を使っていて気合の入った演技。

#3 佐々木健太選手 黒ベースで左肩から袖のあたりが薄い黄緑と白の衣装。青森チームの大応援団が朝から凄い。スピードがある。ジャンプも良い、シットスピンの姿勢も良い感じ。






ノービスB女子(3級以上)フリースケーティング

#1 松宮由佳選手 水色、スカートの裾二色使いが美しい衣装。チャルダッシュ。回転の速いジャンプが印象的。 

#2 野中梢選手(3位) 紺色系の衣装。長手袋。リバーダンス。良いY字のスピン、良いレイバックスピン、スパイラルの脚も高く上がり、ジャンプも高め。2Loなどが良かった。

#3 工藤真実選手 ピンクの衣装。長手袋。(タイトル何だっけこの曲。)最後の3連続ジャンプは凄く頑張ってて良かった。その後にジャッジの前でスピンをミスしてしまい悔しそうな様子でのフィニッシュだった。

#4 中村美優選手 上が白、下が黒の衣装。長手袋。顔の表情を頑張って意識してる様子で、スパイラルなどとても頑張っていた。




#5 榎林萌選手 赤と黒の衣装。黒い手袋。ベートーベンの悲愴(たしか)。曲のアレンジが面白くて気をとられた。

#6 渡邉美月選手(1位) 赤のノースリーブ。セビリアの理髪師。動きがハキハキとしていてキレがあり、できる選手という感じの身のこなし。ジャンプにもキレがあり、スピードもある。上手い。

#7 大内まひろ選手 赤い衣装。ガーシュインのピアノ協奏曲。中盤から後半の盛り上がり(※ユナ・キムの今季の同曲フリーでSlStだった部分)のパートをゆったりとしたスパイラルを表現しているのがとても合ってると思った。身のこなし、特に上半身、腕・肩・背中の使い方がなかなか綺麗な感じ。踊れる選手の匂い。ジャッジへもしっかりと目線を送って演技をしていたり。

#8 小山明日香選手 ブルー、長手袋デザイン、スカートがオーロラみたいな衣装。背が高く脚も長いが初々しさも残る雰囲気。

#9 Scott Katie選手(5位) 深い紅色というか臙脂色というかそんな色の衣装。ジャンプが大きくて凄くいい。スピンもいい、スパイラルもいい、表情も笑顔が自然で素敵、全身が伸びやかで、採点の身のこなしの項目も文句なく良い点が出るだろうと思った。滑りも良いし、これはPCSともども楽しみだなぁと思った。素敵だった!

#10 若林京香選手 水色のセパレート風のパンツスタイル。腰にたくさんついた金色の飾りが、動くたびに揺れてジャラジャラと音を立てるのがなんだか可愛い。アラビアンナイト。

#11 菊池柚衣選手 なんか笑いながら出てきた!動きにキレがあって、チェックが綺麗。スピンも良い感じ。スパイラルでガタガタとバランスを崩しかけて危なかった場面もご愛嬌っていう感じで。凄く華がある。この子はかなり良い!と思った。




#12 武田奈々選手 濃紺の衣装。(シュトラウスの曲だったような…気がする)周りの選手と比べると一回り小さな選手。ジャンプの回転がなかなか速く、数年後には質の高いエレメンツを並べていそうな気がする。なかなかの演技だった。

#13 川住純菜選手 茶色にピンクのフリル。このクラスの中では大きい方。キュートなポーズが印象的で、曲のテンポをよく掴んだ演技。

#14 熊谷佳那子選手 濃いブルーと白の衣装。木星。全体的にしっかりしていて苦手科目のなさそうな選手。顔の表情などのプラスアルファはまだこれからという感じ。ノーマルポジションのレイバックスピンが綺麗な形。

#15 石川遙選手 黄色に黒の模様、黒の長手袋。氷の上で大きく見えるタイプかもしれない。本番は怪しい着氷がいくつかあったが、ジャンプの回転や着氷がシュパっと独特。ハキっとしてて目立つ。

#16 小舘彩季選手 黒と白、オレンジの小さい花が鏤められた衣装。このクラスでは大きめな方。ジャンプがちょっと重ためだったかもしれないけど、スピンが良かった。丁寧なお辞儀が好感度大。

#17 佐藤央選手 濃い紫と薄い紫の衣装。このクラスでは大きい方。ジャンプはシングルばかりになっていたけど、笑顔が良かった。スパイラルの笑顔が特に。動きも堂々としていて、決して悪くなかった。

#18 林奈々葉選手 白に黒のラインとリボンという衣装。マイフェアレディ。ずっと顔を上げて演技をしていて、物怖じしない雰囲気が良かった。笑顔も良かった。




#19 槇麗選手 長袖で白と黒、緑の四葉のクローバー。In The Mood。首を倒した最後のアップライトのスピンが印象的だった。

#20 ラスムソン リア選手(7位) ジャッジへのアピールがとても上手な選手。ポニーテールを弄る仕草をはじめ多様。音を細かく拾って踊れるし、滑りの伸びもなかなかというように見えた。

#21 北村萌選手 赤のワンショルダー風衣装。赤と緑の髪飾りが可愛い。カルメン。ジャンプとスピンの質がなかなか良さげ。とても頑張ってる!っていう感じのする演技だった。

#22 山本寛夏選手 濃いオレンジ寄りピンクの衣装。エスパーニャ・カーニ。このクラスの中では大きめで、見栄えがするスタイル。大人っぽいし綺麗。青森の応援が賑やか。

#23 鈴木潤夏選手 スレートブルーの衣装。冒頭に音楽トラブルがあり、しばらくの間待たされた。再びコールされスタート位置に向かう際、仲間からの「がんばれー大丈夫だよがんばれー!」の思いやる声にこっちが泣きそうになってしまった。ジャンプその他は不調だったが、笑顔を最後まで忘れずに演技していて、強いなって思った。

#24 小林聖依選手 赤のタータンチェックが中から覗く可愛い衣装がとても目を惹く。行進曲。この中では小さい選手。絶やさない笑顔が可愛い。人に魅せたいという意識が伝わってくる演技。

#25 武田祐佳選手(8位) 黒のホルターネック風にピンクの模様。髪にもピンクのリボン。アイリッシュ系の曲(ロードオブザダンスとかだったかな。)ジャンプが高い。スピンは速い上手い綺麗の三拍子。スピード感があって、見ていて気持ちが良い演技だった。




#26 船林ひとみ選手 水色の衣装。ワルツ。スピンがかなり上手い。ビールマンスピンが凄く良い。ジャンプもなかなか良かった。

#27 牛山宏美選手 和服風で赤に黒の帯、金色の紐。ムーラン。このクラスの中ではそこそこ大きい。ちょっとジャンプのミスが多かったが、スピードはあった。最後のスピンが間に合わず曲から遅れてのフィニッシュになったが、最後のポーズをとるまできっちり。まだやや淡々としているが、なかなか端麗。

#28 大槻彩夏選手 深い赤の衣装。コーヒールンバ。なんとなくこそばゆい感じの振付、演技が可愛い。

#29 浪打真名選手 水色と白の衣装。動きの勢いが最後まで落ちず、技の繰り出されるリズムもいい感じ。

#30 香取妃乃選手 黒と、赤に黒い水玉模様のフリルのスカートと袖。前半はなかなか良かったのだけど、途中からスピードが落ちてしまったのがちょっと残念だったかもしれない。

#31 岸浪由妃乃選手 赤い衣装。音楽が鳴ってすぐの踊りから可愛くて惹き込まれる。踊れるしそれ以上にとても表現力があるという印象。音に合った振付を笑顔で元気に滑り、色んな小技も効果的。素人目にプログラムの難度も高そう。滑りも滑らかだし、技術力も高そうな気がする。印象に残った選手。

#32 佐藤真由選手 紫と水色の衣装。まだか細い印象だけど清楚でなかなか良い空気を醸し出していた選手。

#33 長谷川穂乃花選手(2位) 赤の衣装。長手袋。最後の独特な形のレイバックスピンが綺麗。I字のスピンも良い。ジャンプのキレもなかなかで、軽やかさが魅力的な選手だと思った。




#34 斎藤菜月選手 青と水色の衣装。最初の1Aを降りて両手を上にフワリと上げながらの笑顔に惹き込まれる。とても表現の心のある選手だなぁという感じがする。特に手の表現が美しく、柔らか。自分の世界を持っている感じがした。

#35 飯沼彩果選手(4位) 薄い水色と白の衣装。モルダウ。背が高くて脚が長い。ジャンプになかなか高さがある。

#36 田畑あかり選手 クリーム色。眼鏡をかけている。途中、不意に転倒があったが、すぐ起きてすぐに元のスピードに戻ってスパイラルに入ったのが凄いと思った。

#37 播田實澪選手 黒と赤の衣装。こうもり。結構迫力がある演技。溌剌としていて、明るくて良い感じ。

#38 斉藤泉選手 ブルーの衣装。ラプソディインブルー。なかなか良い内容だった。

#39 吉田衣里選手 薄いエメラルドグリーンの衣装。SlStが良かった。後半がちょっと惜しかったな。

#40 浪江由梨香選手 明るい黄緑っぽい、ちょっと変わった色の衣装。笑顔で凄くキュートな踊りができる、いいキャラクター。全体的に良いものを感じる。フィニッシュ近く、音楽が少し余ってしまったのか、音楽に合わせて腰を左右に振って踊って待っていたのがむちゃくちゃキュートだった。このアドリブ力は凄い。かなり印象に残った。

#41 山寺由莉選手 赤とピンクの衣装。スピード感があって、速い動きができて良い感じ。ジャンプもなかなか良かった。
[PR]
by taigayuri | 2010-04-04 18:20 | フィギュアスケート
第11回 プリンスアイスフェスティバノレ
平成22年3月20日(土)
新横浜スケートセンター


第1部オープニングのソロ <チャンピオン スケーターズ>
印象に残ったスケーター→ マイケル・ジャクソンのグリーンさん。このショーはここから始まって最後までマイケル中心に構成されてた。ユナ・キムの007を真似てたのは折原さんだったかなうろ覚え。小田切さん。ジャンプが高かった丹羽さん。上手くできて嬉しそうに先生とハイタッチしてた小林君。永田あみさん。Over the rainbowの田尻麻友さん。3Sを降りてガッツポーズ、泣く子も黙るレイバックスピンで観客を大きく盛り上げた花城みなみさん。スピンが印象的だった山崎ありささん。松村成君はHey Pachuco。小松原&水谷組はYou're Beautiful(だったと思う)。石川翔子さんは海の上のピアニスト。

無級・初級・1級クラスの<ジャクソン 43>
一番小さいと思われる女の子が目立っていた。

あいすふれんどクラス<千年の恋>
大人のナンバー。最後はご夫婦のダンスカップルが結ばれるストーリー(多分)。

2級・3級クラス<ディズニーメドレー 2010>
並びが背の順になっているのが綺麗。後の方から出てきたグループにいた、やはり一番小さいと思われる女の子。隅っこのポジションだった子。かなり光っていて目が離せなかった。ソロジャンプでは2Lo、ドーナツスピンもやっていた。今後が気になる。いつか名前がわかるかな。

6級・7級クラス<シング シング シング>
圧巻だった!すごいスピード感。全員が主役級。順に跳ぶアクセルジャンプで、2A着氷率が尋常じゃなかった。背がずいぶん伸びたなぁと思う選手、綺麗になったなぁと思う選手もいれば、試合の時とメイクやヘアの印象が違いすぎてなかなか分からなかった選手もいたりして、とにかくどこを見ていいか分からないくらい満足度の高い演目だったし、全員が光ってた。強いて挙げるなら、やはり一番小さい山口凜華さんの天真爛漫オーラ、隅から隅まで楽しみ尽くしてる感のあった花城みなみさんの溌剌さ、がお姉さん達の中でも光って見えたかな。鈴木星佳さんも気になった。7級選手が7人いるのかな。このレベルになると皆、試合とは全然違うこのショーをエンジョイしているのがひしひしと伝わってくる。楽しんだ者勝ちということを知っている感じ。

小松原さんと水谷君はオリジナルダンス。

村山君のソロはショートプログラムに使えそうなナンバー。ローレライ…だった?



第2部

4級・5級クラス<フォッシィー オン アイス>
去っていく時の振付がそれぞれたいへんキュートだった。

Bコースクラス<ダンシング クイーン>
全員大人の女性。ハイレベルでびっくりした。

ボーイズ&メンズクラス<キング オブ スケーターズ>
サングラス、皮ジャン姿などでキングを競い合ってた。

石川翔子さんソロは初めて見るナンバー。3T+3Tはちょっと惜しかった。3Fも鮮やかに決めてた記憶があるけど、それがソロの時かいつだったかは忘れた。身のこなしのしなやかさは更に増していて、どんどんどんどん美しくなっていく!

特別ゲストに村主章枝さん。ショートプログラムのG線上のアリア。3F、3T、2Aを綺麗に成功。最後は高速スピン。無駄のない動きに、トップスケーターの格の違いを見せてもらった。

出演者全員でフィナーレ
WE ARE THE WORLDなど。
[PR]
by taigayuri | 2010-03-24 19:50 | フィギュアスケート

2010 三笠宮杯

第58回三笠宮賜杯中部日本スケート大会フィギュアスケート競技
平成22年3月6日~7日
山梨県甲府市 小瀬スポーツ公園アイスアリーナ





今回の大きな収穫
 ・久し振りに見た石川の本田さん
 ・静岡の山本君!!!
 ・女子、愛知県と山梨県の接戦
 ・男子ショート首位ノーミス
 など




感想

女子

愛知県(近藤1位・中村2位・日置7位 団体1位 21連覇らしい)
 日置檀さんはものすごいスピードからのジャンプがショートではよくコントロールできていて、最後の方でスピンが抜けるミスがあって苦笑いのフィニッシュだったものの、良い演技だった。フリーではそのスピードのコントロールがきかなかった様子にも見え、ジャンプがほとんど決まらない残念な内容だった。 中村愛音さんは不調。2Aは良いけど、3回転が練習でも本番でもとにかく調子が悪そうだった。滑りも動きも何だか荒くて。焦りとかやっぱりあるだろうか。落ち着いて、取り戻していってくれたらいいなと思う。 近藤里奈さんショートの3T+2Tは3Tでお手つき。滑りのスムースさ、身のこなし、見事。最終滑走だったフリーはノーミス。とにかくスピードとスムースな流れは圧倒的だった。練習ではそれほど好調に見えなかったのに凄い集中力だと思った。フリーでは特にダブルジャンプまでフリーレッグが巻きつきまくっていたのだけど、それをカバーして余りあるほどふわ~っと天高く跳んでいくっていうか飛んでいく。スピンも速く、レイバックが美しく、素敵な演技だった。そして改めて、胸元が大きなリボンの深緑色のAラインのワンピースが可愛すぎた。


石川県(本田13位・横川18位・高山19位 団体6位)
 高山美由季さんのショートの衣装は個性的だった。袖とスカートが黒いカーテンを纏ったみたいな。出だしいきなりスパイラルだし印象に残る。レイバックスピンが綺麗で、以前の印象よりとても素敵になった気がした。 横川真波美さんもレイバックスピンが綺麗。ジャンプは両足になったり完璧にはいかなくとも根性で降り、それをリンクサイドの石川チームが一生懸命応援してる姿がむちゃくちゃ可愛くて、こっちも応援したくなる。 本田愛さんのショートは黒に銀色のキラキラの模様が入った衣装。出だしのFSSpでミスし、ジャンプも危なっかしかったりしたものの、何だかとても応援したくなる演技。小柄だけどバランスが良くてシルエットが綺麗。フリーはローレライ。こちらも黒い衣装で、肩から腕の辺りやスカートの部分の透け感のある素材が変わった感じで、柄も綺麗。決まった2回転ジャンプは質がよく、スピンも綺麗でなかなか良かった。見たのは久し振り。素敵な選手だなぁと今回思った。


岐阜県(小林9位・永田12位・横山15位 団体5位)
 永田有里奈さん、ショートは優しすぎる感のあるタンゴ。プログラムの今後に期待。二日間ともジャンプの調子は上がらず。 小柄な小林朝香さんは若々しく元気のある演技。本番では少し乱れたけどキレのあるジャンプ。スピンのチェンジエッジも見ていて綺麗だった。


静岡県(梅林8位・片部10位・青野14位 団体たぶん4位)
 片部咲里さんのショート 2Aはこらえ降りややオーバーターンだったが、ステップから直ちに跳んだジャンプが流れがあってとても綺麗。スパイラルのエッジの切り替えも上手く、スピンも速く、全体的にスピードもあってさすが上手いなぁって感じだった。 梅林暁乃さんはスピンもスパイラルもビールマンの形が綺麗だった。背の高さと雰囲気で、独特の魅力を放ってる。 青野満梨香さんはこの中ではまだ幼さが残る感じだが、清楚な存在感があった。


富山県(安村17位 団体7位)
 安村円花さん一名のみの出場。昨年催された同大会のBクラスに出場経験があったはず。回りの選手達と比べたらまだちょっと固くて、探り探りな部分も初々しさに溢れ、ジャンプは一つ降りるごとに見ていて嬉しくなるような、そんな感じだった。頭の高い位置にルーズなお団子が可愛かった。ショートの、紫の模様が入った白のノースリーブ×パンクなヘアスタイル×くるみ割り人形 が新鮮だった。


長野県(那須野5位・野口11位・佐々木16位 団体たぶん3位)
 野口真紀子さんはショートノーミス。コンビネーションスピンのシットポジションでかなり深くしゃがんでいる。ステップが着実に進化している感じがした。2A成功認定。フリーでは痛そうな転倒があったが、それ以外はなかなか良い印象だった。シリアスで不穏なピアノの雰囲気に女性らしい美しさの増した演技がよく合っていた。
 那須野光さんもショートは完璧。3T+2Tはかなり綺麗で、2Fは右手を頭上へ高く上げながら。レイバックスピンが美しい。フリーのジャンプは3T+2Tや2A3回(うち一回はお手つき)など成功。コンビネーションジャンプの回転の判定が厳しく、他の選手も少しでも甘い+2回転には軒並み「<」が並んでいたが、見ていて気になるほどではなかったように思う。FCSpの美しさが見事。I字も入ったラストのCCoSpも良かった。今年に入ってから見た試合はいつもとても落ち着いて、良い流れに乗っている感じがする。
 佐々木優衣さんはこれが現役最後となる試合。ショートは真っ白な衣装。Secret Gardenの"Illumination"。ジャンプは三つともふわりと柔らかく、演技も隅から隅まで柔らかく優雅だった。スパイラルが綺麗。フィニッシュは曲から遅れたけれど最後のポーズまで丁寧。フリーは対照的に黒の衣装で、リズムに合わせた軽やかな演技。ジャンプには若干慎重さが、顔にも少し緊張の色が見えた気がしたけれど、極めて丁寧に、振付を大切に演じる彼女の良い所は最後まで顕在だった。この数年見させてもらううち、加速度的に美しく華やかに素敵なスケーターになった選手でした。この先の新しい世界での活躍も楽しみにしています。


山梨県(遠山3位・河西歩4位・河西佳6位 団体2位)
 河西佳弥さんショートはカルメン。2Aは6分練習の時から自信が無さそうな様子だったが、本番では少しだけ危ない着氷。3Tもちょっと自信なさそうに入って両足+2T。2Fは腰に両手を当てて。LSpやスパイラルの見せ方は素晴らかった。全体的に不安が見え隠れして、調子が良くないのかなという感じだったが、レベルの高さはしっかりとアピール。フリーの紫の衣装はシンプルなデザインだけにスタイルの良さが引き立つ綺麗な衣装だなと思う。2Aは後半に向けどんどん良くなっていった感じ。3Tはこの日もちょっと不安そうだった。3Sはなかなか良かったと思う(<ついちゃったけど)。ビールマンスピンが綺麗で、全体的になかなかの印象だった。
 河西歩果さんショートはリベルタンゴ。黒と赤の衣装。一見ノーミスだったのだが<が二つついてしまい厳しい。スピン・スパイラル・ステップすべてでハイレベルな印象を残したが、ビールマンのポジションが綺麗に決まりきらなかったり、全体的に少し固さとか隙があったような印象も。フリーはキラキラが綺麗な赤の衣装で、初めて見た気がする。そしてこちらもリベルタンゴ。ノービスのフリーで使っていたプログラムはこれのはず。同じ曲を使っているがアレンジや編集がかなり違う。トリプルジャンプ3種類に2A2回など成功。3Tで一度の転倒があった以外は素晴らしい内容。3Loをはじめ<がたくさんついてしまってるのがまたまた厳しく課題を残す格好となったかもしれないが、3つともシットがメインだったスピンはクオリティが高くすべてレベル4を揃え、ストレートラインステップはキレキレで凄い。ラストへ向けてかなり速いテンポになっていく音楽にぴったりと同調して、観客を引っ張っていく。このプログラムには圧倒的な「凄さ」がある。少なくとも自分が見たどの試合の時も、終わった後の拍手や反応が凄いのだ。弱冠13才の選手が演じているとは思えない大人っぽさであるのに、無理のないナチュラルな演技のように感じられるのだから凄いと思う。しかも今試合最年少なのに。最初と最後のお辞儀の動き一つをとっても、相変わらず見る者の目を惹きつける美しさには、意識の高さがくっきり。ショートの方はもしかすると、ほぼ完成されたフリーと比べてまだ煮詰めていく途中の段階なのかもなと思った。すでに1月の全中2位で注目を浴びている彼女だが、来るジュニアシーズン、プログラムの布陣も併せて楽しみなことだらけである。
 遠山由華さんはショートで白と水色の初めて見る衣装。3Lo+2Tは3Lo<の判定だったがとても綺麗に見えた。3Fはテイクオフが少し遅れた感じで低空になり転倒。2Aは降りた後腕をふわりとさせる流れまで綺麗。すべてレベルが4のスピンもスパイラルも素晴らしく、SlStも、そして笑顔も良かった。何故だかとてもジーンときてしまう演技で、最初にこのプログラムを見た時にはまだ今よりも幼かった彼女の姿だったり、今シーズン初めて出場した全日本ジュニアでの演技の記憶が呼び起こされるような感覚があった。今になってようやく知ったのだが、この曲のタイトルは「タイムメッセンジャー」。もしかするとノービスからジュニアに上がった今シーズンまで、数年掛かりで選手自身を表現した壮大なプログラムでもあったのかもしれないなぁ…と思ったらまたジンときた。フリーは水色の衣装で上松美香の"風"。最初の3Tは転倒。3Loは少し回転不足。3Sや3Tのコンビネーション、2Aからの三連続など成功。ストレートラインステップでの、音楽がだんだんと盛り上がるにつれて風を巻き込んでいくような腕の動き、そしてやがて大きな風になっていくような全身の大きな表現がとても感動的だった。スピンも美しく、特に最後のドーナツスピンが良かった。とても美しくてあっという間の濃い3分半だった。今大会、ショートでは3F、フリーでは3T2回というジャンプの構成。まだ時々回転不足もとられがちだが、6分練習等で見ている限り3回転ジャンプは5種類とも決まるととても美しい。表現に関しても、型に嵌まることなく、幅のある選手になっていきそうな気がする。良いものは全て揃っている、可能性の塊のような選手。順調に育ってくれることを願ってやまないが、それ以上に、その時その時のこの選手の「今」を堪能させてもらえるのが、何よりの喜び。(他の応援してる選手にもあてはまる。)
 今年の三笠宮賜杯で一足早く、山梨のこの3選手が揃ったジュニア(ルール)の試合を見ることができた。地元開催だったからというだけでなく、一番の勢いを見せたのはこの中2と中1の若い3人だったと思う。リンクの上で単独で見るととても大人っぽくて大きく見えるのに、6分練習で年上選手達と混じっていると、まだまだ細くて幼さが感じられて意外な感覚だったが、21連覇が懸かっていたという愛知県とは接戦になった。来年以降も、愛知県が連勝記録を延ばしていくのは楽ではないはず(※浅田真・安藤・鈴木の超一軍派遣の場合を除くっていうかそれ日本代表)。来年度は国体にも山梨から二選手の姿がきっとあるだろうし、全日本ジュニアも或いは複数選手が…と楽しみは膨らむ。





c0039936_337545.jpg
↑ 表彰・閉会式



c0039936_3371763.jpg
↑ 中京テレビ

[PR]
by taigayuri | 2010-03-10 00:27 | フィギュアスケート