しれっと


by taigayuri

2008関東ブロック 2

’08関東フィギュアスケート選手権大会

2008年10月11日~13日
小瀬スポーツ公園アイスアリーナ (山梨県甲府市)


10/12(日)
晴れ。とても気持ちのよい青空。小瀬スポーツ公園内をお散歩するのに絶好の日和。
その頃甲府で実しやかに流れる佐々木彰生JGPイギリス大会出場の噂。
イギリス大会に出るなら出発はどう考えてもフリーの翌日つまり2日後。果たしてどうするのか?
早朝の公式練習で渦中の佐々木選手の姿もしっかり確認。ジャンプの調子はいまいち?
土生君の曲が掛からない!中村智君が曲を掛けずに引き上げてゆく。
シニア男子は小林宏一選手一人で20分間の公式練習。
如何とも説明し難い不思議な空気だった。静寂の中、見られ放題。見放題。



ノービスB女子
チェックが甘くて上位をごっそり見逃す。わずかなメモから

河西萌音選手 三番目の刺客?(地元だけど)はまだ少し小さい。ジャンプはやっぱりキレている。白に水色の綺麗な衣裳。
神代選手 ジャッジの顔をよく見ている。
松原選手 ハリー・ポッターでまるで男の子な衣裳。脚が長くてしかもオールバック、かっこよかった。
尾山選手 滑らかでスピーディーなスケート。上手い選手になりそうだなと感じた。
長田選手 終始絶えない笑顔に元気な演技で好感度が高い。
中田選手 溌剌キビキビ気持ちよい。スピード落として跳ぶタイプ?レイバックスピンが速かった。
山中選手 水色の衣裳。半年前ティンカーベルだった子と同じ選手とは思えないほど成長している。スピン上手、身のこなし綺麗、踊れる、向上心とプライドと並々ならぬ可能性を感じる。ジャンプもう少し上がれるといいな。
井上選手 ジャンプの出来はもう少しだったけど、この選手のイノセントな雰囲気がとても好き。ずっと大切に見ていたいような気持ちにさせられる。
井原選手 最後のサルコウには根性を感じた。

ノービスB女子 Free Skating Results
[PR]
by taigayuri | 2008-10-22 17:07 | フィギュアスケート