しれっと


by taigayuri

2008中部日本 2

c0039936_021516.jpg

うなぎ



第44回中部日本フィギュアスケート選手権大会
2008年03月14日~16日
岡谷市やまびこスケートの森アイスアリーナ


思い出せることと付けたし感想

ジュニア女子
・カロリーナ?吉田芽理選手の大人っぽさにびっくり。なんと美しい!そしてなんて色っぽいの…。カロちゃんにそっくりに見えた。カロリーナに瑠美ちゃんの迫力を混ぜたような魅力的な選手だなーと思った。ていうかジュニアじゃない!
・本郷理華選手のレベルの高さにまたびっくり。まず衣裳が凄く目立つ。ショートがスパイダーマンみたいなデザイン(言い方悪いか?汗)でムーランルージュのタンゴ、フリーは濃い緑色の個性的なデザインの衣裳だった。高そう。スピンの上手さに目を奪われ、ステップはど迫力、情熱的な演技でした。ていうかまだ小学生って!リンクの外で見ると凄く背が小さいのに、氷の上では長身に見えた。前傾姿勢だけがちょっと気になった。中庭君に見える瞬間が何回もあった。身のこなしが似てるような。とにかくPCSトップには納得の演技力でした。
・近藤里奈選手が良かった。
・ショートプログラム首位だった甲府の遠山由華選手、SPは抜群のすばらしい演技でした。楽しみな選手です。
・広島の中塩美悠選手は水色の衣裳でパガニーニの主題による狂詩曲、まだとても小さいのだけど人目を引く演技をするなぁと思い、SPで初めて見た時に「また見たいな」と思った。でもまさかその翌日のフリーにそのままそっくり同じ衣装+同じ曲+同じ出だしの振付で出てくるとは…こんな形で叶うとは予想外でしたさ。どちらかのプログラムを縮めたか伸ばしたか、こういうパターンもあるんですね。また見られて嬉しかった。そしてバッチリ憶えた。
・野口真紀子選手はショートはノーミスに見えたが2Aで回転不足をとられていて点数も伸び悩み。今よりずっと幼い頃に作ったプログラムに、滑る側の今の大人っぽくなった彼女のスケールがはみ出してしまってるのかもしれないと思ったり。ちなみにフリーは去年と今年で最初と最後の振付をそっくり変えて、だいぶ違った印象になった。この日のフリーは2Aの転倒だけ残念だったが良い演技だった。
・小平早紀選手は6分練習で綺麗に決まっていた2Aが本番では1Aに、フライングシットの抜けもあり結果はちょっと残念。最後のスピンはとても良くて、その他も磨きがかかってきたのを感じたのでフリーも見たかった。自分の中でラストエンペラーといったらジェフリー・バトルだったんだけど、ラストエンペラーといったら早紀ちゃんのイメージになった。


選手権女子
・曾根美樹選手のカルメンは死なないカルメンでした。演技の迫力が凄すぎて鳥肌立ちっぱなし。フォンタナさん以上じゃないのこれ。もしジャッジ側リンクサイドで見たら軽くくたばれる。ジャッジの皆さん無事ですか?
・永田有里奈選手のミッションは曲の美しい旋律を更に美しく聴かせてくれるような素晴らしい滑りだった。彼女の演技はなんだかあったかい。
・那須野光選手のフリーは30秒伸ばした所に入ってたドーナツスピンがとても綺麗だった。ちょっとミスはあったけど良い演技だった!
・河野有香選手の3Lo、綺麗!
・村上佳菜子選手のチャップリン、自分が今まで見た中では一番よかった。音楽によく乗ってて、この表現力は凄まじい。見ていて本当に楽しく、そして圧倒された。スピンにスパイラルにステップ、見事。リンクサイドで見かけた時のウエストの細さにもびっくり。
・出番が夜遅かった中村選手と岩城選手と松原選手を二日間とも見られなかった。何たる…


ジュニア男子
・宇野昌磨選手は独特の存在感があった。名古屋を中心とする有名選手のサインがたくさん入った上着が目立ってたなぁ。演技では色んな所で巧さが光っていた。小さいのに既にどこか完成された演技をする印象を持っていたけど、演技時間も長いジュニアで参加となるとさすがに幼さを感じ、これからまだまだ楽しみだなぁと思った。
・中村智選手は高校受験お疲れ様でした。この週に入試があったばかり。一週間前の三笠宮杯&市民大会の時は二日後が入試本番というタイトスケジュールだったそうで見に行く方としてもまさか全部出るとは…と正直驚いたと共に頭が下がる思い。前の週と比べると程よい力の抜け具合で良い感じ、解放感から?近くで見るとフリーの衣裳のゴールドの部分の光沢が高級感あるなぁと思った。高そう(←またそれ) この袖のデザインが個人的に好きで、ブロック大会一度きりしか使わなかった紅い方の衣裳も金色で同じようにラインが入っていたと思うのだけど、やっと気づいたこれだ、これに似てたんだ…【YouTube】2002年のジョニー
・Romklao Sopa選手はタイからの参加。長身の貴公子という感じで非常に優雅なスケートでした。ダブルジャンプはなかなか高くて綺麗なのがありました。タイっていうと確か国にリンクが一つとか指導者が一人しかいないとか、王女様のような人ばかりがフィギュアをやってるという話を、以前青森冬季アジア大会の時にNHKの特集で見て記憶していたのだけど、こちらのソパ様はやはりタイの超お偉い様のご子息でおられるそうです。なんでも自家用スケートリンクをお持ちとかなんとか。また是非日本にいらしていただきたいです。
・小平渓介選手もジュニアで参加。ショートで決めた2Aが非常にシャープで綺麗だった。彼の2Aは素人目にも凄く質が高い気がする。スピーディーな動きも以前ならちょこまかちょこまかって感じだったんだろうけど、みるみるうちに大人っぽくなるものでとてもサマになっていた。フリーは更に背が高く見える上下黒の衣裳で、使用部分も内容も一新のスターウォーズ。SlStは以前のものがベースだと思うけどずっと複雑になって丁寧に踏んでいた。最後の両手で剣を振り回す振付(あれライフセーバーっていうのかな)凄くかっこいいです。ジャッジ斬り。
・竹下誠司選手が好印象だったのでちょっとだけ調べてみた。
http://www.sist.ac.jp/ins/000011.html "静岡理工科大学HP[大学拝見]"
今年大学4年生なんですね。(名古屋では別の大学のジャージ着てたような気がしたんだけど…気のせいかな)プロスケーター志望とは素敵な発言。国体にも少年男子で出場経験がありました。さすが大学生、落ち着いてた。
・野口博一選手は調子あまり良くなかったんでしょうか、二日間ともちょっとミスが目立った感じ。3F封印はちょっと残念。3Tや3Sには苦労しているように見え、フリップが一番形になっているという不思議。高さも出るしなぁ。ここしばらくの2Aの安定感は凄かった。緩急のつけ方はやっぱり上手だなと思った。彼には少し、自身の良い所・魅力的な所を自身でちゃんと認めてるんだろうかとお節介な心配をしてみたくなる。(多分)新しく作られるであろうプログラムが誰のどういったものになるのか楽しみでたまらない。
[PR]
by taigayuri | 2008-03-16 23:59 | フィギュアスケート