しれっと


by taigayuri

2008 埼玉県大会

第3回 コバトンカップ フィギュアスケート競技会
平成20年4月19日(土) 川越スケートセンター


見ることができた中で印象に残った選手について

Aクラス女子
中村未夏選手優勝。溌剌とした演技で出場選手中圧倒的に良い内容でした。プログラムは昨年と同じバタフライ・ラヴァーズ。今年は更なる大躍進を見せてくれるんじゃないかとワクワクします。
石川憂佳選手は新しいプログラム月光ソナタ第1楽章と第3楽章から。滑り込むのはまだまだこれからといった感じですが、彼女が王道クラシック曲をフリーに選んでくれたことが個人的にはとても嬉しく、静けさと激しさのメリハリは上手く表現していたと思った。(しかし後半の曲の継接ぎはいくらなんでも細切れ過ぎないか) ショートでは完成度の高い演技を見せてくれる事が多いので、今年はフリーの方にも期待したいと思う。最後のポーズはシンプルだけどゾクっとした。
長谷川奏選手はとても可愛いチャップリンでした。滑っている時の表情が楽しそうでイイ。衣装のデザインも素敵。
鈴木伶奈選手はスピンが非常に良かったです。ジャンプも綺麗、回転不足ながら3Loも降りていたような。とても良い選手、勢いを感じるので頑張ってもらいたいなと思ってます。
浅見琴葉選手新プログラムは「愛の言葉」「タイスの瞑想曲」彼女の持つ雰囲気に凄くピッタリな選曲だと思う。深緑で長袖の高級感のある素敵な衣裳でした。怪我のせいかジャンプは抑え目でしたが、スピン・ステップ大変美しく、スピードといいキレのある動きといい、身体の芯がしっかりしてはっきりとした成長の跡が窺えました。背がちょっと伸びたかな、一葉さんにかなり似てきたような。


選手権女子
浅見一葉選手は白鳥の湖。ジャンプにも迫力があったけど、終盤のストレートラインステップが圧巻だった。大学4年生なので最後のシーズンのようです。
長谷川遥選手はタイタニック。木田沙穂理選手はリバーダンスより「ファイヤーダンス」でした。


Aクラス女子
1位 中村未夏選手 74.28
2位 石川憂佳選手 68.42
3位 長谷川奏選手 67.11
4位 五戸桃代選手 66.73
5位 鈴木伶奈選手 61.33
6位 浅見琴葉選手 59.78
7位 中山里咲選手 54.45
8位 笠間順子選手 49.92
9位 大嶋美穂選手 49.42
10位 荒井幸代選手 47.97

選手権女子
1位 浅見一葉選手 81.67
2位 長谷川遥選手 68.36
3位 木田沙穂理選手 55.11


間違ってる事あったらごめんなさい
上の方のクラスの男子は何故揃ってスタッフ参加(または応援)だったのだろうか。滑っている姿が見たかったのに残念。

予選突破が簡単ではない、人材豊富な関東ジュニア男子、来シーズンもがんばれ!
予選通過の関門が半端なく狭い関東ジュニア女子、来シーズンもがんばれ!みんなでがんばれー!!
[PR]
by taigayuri | 2008-04-20 15:23 | フィギュアスケート