しれっと


by taigayuri

2008三笠宮賜杯中部日本

2008年3月8日~9日 愛知・日本ガイシアリーナ
結果ページ


主に実施ジャンプ内容と、覚えていること等(偏った勝手な感想込み)を書きます。見間違い聞き間違いなどあったらごめんなさい。


システムにトラブルが発生したとの事で、競技開始時刻が遅れました。
この大会では初めての現ISUジャッジングシステムの採用だと思うので、なかなかスムースにはいかない様子でした。


男子ショートプログラム
第1グループ
#1 中村智選手 
3Tステップアウト、2Lo(かと思ったが違うかもしれない)3Sでした、2A、ステップが二つとも良い感じでした。ラストのスピンの最後の最後だけ残念でした。バイオリンの旋律が低くなる部分の振付が凄く格好良いですね。今までの試合で見てきたこのプログラムとジャンプの順序が違っていたので油断しました。
TES 15.22 
PCS 17.75 
TSS 32.97


#2 吉野晃平選手
ウォームアップにJPNジャージで登場しました。1番滑走の中村智選手の得点が出るまでに時間がかかり、氷の上でかなり長い間待たされていました。
3S+2T、3T(両足)、2A、後半の方のステップがとても良かった。コンビネーションスピンも見事でした。スケートがよく滑っていて流れがよく振りもスムーズ、相対的に高いPCSにも納得の演技でした。
TES 20.84
PCS 19.55
TSS 40.39


#3 野口博一選手
スタート位置に静止してから曲がかかるまでやや時間がかかりました。
2F+2T、2A、2Lo(転倒)、CiStが高速。
TES 15.72
PCS 17.00
D -1.00
TSS 31.72


第2グループ
#4 江口涼一選手
3T(転倒)、2A(前傾)、2Lo ジャッジと逆の、客席が開放してある側に顔をまったく上げずにおじぎ。がっかりなせいなのか癖なのか?
TES 14.82
PCS 16.45
D -1.00
TSS 30.27


#5 竹下誠司選手
2A、2F+2T、2Lo、スピンが上手だと思う、せっかく勢いに乗っていたCiSt途中で躓き、以後スピード減。曲はスパルタカス。衣装は白と紫。初めて見ることが出来た選手なのでつい思ってしまうが、田邉君に似てるような。
TES 15.76
PCS 16.55
TSS 32.31


#6 佐野隼規選手
3T+3Tかなりクリーンだったと思います。3Loほんの少し回転微妙ですが認定の範囲だと思います。2Aは聴覚的な面でも綺麗でした。ジャンプが群を抜く出来だっただけに、ほかのステップやスピンとの印象の差が大きかったように感じ、そこだけがちょっと残念です。でも見事な出来で、見る事が出来て良かったと思いました。
TES 28.56
PCS 20.95
TSS 49.51


#7 中村祐輔選手
2A、3Sが2回転になり片膝をつく、CiSt途中で危ない箇所あり、2Lo。曲調が変わる少し前のパートの辺りから、リンクサイドの先生とチームメイトに向けて満面の笑顔を向けながら演技を続けていましたが、これは少々可笑しすぎて参りました。ラストのCCSpの回転が間に合わず、フィニッシュはだいぶ遅れました。
TES 13.66
PCS 17.15
D -1.00
TSS 29.81


男子のほうはルールがよくわかりません。ジュニア課題?シニア?


男子SP結果
1 佐野隼規選手(愛知) 49.51
2 吉野晃平選手(愛知) 40.39
3 中村  智選手(長野) 32.97
4 竹下誠司選手(静岡) 32.31
5 野口博一選手(長野) 31.72
6 江口涼一選手(愛知) 30.27
7 中村祐輔選手(長野) 29.81
[PR]
by taigayuri | 2008-03-09 23:25 | フィギュアスケート