しれっと


by taigayuri

2007長野県大会 その3

第25回長野県フィギュアスケート選手権大会

5級以上クラス結果
4級までのクラス結果(旧採点)


選手権男子FS

中村祐輔選手 "Vamo alla Flamenco"
ショートと同じ滑走順。出だしの2A綺麗だったので良いリズムが掴めるかと思ったのですが、次の3S転倒。フリーでも3回転は決まらずでした。
繋ぎのステップの所で躓いたり、ステップが音楽から遅れる形になったりと、途中やや疲れの見える所もありました。難度の高い2回転ジャンプは構えも短く、かなり余裕を持って決めているように見えるので、3回転ジャンプの安定に期待したいところです。ムーブズインザフィールドはごく自然で流れがあって、「決められた振りをこなしている」という感じが無いのが良いと思います。
最後のポーズは中日カップの時とは違ってました。今回の、ひざまずいて片腕をぐるぐる回して天に掲げるポーズの方が本来のフィニッシュのはず。中日カップのアドリブ演技も格好良かったけど。


中村智選手 "少林サッカー"
6分練習で決めた3Fはとても綺麗でした。3Lzをやるのは知らなかったので驚いてしまいましたが、練習で激しく転倒し痛そうだったのでちょっと心配。6分間を殆どこの2つのジャンプの練習に費やしていたと思う。
本番の3Fは、着氷で氷を捉えられず弾かれるような格好で転倒。起き上がって直ちに助走に入って跳んだ3Lzも、同様に少し回転が足りず、踏ん張れず。
冒頭から2つ続けて大技に挑み、激しく転倒しても直ちに起き上がって演技に戻るので、この時点でかなりの体力を使っているはず。
でもスローパートになる所まで、曲からの遅れを取り戻しながら落ち着いて演技してたように見えました。単独の3Sと3Tもすぱっと。2度目の3Sが回転不足で両足になりましたが、また曲調が変わる所での2A(過去のスコアを見ると、ここ鬼門っぽい)は決まりました。もう、あとちょっとだ…と祈るような気持ちで会場の皆が見守っていたと思うのですが、ストレートラインステップの最後で転倒。もう脚が限界かな…と思いましたが、最後の2Aをきちんと降り、最後の最後のスピンも速度落とさず頑張ってました。Lv.4認定されてますね。

とにかく、2つの大技に挑んだ心意気が凄いなぁ…と関心しきり。得点だけでなく体力面でのリスクを承知で、本番で攻めの姿勢を貫き続けているのが。
2月初旬の全中からずっとそうしてきているようなので、きっとこれらのジャンプに余程の練習を重ねているんだろうと思います。
ローカル大会の多い春・夏のシーズンは、試合で新しいジャンプに挑戦する選手が他にも全国でたくさんいると思うのですが、まだジュニア1年目にして智君のこのチャレンジ精神は、見ている方としては期待せずにはいられないものがあります。先生と二人で目指している所がとてつもなく高いんだろうなぁ。


本日3/11(日)が長野市民大会だそうなのです。
(公式に掲載されている情報は見当たりませんが、県大会の時に関係者の方から聞きました。)
長野クラブの選手達と、岡谷クラブからもオープン参加の選手達が参加予定です。
場所は長野市Mウェーブ、ホッケーリンクの一般営業終了が15:45の予定で、その後に実施されるもよう。
ちなみに今日のMウェーブは無料開放日のようです。スピードリンクの営業は18:00までとなってます。
なぜか宣伝してみました。挙ってお出掛けください。

Mウェーブは今季の営業期間が延長になったようです。
賑わっているのかな?嬉しい報せですね。
[PR]
by taigayuri | 2007-03-11 01:37 | フィギュアスケート