しれっと


by taigayuri

2010 関東ブロック

'10関東フィギュアスケート選手権大会
2010年10月15日~17日
埼玉県川越市 川越スケートセンター


10/15(金)
ノービスB女子 - Free Skating Results

 大会第一日目、開会式後の昼。今年はノービスB女子から大会が開幕。


 全選手中、一番最初に滑ったのは甲府の日原明日香選手。白と青緑色の綺麗な衣装で登場、初めの2A+2Tが決まり着氷でもポーズを決めてかっこいい。直後のシットスピンでミスをしてしまって勿体無かった。自分の演技で大会が始まるという大変な立場にありながら、怖けずに体全体を大きく使いしっかりとした演技だったと思う。ノービスBにしては大人っぽい。まだ濃い特徴はないのだけど綺麗な選手。
 2番滑走は長野の熊谷佳那子選手。ブロック大会は初出場。青と白の衣装で木星。2Lz+2T、2Fや1Aをしっかり降り、スパイラルも良い。最も印象に残ったのはレイバックスピンが凄く綺麗だったこと。詳細スコアを見ると色々と減点もあるようだけれど、印象はとても良かった。
 ちばの栗原清華選手は青のノースリーブで背中に白いリボンのデザインが可愛い。前半の転倒が惜しかったが、ジャンプ前後の流れの良さとリズムが目を惹いた。ビールマンスピンもとても綺麗。スパイラルも良い。最後のドーナツや変形シットのスピンも凄く良かった。凛とした演技。
 川越の中澤凛々子選手は黒に赤のフリンジ衣装でシカゴ。高い1A。コンビネーションジャンプで少し力ない着氷になったりして惜しかったが、最後のスピンでは難しいポジションもしっかりと決めて、堂々としたフィニッシュポーズ。
 続いて川越の石川遙選手。衣装は黄色に黒の模様と長い手袋。キュートでスピード感もある演技。流れもあり踊りも良くて、上手いなぁと思った。昨年の46位から今年は15位に。

 第2グループの最初、6番滑走はちばの加来日菜乃選手。衣装の色は茶系というか何と言うか、柄も珍しい感じ。そして靴白。最初に2Aを着氷。ジャンプが全体的にちょっと低めだけど3連続ジャンプも綺麗に降りたと思った。美しいレイバックスピンで締め。キャッチフットポジションからビールマンポジションへのレイバックスピンが同じクラブの先輩同様に得意のよう。
 新横浜の長谷川もも選手は青い衣装で、プログラムは"風変わりな店"だったと思う。ジャンプが高め。ビールマンスピンが凄く綺麗。I字のスピンも良い。
 その次に滑った川越の川島未夢選手はスパイラルのY字ポジションのままチェンジエッジして(見間違いでなければ)滑っていったのが凄かったし綺麗だったし加点も多い。濃い蛍光オレンジピンクのセパレート風の衣装。
 9番滑走は宇都宮の八巻絵梨花選手。水色の衣装でマイフェアレディ。スタートのポーズから凄く可愛い振付。笑顔で頑張ってY字スパイラル。美しい2Loなど良いジャンプが決まり、最後の1Aからの3連続コンビネーションジャンプのサードジャンプでこらえ降り。ほぼノーミス、凄く良かった。好きな演技だ。49.62でここまでの中でトップ。最終順位は4位。
 新横浜の柚本恵里佳選手は黒と光沢のあるピンクの衣装で登場。On Your Toes。ツイズルステップから始まるプログラム。終盤の連続バレエジャンプから2Sなどが良かった。最後のスピンがちょっと乱れてしまったのが惜しかった。

 第3グループ1番、全体の11番滑走は新横浜の黒沢采加選手。オレンジの衣装。元気なプログラム。レイバックスピンが綺麗。ジャンプがやや不安定だったが決して悪い印象ではない演技。
 12番滑走にちばの齋藤美羽選手。薄いピンクの長袖衣装・白靴で、シェルブールの雨傘。滑りと身のこなしそして音楽表現がとても良い。片足でステップを踏んで直ちにコンビネーションジャンプを跳んだり、ビールマンスピンが美しかったり、色々と良かったのだけどジャンプのミスが惜しかった。46.52でここまでで2位、最終順位は6位。
 新横浜の齋藤槙香選手は黄緑色の衣装でオーバーザレインボーなど。技術と表現のバランスがとれている印象で、丁寧でかつスピード感があり、優しい演技。幅があってふわっと良いジャンプを跳んだがミスもあり惜しい。46.08でここまでの3位。最終順位は10位。
 ちばの小柳音乃葉選手は夏季ジュニアでも目立っていた白の衣装で、The railway children。スピンが若干不安定だったけれど、ジャンプの方は転倒もあったがまずまず決まっていたような印象だったのだけど。特にコンビネーションジャンプが良いなと思った。厳しく採点されはしたけれど。
 15番滑走に神奈川FSCの吉倉伶優選手。赤い衣装。2A+2Lo、2Lz+2Lo+2Loを続けて成功、凄い。転倒もあったけれどスピンも綺麗だし、とても良かった!55.85でこれまで滑った選手の中で断トツのトップ。昨年の22位から、今年は最終順位も3位で表彰台に。
 続く神奈川の長谷川紗海選手は青い衣装でラプソディーインブルー。2A着氷。その次のコンビネーションジャンプでミスをしたが直ちに起き上がって、リカバリの速さに強さを感じた。レイバックスピンもなかなか速くて良い。片手を上げての2Lzも綺麗だった。


 整氷を挟んで第4グループ、宇都宮の飯沼花連選手は黒にオレンジの衣装でコーラスライン。頭に小さなハットの飾りがついていてとても可愛い。良いジャンプだと思ったけれど脚が若干巻きつき気味だったために採点的には+-0だったのかな。後半の1A+2T+2Tが良かった。音楽表現もとても良いと思った。不意の転倒にもめげずにとても頑張った演技。
 18番滑走は川越の岸浪由妃乃選手。ピンクと青の衣装。コミカルで楽しくて可愛いプログラムで、ジャッジへのアピール満載。滑りが良く繋ぎのステップも多く、このアピール力と元気さは素晴らしい。ジャンプが乱れがちだったが、転んでも即起き上がって笑顔で踊る。ここまでの選手の中で、もしかしたらこのカテゴリ全選手の中で一番笑顔で踊っていたんじゃないかな。健気なほどの笑顔が心に響いてきた。
 19番滑走は新横浜の羽生桃花選手。ピンクの衣装は肩紐周りのキラキラ輝き具合が可愛い。トリッチ・トラッチ・ポルカ。2Lo+2Lo+2Loはサードジャンプをこらえてセーフ、2Aを回転不足だったものの着氷。レイバックスピンがとても良い。全体的にもとても良い印象だった。今後もっと上手くなると思う選手。46.42で7位。去年の40位からは大きくアップ。
 20番目の新横浜の丹羽耶沙梨選手は赤い衣装でマイ・フェア・レディ。長身で、長い手足を活かしたスピンが綺麗。ステップなども丁寧な演技。
 川越の下川奈々夏選手は優しいエメラルド色の衣装に白の長い手袋。千と千尋の神隠しのテーマからトトロの風の通り道。ジャンプはまずまず良かった印象。片手を離したI字からエッジを乗り換えてY字手離し(たしか)の多分荒川静香さんがやってたものと同じスパイラルが凄いインパクト。わずかにグラつきながらも凄かった。
 高崎の武田祐花選手は薄いピンクと赤の衣装。シットスピンが速くて良かったのに足換えで転倒してしまい惜しかった。アクセルジャンプの減点も勿体無かったな。しっかりした演技だったし、ステップから跳んだジャンプも良かったし、上手いなぁと思った。

 第5グループの一人目、23番に推薦選手であるちばの枝村優花選手が登場。6分練習でも一番の存在感を見せ、注目の的。鶯色/モスグリーンの衣装。Dumky。ジャンプは3Tのステップアウトが惜しかったが、その他は単独2A、2A+2T+2Tなどすべて成功の素晴らしい内容で、演技もとても綺麗だった。I字からシットなどのコンビネーションスピンも良かったし、フライングキャメルから綺麗なドーナツ~足を少し上へ持ち上げてのスピンでフィニッシュ。57.86で1位。昨年の19位から躍進。
 新横浜の後藤苑子選手は青に黄色の縁取り、スカートの黄色が動くと綺麗な衣装。白靴。コンビネーションのセカンドジャンプの2Loが高い。なかなか良いジャンプ。と思ったのにたくさん回転不足をとられてしまった様子。でも良い笑顔だった。
 25番滑走、神奈川の池田結惟選手は黄緑とオレンジと白の衣装。6分練習で良い2Aを跳んでいて目立った。本番の2A+2Loも2Aも良かった。最初の3連続コンビネーションジャンプは惜しかったけれど。キャメルスピンの変形バリエーションも綺麗、ドーナツスピンもシットスピンも綺麗。48.49でここまでで4位、最終順位は5位。
 続いて神奈川の片山千聖選手。白・青・赤のボレロっぽい衣装。長身で脚が長く、ショートヘアで、良い表情をして滑っていた。一生懸命さが伝わってくる。最後のスピンが良かった。
 川越の山本笑里奈選手はピンクの衣装。軸のぶれないスピンが綺麗で良い。振付も可愛くて良かった。46.30で最終順位は8位。
 新横浜の西浦朱音選手はピンクの衣装。高さと回転力のあるジャンプが良い。レイバックスピンも綺麗、ステップも良いなと思った。

 第6グループ一人目、29番目に甲府の小林ひばり選手。濃いピンクの衣装で華麗なる大円舞曲。2Aが綺麗。コンビネーションジャンプもとても綺麗。とても良いジャンプを跳ぶなぁと思う。スパイラルの羽ばたくような腕の振りが素敵。レイバックスピンもコンビネーションスピンも綺麗で上手くて、凄く良い演技だった。56.06で最終順位2位。
 30番滑走は神奈川の桃澤佳乃選手。茶色に黄緑の衣装でターザン。ジャンプはノーミスに近い勢いで、とても良かった!獰猛ステップがさらにかっこよく力強くなっていて素晴らしい。
 続いて神奈川の榊原恵選手。赤と黒の衣装。回転が速くて綺麗なレイバックスピンからビールマンのバリエーションなど、スピンがとても上手い印象。動きも良いなと思った。ジャンプは転倒が多く不安定だったけれど、最後に3連続コンビネーションが決まって良かった。
 川越の深瀬絵美子選手は黒の長袖衣装。ジャンプはあまり決まらず残念だったけれど、良かったのは最後のコンビネーションスピン、それからバックスパイラルのポジションも綺麗で良かった。
 川越の米山真子選手はオレンジの衣装。他の選手と比較して発育が良いがジャンプもなかなか良い感じだと思えた。シットスピンも綺麗。
 グループ最後に新横浜の鈴木紗蘭選手。深紅と白の衣装でワンダーランド。ジャンプにやや力強さが足りない感じがしたけれど、本番でも練習でもたまに良いジャンプが見られ、その辺りはさすが鈴木さん家の三番目かなと思った。繋ぎをなかなかしっかりとやってきているような印象。


 整氷を挟んで最終第7グループ一番目は川越の綾部花音選手。白の衣装。曲はスーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス。凄く良い笑顔。ジャンプの軸が細くて回転が速く、とても高くて良いジャンプが何個かあった。そして良い動き。可愛い踊り。楽しいプログラム。46.12で9位。ちなみに昨年は44位。
 新横浜の八尾夏希選手は濃いピンク色の衣装。演技の序盤でジャンプが乱れてしまい、気持ちを立て直すのが大変だったんじゃないかなと思ったけれど、頑張った演技だったと思う。シットスピンが綺麗だった。
 新横浜の杉本葵選手はライムイエローの衣装。エッジ系のジャンプが綺麗だなと思った。キャメルスピンも脚が伸びて綺麗。スピンが良い。
 神奈川の高橋明日香選手は濃い目の水色の衣装。靴白。背が高め。ジャンプもスピンもなかなか落ち着いて実施していた印象。2S+2Lo+2Loの最後の転倒が惜しかったけど、丁寧な演技だった。
 ちばの小川彩花選手は赤に金色の模様が入った衣装。高速ヘアカッターからビールマンのレイバックスピンがこの選手も綺麗。2A着氷も回転不足だったけれど、なかなか良いジャンプを跳ぶなと思った。ドーナツスピンも良いし、シットスピンも良いし上手い選手だなぁと思う。
 最終滑走の40人目は神奈川の鈴木彩夏選手。赤と黒の衣装。脚が長い。2Aステップアウトは結構惜しかった。スパイラルもスピンも、頑張りが伝わってきた。


 出場選手40名全ての滑走が終了し、関東ブロックノービス唯一人の推薦選手である枝村優花選手がTESもPCSもトップのスコアを出して優勝。続く小林選手も吉倉選手も僅差での表彰台。この3選手の演技はそれぞれに素晴らしく、強く印象に残った。4位の八巻選手の可憐なプログラムも、5位の池田選手のジャンプもとても良かった。
 最近シニアの試合をあまり見ていなかったせいか、このノービスBカテゴリでは今シーズンコリオスパイラルとなったスパイラルを久し振りに沢山見た気がする。得意とする選手の美しいスパイラルはやっぱり良いなと改めて感じる。


 今月末にアクアリンクちばで行われる全日本ノービスに進めるのは全員が初出場となるこの5選手。

全日本ノービス出場
1位 枝村優花   アクアリンクちばクラブ   57.86
2位 小林ひばり  甲府FSC           56.06
3位 吉倉伶優   神奈川FSC          55.85
4位 八巻絵梨花  宇都宮フィギュアC    49.62
5位 池田結惟   神奈川FSC         48.49

全員が力を発揮することができますように。健闘を祈ります。
[PR]
by taigayuri | 2010-10-19 00:00 | フィギュアスケート