しれっと


by taigayuri

SO長野フィギュアスケート競技・シングルフリー その8

2005スペシャルオリンピックス長野 3月4日(木)その4
 3月2日その1
 3月2日その2
 3月2日公式練習
 3月3日その1
 3月3日その2
 3月3日表彰式
 3月4日その1
 3月4日その2
 3月4日その3


<シングルレベル6男子フリー 16歳以上のグループ>

c0039936_5344345.jpgアメリカのMARC THERIAULT選手。北米選手らしく明るく朗らかな演技。ジャンプやスピンの迫力が凄くて、何より圧巻はフェンス際での連続スプリットジャンプ(バレエジャンプ?)!特に目の前に居たお客さんたちは歓声を上げていた。


演技内容(アバウトです)
連続スプリットジャンプ
シングルサルコウ
スプレッドイーグル
キャメル-シット足替え-アップライトのコンビネーションスピン
片手を上に高く上げてのシングルアクセル
イナバワー 2ルッツ(ちょっと失敗) 2ループ
1回転-1回転のコンビネーションジャンプ
フライングキャメルスピン ストレートラインステップ
シットスピンでフィニッシュ

得点 CAN JPN SVK CRO USA
1st  4.2 4.1 4.3 4.2 4.3
2nd 4.3 4.4 4.1 4.1 4.2



c0039936_5345566.jpg熱戦男子シングルのトリはニュージーランドのNicholas Apperley選手。メモしたエレメンツをざっと見ても一人だけ格上という感じもする。本人としては調子があまり良くなかったのだろうか、2ルッツや2フリップといった難易度の高いジャンプは回転がちょっと惜しいかなといった感じ。目標としていた2アクセルも入らず、演技終了後いまいち納得がいかないという表情にも見えた。ステップも今までの選手達よりも難しいものをこなしている事はわかった(このあたり勉強不足ですみません)が、彼ほどの選手になると優勝へのプレッシャーというものもあるのか、慎重になりすぎているかなという印象も受けた。しかしそれを措いても良いものを見せてもらったなぁ~という感想。是非ニコラスにはニュージーランド代表として四大陸選手権への出場を期待したい。(カテゴリの関係上すぐには無理だけど、ニュージーランドの男子シングル選手層からいっても夢じゃないと思うんですが。近い将来。


演技内容
2ルッツ-2トウループ フライングシット-アップライトポジションのスピン
シングルアクセル スパイラル~イナバウアーのムーブズインザフィールド
2?ジャンプ コンビネーションスピン
2フリップ シングルアクセル キャメル-アップライトスピン
2サルコウ-2ループ ストレートラインステップ

得点 CAN JPN SVK CRO USA
1st  4.1 4.5 4.4 4.4 4.1
2nd 4.3 4.4 4.4 4.4 4.2



<シングルレベル6女子フリー>

c0039936_535887.jpg
カナダのERIN KELLY RYNBERK選手。このスパイラルは凄く綺麗だった。シングルレベル6の女子は彼女一人というのが残念。レベル5の二人の戦いがかなり熱かったので、わがままを言えばこの3人が一つのグループで競い合うのを見たかったなぁ。




前に滑ったレベル6男子まででほぼ力尽きました。(見応えがありすぎたよ)
よってこの先はくだくだですがお許し下さい。

ここで団体客の皆様が次から次へとご入場
仕方がないんだけど、もうちょっと早く来てくれたら…(泣)
この後競技はペア、ユニファイドペア、アイスダンス、
ゲストスケーターダンスと続きます。
[PR]
by taigayuri | 2005-04-10 06:24 | スペシャルオリンピックス | Comments(0)