しれっと


by taigayuri

2010 プリンスアイスフェスティバル

第11回 プリンスアイスフェスティバノレ
平成22年3月20日(土)
新横浜スケートセンター


第1部オープニングのソロ <チャンピオン スケーターズ>
印象に残ったスケーター→ マイケル・ジャクソンのグリーンさん。このショーはここから始まって最後までマイケル中心に構成されてた。ユナ・キムの007を真似てたのは折原さんだったかなうろ覚え。小田切さん。ジャンプが高かった丹羽さん。上手くできて嬉しそうに先生とハイタッチしてた小林君。永田あみさん。Over the rainbowの田尻麻友さん。3Sを降りてガッツポーズ、泣く子も黙るレイバックスピンで観客を大きく盛り上げた花城みなみさん。スピンが印象的だった山崎ありささん。松村成君はHey Pachuco。小松原&水谷組はYou're Beautiful(だったと思う)。石川翔子さんは海の上のピアニスト。

無級・初級・1級クラスの<ジャクソン 43>
一番小さいと思われる女の子が目立っていた。

あいすふれんどクラス<千年の恋>
大人のナンバー。最後はご夫婦のダンスカップルが結ばれるストーリー(多分)。

2級・3級クラス<ディズニーメドレー 2010>
並びが背の順になっているのが綺麗。後の方から出てきたグループにいた、やはり一番小さいと思われる女の子。隅っこのポジションだった子。かなり光っていて目が離せなかった。ソロジャンプでは2Lo、ドーナツスピンもやっていた。今後が気になる。いつか名前がわかるかな。

6級・7級クラス<シング シング シング>
圧巻だった!すごいスピード感。全員が主役級。順に跳ぶアクセルジャンプで、2A着氷率が尋常じゃなかった。背がずいぶん伸びたなぁと思う選手、綺麗になったなぁと思う選手もいれば、試合の時とメイクやヘアの印象が違いすぎてなかなか分からなかった選手もいたりして、とにかくどこを見ていいか分からないくらい満足度の高い演目だったし、全員が光ってた。強いて挙げるなら、やはり一番小さい山口凜華さんの天真爛漫オーラ、隅から隅まで楽しみ尽くしてる感のあった花城みなみさんの溌剌さ、がお姉さん達の中でも光って見えたかな。鈴木星佳さんも気になった。7級選手が7人いるのかな。このレベルになると皆、試合とは全然違うこのショーをエンジョイしているのがひしひしと伝わってくる。楽しんだ者勝ちということを知っている感じ。

小松原さんと水谷君はオリジナルダンス。

村山君のソロはショートプログラムに使えそうなナンバー。ローレライ…だった?



第2部

4級・5級クラス<フォッシィー オン アイス>
去っていく時の振付がそれぞれたいへんキュートだった。

Bコースクラス<ダンシング クイーン>
全員大人の女性。ハイレベルでびっくりした。

ボーイズ&メンズクラス<キング オブ スケーターズ>
サングラス、皮ジャン姿などでキングを競い合ってた。

石川翔子さんソロは初めて見るナンバー。3T+3Tはちょっと惜しかった。3Fも鮮やかに決めてた記憶があるけど、それがソロの時かいつだったかは忘れた。身のこなしのしなやかさは更に増していて、どんどんどんどん美しくなっていく!

特別ゲストに村主章枝さん。ショートプログラムのG線上のアリア。3F、3T、2Aを綺麗に成功。最後は高速スピン。無駄のない動きに、トップスケーターの格の違いを見せてもらった。

出演者全員でフィナーレ
WE ARE THE WORLDなど。
[PR]
by taigayuri | 2010-03-24 19:50 | フィギュアスケート