しれっと


by taigayuri

2010インターハイ?

第59回全国高等学校スケート競技選手権大会
2010年1月20日~23日
釧路市 春採アイスアリーナ


速報ページ



1/21(木)
男子予選

手短な感想・メモ
1位 中村健人君 3Lz+3T 3A 1F 一段大人の演技。雄大さ感じるステップ、流れ、とても良し。コーチといつも以上に雰囲気が似ている なぜだ
2位 木原君 最初から最後まで凄いスピード。スピードは誰よりもあったと思う。3S+3Tプラス評価つきそう。3Fは構えは長かったけど高い。2AもOK。スピンの回転速度も素晴らしい。ステップも良かった。粗さというより荒さ、それさえも魅力と言えてしまいそうな勢いがあった。
3位 坪井君 3Aを少し屈む姿勢で降り 2F 3T+2T 多分足換えキャメルスピンの時に転倒し演技が少し止まった。FSSpはスムースで速め 音に合った首の振りが素敵なCiSt 最後のコンビネーションスピンはレイバックポジションが印象に残り良いですね そんな風に感じました。トリプルアクセルって     いいね 
4位 近藤君 3Lz斜め(爪先ついてないといいな)+2T 2F 2Aはとてもかっこよくてですね FSSpは速かったかと 最後のCCoSpもとても良かったから全部のポジションが要件満たしてるといいなと思った!
5位 服部君 3T+2T 2A 2Fもステップから流れがありとても良かった。ジャンプ前に一つずつジャッジの方へ魔法をかけていく彼はマジシャンでした。CiStで軽く躓いたように見えた箇所は…前とはまた違う場所なんだけど…ご愛嬌にもほどがある。うますぎる。しっ!て感じで。FSSpはしゃがんでからとても綺麗だった。最後のCCoSpのアップライト変形の首から上半身を傾けたポジションで、音に合わせて高く上げる片腕がこれでもかというほど印象的。素晴らしい演技に幸せな気持ちになりました。ありがとう。
ほかには
小沼君のノーミスショートが復活、本番だけ見るに、ジャンプは調子が戻ったような感じで、それ以外の部分は目を見張る進化を遂げているから高得点も納得。スピン素晴らしかった。こんな演技が見たかった。
中村智君は、今までになく余裕や自信が感じられて。スピードもあって、ステップの足捌きも技と技の間も凄くスムースで、不思議なくらいに落ち着いて見ていられた。間違いなく、強い選手のそれである。つくづく彼はまっすぐ伸びていく人ですね。ジャンプは3T+3T、2Aは問題なく、1F。おぉごじってんだいだ
橋本君が、フラメンコのプログラムで、3Lo+2Tはオーバーターンが入った(点数的に<なのだろうか)けど、それ以外は素晴らしい、完璧に近い内容。ステップはこれまで以上に素晴らしいし、こんなに良い笑顔でこのプログラムを最後まで滑るのを見ることが出来て感動。
磯崎大介君も良かったなぁ、3Lo転倒はあったけど、それ以外が素晴らしいからフィニッシュの頃には転倒の印象が消えてなくなりそうになるんだよ
木村君のジャンプが、一頃の回転不足を全力で改善してきたように見えて感動。ジャンプ3つ、問題なく見えた!綺麗だった!
そして今日最も感動した演技は野口君でした。高い3T+2T、片手上げて2F、イーグルから2Aのジャンプが全部良かっただけじゃなくて、すべてにおいて不安定さがなく、特にコンビネーションスピンの質は素晴らしいものに見えた。そうこんな演技が…見たかった!!!

今年もあるらしきエキシビション
最終順位の行方は、まっっったく読めません
[PR]
by taigayuri | 2010-01-22 00:16 | フィギュアスケート