しれっと


by taigayuri

2009 関東ブロック

'09関東フィギュアスケート選手権大会
2009年09月25日~27日
千葉市美浜区 アクアリンクちば


c0039936_8425572.jpg


9/25(金)
ノービスA女子
ノービスA女子 - Free Skating Results


 第1グループから見所が沢山。一番滑走の神奈川の原村茉里選手から今大会最初の競技が開始。ああ始まったなという何ともいえない思いが。始まりの素敵なポーズが先月の夏季ジュニアで見た時にも増して絵になっていた。ジャンプはなかなか。ステップの転倒が惜しかった。難しいバランスの大きな動きを頑張って取り入れているのだなと思った。しかし気持ちを切らさず最後までしっかりと演じきった。
 新横浜の山口凛華選手もしっかりとした滑りを、川越の深瀬理香子選手も力を見せた。
 5番滑走に甲府の河西歩果(かわにしほのか)選手。7級を持ち、昨年の全日本ノービスAでは8位。期待の選手。一年前の同じ甲府の遠山由華選手がちょうど同じような状況で同じ滑走順だったことが思い出される。冒頭の3Tでは転倒したものの、その他は圧巻の内容。滑りのスピードから身のこなしの美しさから、別格のオーラを放っているように感じた。ノービスに置いておくのが勿体無い表現力のリベルタンゴ。スピンも素晴らしい。着氷した3Sと3Tは回転不足判定であったが、彼女の演技が終わって、これはどんな点が出るのだろうかと会場中がワクワクしていたと思う。62.33 断トツの暫定トップ。

 第2グループには宇都宮の二選手が続けて登場し、宇都宮クラブも良い選手を擁し着実に育っている事を感じた。山本選手は姉妹選手だろうか、なかなかパワフルだった。
 全体の9番滑走甲府の宮川倫瑠(みちる)選手はシンプルかつモダンな美しさを持っていて前に見た時も印象に残っていた。それだけに本番になると視線が下がり気味になってしまうのが気になるけど、ほんの少しの余裕と自信で大きく化けるのではないかと期待している。

 第3グループ2番目に長野の山中里紗選手が登場。この日会場に到着して、一番に目に入ったのが会場外でアップしている彼女の姿だった。とても近寄れないくらいにナーバスな表情に見え、この大会のとてつもないプレッシャーが痛いくらいに伝わってきた。本番での彼女は、良い時よりちょっと動きが小さかったかもしれない。けれど、ジャンプの質の向上は目を見張るものがあった。やや慎重ながらジャンプは見た目にほぼノーミスの出来、やわらかな全身の表情も素敵だった。フィニッシュにようやく本来の笑顔が少し戻ってきた。彼女の持てる力をかなり出せたのではないだろうか?どうだろう。
 このグループ4番目に登場した地元アクアリンクちばの神代結衣(かみよゆい)選手が63.92を出しトップに立った。昨年の全日本ノービスBでは14位。チャイコフスキーのピアノコンチェルト。2Aからの3連続ジャンプ等を含むノーミス(トリプルは入らなかったものの)。夏季ジュニアで勢いを感じていたが、この大事な大会でも素晴らしい演技。続く地元選手への追い風となるか。

 第4グループの最初に登場したちばの村上采花選手はスタイルの良さ・美しいシルエットが大きな武器だと感じ、また次に見るのが楽しみだと思った。
 4番目に登場の新横浜の鈴木星佳選手。トリプル他ジャンプでいくつかミスがあり、ちょっと纏められなかった印象。しかし素材の良さは彼女が滑っているだけでひしひしと伝わってくる。美桜選手と同じくらいかそれ以上に。素晴らしい選手に育ってくれることを祈りたい。

 第6グループの2番目に、推薦選手である新横浜の鈴木春奈選手が登場し、場内の空気も期待感でいっぱいに。プログラムは"The Red Poppy" 3S(回転不足判定だけど)や2Aのコンボなどは成功。(曖昧な記憶によると)3Lzはステップアウト、3Loで転倒。だった気がする。ジャンプは守りに入らず攻める姿勢が良かった。堂々とした演技や滑りは格上の雰囲気。強化選手としてのプライドは充分に示すことが出来た演技だったのではないかな。
 続けて昨年の全日本ノービスB12位の新横浜の田尻麻友選手がチャルダッシュで単独2A、2Aからの3連コンビネーションを含むノーミス(だったと思う)で上位に。
 このグループ最後の新横浜の望月美玖選手のアダムスファミリーも楽しみにしていたが、ジャンプの調子がちょっと合わなかったのか、勢いに欠ける出来。焦りが姿勢に出ていたかも。でもまた見たいと思う何かがある選手。僅差でひしめき合う中で、ほんの少しのミスや点の差で順位が分かれていくことをこの辺りから強く感じるように。

 第7グループの一番目に長野の滝沢帆乃夏選手。トッカータとフーガ。2Aはないが、2T+2T+2T、2Lzなど軽やかに綺麗なジャンプでノーミス。2年目のこのプログラムはすっかり彼女が自分自身で支配し彼女の色になっていた。リンクを降りるとまだ小さな女の子なのに、氷の上でのいい女度はさらに加速していた。中盤2F+2Tを降りてSlStに向かう箇所にグルグルと首を振るようにターンが入るこの時のポニーテールが完璧なのだ。この演出は素晴らしすぎるのだ。彼女のやるべきことを落ち着いてすべてやりきり、最終順位は堂々の15位。このかっこよさは関東全域において十二分に通用すると思えた。
 日立の松田萌実選手は誰かに似てる…誰かに似ているのだ。日立の選手も、上手く言えないが記憶に残る何かを持ってる選手が多いような印象がある。
 グループ5番目に登場川越の笹間梨帆選手があっとレベルの高さを見せてくれていた頃、何のことはないちょっとした出来事が。不慮の事故で感想のメモが全消失しただけのこと。もうメモなんてとらない…。心の中でちょっと泣く。今回、試合からある程度時間が経過した後に記憶に残っていてスコアを見ながら思い出せることだけを書いている。迷ったり悩んだりも数え切れないくらい色々したけれど書くと決めたから書いている。初めて見た選手の印象がかなり記憶から消えてしまってる事がちょっと悲しい。
 続くグループ最後の新横浜の苅田梨菜選手が凄かった。最初の3Loは転倒で惜しかったけど、かなりキレと勢いのある演技で、リンクサイドの鈴木誠一コーチがよしっ!と頷きながら見ていたのも印象的。彼女も7級を持っているとのこと。

 8グループ目に茨城県連の大内愛理選手が登場。茨城県から出てくる選手は人数は多くないけれど、それぞれに実力と個性を見せつけてくれる。ここも静かに着々と、良い選手が育っているなぁという感じ。高くて良いジャンプを跳び、バランスの良い選手が多いような。大内選手は今回も存在感を充分にアピールしてくれた。
 4番目に神奈川の中田茉穂選手。ME AND MY GIRL。ジャンプはどうだったかあまり覚えてないけど、今年のプログラムも彼女にとても合っていてとても楽しげ。まるで遊園地のアトラクションみたいな、ポップでカラフルな3分間の夢を見せてくれるスケーターだなと思った。
その次、全体の45番目に登場したのが新横浜の花城みなみ選手。Gypsy Rhapsody。昨年の全日本ノービスAは27位。今試合一番注目していたし楽しみにしていたのが花城選手。6分練習でも他を凌ぐ存在感があり、周囲からの大きな期待もあったろうと思う。本番の彼女は、冒頭の2A転倒に続きミスが連発、ジャンプをほとんど決めることができなかった。焦りが焦りを呼んでしまうような演技で…。しかしスピンやステップは素晴らしかったし、レベルの高さは存分に示してくれた。不調の原因が何かあったのかは分からないが、これが試合か…と思い知らされるような感じだった。きっとものすごいプレッシャーだったんじゃないかな。本番の後、とても悔しそうな姿に胸が痛くなった。今年はブロック14位という成績だけど彼女はまだまだこんな選手じゃないはず。
 グループ最後にちばの川畑いずみ選手が登場。神代選手同様夏季ジュニアで見せた勢いのままにキュートなピンクパンサーで素晴らしい演技。スピンがかなり良かった記憶が。63.26 神代選手と河西選手の間に入る2位。いよいよ地元ちばクラブプレイクの兆し。

 第9グループでは新横浜の猪川乃絵瑠選手が健闘。スルスル滑りと得意のスピン、そして逆回転はこの人数の中でも目を惹く。
 最終グループの最初に長野の井原夏見選手。徐々に激闘の様相を呈してきている長野県内の小学校高学年~中学生女子選手の中で、彼女も着実に力を伸ばしてきている存在。ちょっとスピンのミスがあったりしたけど、高さのあるジャンプを丁寧に決め最後までしっかりと、好感の持てる演技。
 4人目にWINS長野の宮脇綾音選手も登場。新しい赤い衣裳が華やかで大人っぽい。滑りがまた良くなっていて、スケートに委ねられた全身の滑らかな動きや角度が見ていて気持ちいい。今回ジャンプはもうちょいか。まだまだ伸び代が感じられる。
 川越の増田選手、小林選手がそれぞれ健闘を見せ、全国6ブロック中最もエントリーの多かった関東ブロックノービスA女子57名の演技が終了した。(エントリー60名棄権3名)

 アクアリンクちばの二選手が、地元大会の期待を大きな力に変えワン・ツー。昨年同大会優勝の河西歩果選手を加え、上位3選手は点数的にも僅差の高いレベルを見せつける戦いだった。この勢いを是非とも来月の全日本ノービスでも存分に発揮してもらえるといいなと思う。果敢にジャンプに挑んだ今回5位の鈴木春奈選手も完成度が高まれば今年も全日本で健闘してくれることと思う。7位の苅田選手がわずかな点差で全日本に出られないのが惜しい気もする。
とても見応えのある試合だった。


全日本ノービス出場
1位 神代結衣選手  アクアリンクちばクラブ
2位 川畑いずみ選手  アクアリンクちばクラブ
3位 河西歩果選手  甲府FSC
4位 田尻麻友選手  新横浜プリンスFSC
5位 鈴木春奈選手(推薦)  新横浜プリンスFSC
6位 笹間梨帆選手  川越FSC


【記事】五輪目指し氷上の舞 アクアリンクちばで初開催 関東フィギュア選手権 2009年09月26日 千葉日報ウェブ
[PR]
by taigayuri | 2009-09-25 23:59 | フィギュアスケート