しれっと


by taigayuri

2009国体 5

第64回国民体育大会冬季大会スケート競技会
2009年01月27日~31日
青森県三沢市 三沢アイスアリーナ


1月30日
成年男子フリースケーティング
感想など

鷹取吾一選手(鳥取) 黒い衣裳 ブレイブハート。頑張りが伝わってきてとても印象が良かった。

高籏彰徳選手(岡山) 白のシャツに濃紺のベスト スペイン奇想曲。冒頭の3回転ジャンプは惜しかったけど、2度の2A成功、スピンもなかなかだったし最後までとても頑張ってる感じがしてよかった。

宮﨑勇人選手(京都) スピンは良かったけどジャンプやその他にキレがなく、以前から続く明らかな不調。きっと怪我か何かかな…。早くよくして欲しいなぁ。

竹井達也選手(愛媛) 全日本とインカレの勢いと比べるとちょっぴり失速?しかしとても丁寧で真摯な演技だった。

遠藤雅人選手(神奈川) スピードがあって動きも最初から最後まで良く、転倒から演技に戻るのも速いのだけど、この日はジャンプがほとんど決まらなかった。前半の激しさは特に良いのになぁ。

田原久司選手(埼玉) ジャンプがあまり決まらず、しかし何度か持ち直しかけ、リンクサイドの大応援団(埼玉県選手団と県の垣根を超えた大勢の選手仲間)も沸いたり沈んだり。振りの省略も多めだった。ここ最近の印象が良かったため今回はちょっと残念な印象。アクセルが5回。


三島拓也選手(千葉) ステップの転倒があり惜しかった。全体の印象としては落ち着いた演技。ジャンプもまあまあだったような。

玉田裕也選手(愛媛) 上が白、下が黒の衣裳。白鳥やくるみ割り人形などバレエ音楽セレクションかな。3Lzは成功せずともナイスファイト。ストレートラインステップも良かった。ショートとフリーを通して愛媛県勢のレベルの高さに恐れ入った。

西上順三選手(大阪) 大迫力の3A!着氷は完璧ではなかったものの無事降りた!その他のジャンプは3T以外はちょっと微妙だった。最後の3Lzは特に惜しかったな。でもこの危なっかしさとめげないキャラと笑顔、ちょっとクセになる。

大前武人選手(京都) 白と青の切替衣裳は既に結構な回数拝見している気がする。2Aが特に綺麗だった。身のこなしも素敵だった。

東信幸選手(東京) 丁寧に踏む複雑なストレートラインステップがとても良かった。3回転ジャンプがなかなか決まらず残念。漲る気合、気迫がとても素敵だった。

石井達也選手(大阪) 中盤のスローパートの表現はとても雰囲気があって良かった。ジャンプはもうちょいだったかな。フィニュッシュで疲れてよろけてフェンスに手をついていた。


末永巧選手(宮城) 3Lzと3Fが決まって良かった。ステップも良かった。スピンも速かった。全体的にはまあまあだったかな?悪くはなかった。

鳥居拓史選手(東京) リンクサイドが大盛り上がり。ジャンプも少しミスもあったけどなかなかの内容で、本人もまあまあかなという感じの笑顔。

関徳武選手(新潟) ミッション。3Loや3Lzなどのジャンプはとにかく大きくて綺麗、ステップは今まで関先生が他の選手に作ったプログラムしか見たことのない者としては「なるほどなぁ」という感じだった。スピンでは長すぎる脚を活かして他の誰にもできそうにない美しいシルエットを。中盤のパートでジャッジ席に向けた笑顔が素敵過ぎて頭に焼きついた。本当に言葉にすることはできないくらいに美しく素敵な演技だった。今の関選手がこの場所で滑る意味を、厳しい戦いに追われ続けて過ごしている若い選手達がどのように受け取っただろうか。

佐野隼規選手(広島) ジャンプのミスが多くちょっと疲れ気味に見えたけど、終盤3T+2T+2T、3T+2T、2Aと立て続けに成功し盛り返した。スピンも良かった。

郡山智之選手(福岡) 素晴らしかった!アクセルジャンプが一つシングルになった以外はミスなし。ステップは本当に美しくて気品に溢れていて素敵としか言いようがない。ジャッジ席に座りたい。一回目の2Aの後の笑顔が特に素敵だった。全日本に続きジャンプは3種類のみの構成だったけど、とにかく集中力に脱帽。フィニッシュ後両手でガッツポーズ。本人も納得の内容だった感じ。

斎藤直人選手(宮城) 冒頭に3A!かなり久し振りに見ることができて嬉しい。6分練習でも決まっていた。続いて3Lo、3Lzと良い流れだったが2度目の3Lzで転倒し壁に右頬の辺りをぶつけとても痛そうだった。その後スピードも落ち次のジャンプも抜けたけど、残りのジャンプはきっちりコンビネーションに。ストレートラインステップ前のスピンが遅れステップの開始がギリギリに。最後もキツいーという感じの顔をしていた。でも全体の印象としては良かった。とにかく3Aの復活が嬉しかった。


大上偉才選手(岡山) 最初の3A+2T+2Tが良かった。その後はちょっとガタガタな感じになっていき…最後のストレートラインステップはかっこよくてとても良かった。

町田樹選手(広島) 冒頭2つ3A、どちらも綺麗な成功はなかったけどしっかり跳びに行けたのは良かったと思った(先日同じ会場で1A2発になった記憶が濃かっただけに)。ストレートラインステップは良かったのに途中トウが引っ掛かり躓いてしまい惜しかった。ちょっと集中力に欠けたのかやはり状態がかなり良くなかったのか。最後のポーズをとるタイミングが早すぎて、「ん?ども。」みたいな感じで終わった。

中庭健介選手(福岡) 良かったと思う。見ていてちょっと不安になるジャンプもあったけど、シャキーン!って綺麗な着氷ポーズになんだか説得力があった。練習を見ても調子は良くはなさそうだったけど、独特の美しい動きも堪能できたしやはり貫禄があった。

小田嶋隼選手(北海道) 激しく踊るステップが凄く素敵で、後半のジャンプも決まっていたし、スピンも特に最後のCSSpがスピードがあり良かったし、何より最後まで疲れが全然見えなかったのが素晴らしい!余韻を残す素敵なフィニッシュも本当に良かった。ミスの印象は吹っ飛んだ。とにかくよかった。


メモをとれた選手の分のみ
[PR]
by taigayuri | 2009-02-03 01:30 | フィギュアスケート