2016 長野県大会 3

第34回長野県フィギュアスケート選手権大会
2016年2月20日
長野県長野市 ビッグハット

結果


感想その3


ジュニア選手権クラス 女子FS

堀凜香選手 表情豊かに、見ているこちらまで笑顔になってしまうプログラムです。小柄な彼女の身体がとても大きく見える演技です。2Aの転倒などのミスはありましたが、決まったジャンプはとても綺麗でした。駆け足でジュニアに上がった今シーズン、とにかくやらなくてはならないことが増えて大変だったんじゃないかと思います。それでもおっとりとした眩しい笑顔を曇らせることなく、この一年で素晴らしい進化を見せてくれました。しなやかさに芯の強さも加わってきました。

武田祐佳選手 とてもパワフルな演技です。幅のある2Aが素晴らしく、大きな加点がついてると思います。またゆっくりとした動きにも迫力を感じさせられるのが凄いです。スピンも高速で良かったです。少し乱れかけたダブルジャンプのコンビネーションも根性で降りていました。ラストのスピンで転倒がありとても痛そうでしたが、最後まで演じ切るファイトが素晴らしかったです。今年のジュニア選手権は全員の個性が強く、一人一人がまったく違った魅力を持っているのでとても見応えがあります。


土屋愛理選手 雰囲気作りがとても面白い印象的なプログラムです。スケーティングが滑らかです。2Aはとても惜しかったです。ジャンプに流れがあり高さもあります。レイバックスピンをはじめスピンが本当に上手くて魅了されます。


山中玲奈選手 ショートプログラムからガラリと雰囲気を戻し、妖精のようにふんわり可愛らしい演技です。高さのある2Aが決まりました。2Lzも成功し2Sと続きます。フライングシットスピンも綺麗が回転が速いです。2F+2T、2Loから2Sのシークエンスも決まりました。ビールマンスピンも綺麗でした。軽やかなステップがとても素敵です。全体を通して素晴らしい演技でした。


倉坪茉由子選手 ショートとはまた違うキリっとした表情の演技です。キリキリっとステップを踏んでいき、非常に引き締まった顔で堂々として見えます。3Tや2Aを成功させます。スピードがあります。2度目の3Tは転倒してしまいましたがすぐに起き上がりました。もう一つ転倒がありましたがジャンプシークエンスは成功しました。足替えのフライングシットスピンが鮮やかです。I字ポジションなどのコンビネーションスピンも回転が速くとても良かったです。伸び伸びと加速していくステップがプログラムの最高の見せ場だと思います。流れが途切れない演技でどんどん引き込まれていきました。ジュニア選手権クラス2連覇です!


滝沢帆乃夏選手 動き出しから雰囲気たっぷりに魅せます。2Aは綺麗に決まりませんでしたが2F+2Tなどコンビネーションやシークエンスのジャンプは成功しました。美しいメロディーを刻んでいくステップは実に美しく、気持ちが籠もっていて惹き付けられてしまい涙が出ました。終盤二つのスピンも綺麗でした。美しい風景が浮かんでくるようなプログラムで素敵な演技でした。怪我を抱えての出場だったようでしたが、苦しいだろう中でこの切なく美しい演技を魅せることができるのは積み重ねてきたスキルの賜物だと思います。次はきっと万全の調子で、納得の笑顔で!


関原ひなた選手 ふわり高くと大きな3Sが見事。3連続ジャンプも成功、2Aも2度とも決まりました。音楽に乗りながらとても丁寧に踏んでいくステップが印象的です。爽やかで伸び伸びとした演技が他の誰とも違った個性です。流れに乗り終盤の2F、2Lz+2Tも連続して決まります。最後までスピードがありました。ビールマンスピンもとても綺麗でした。素晴らしいフリーでした。魅せました!



選手権クラス 男子FS

中村智選手 言わずと知れた長野のヒーローです。昨年の県大会フリーが一つの完結だとすれば、このフリーは新たな章と言えます。スケーティングで魅せまくる憎らしいくらい素敵なプログラムです。本当に良い表情で貫録が漂います。最初の2Aが綺麗に決まりました。続く3Lzは文字通り転がるように転倒しました。3F+2Tは成功です。3Loは着氷で少し爪先がつきましたが回って降りてくれました。ステップではとても良い笑顔で演技に入り込んでいました。直後によろけて躓いたりは多分してないです。2度目の3Lzは少し前のめりになりましたが降りたのが流石です。2度目の3Fの方は少し跳びあがるタイミングが遅かったのかステップアウトになりました。終盤のステップは素敵に魅せてくれました。最後のスピンも良かったです。永遠に見ていたかったです。終わった瞬間、うん来年もがんばる?ってちょっとだけ思いましたが長野県選手権はこれで卒業ですね。心なしか今までよりもお辞儀が丁寧だったような気がしました。選手権クラス優勝11回は2年前の同大会で引退した那須野光ちゃんとタイの素晴らしい大記録です。また一つ、お疲れさま!でもまだまだ期待してる。



選手権クラス 女子FS

山中里紗選手 長野県女子を牽引するエースです。可憐な彼女が繰り出す華麗な演技はすごいパワーを持っています。冒頭の振付がいつになくキリっとしていて素敵です。初めに高い2Aが決まります。3Tは斜めになり転倒してしまいましたが3Sは降りました。ビールマンスピンが音楽にとても合っています。スパイラルで曲調が変わるところも素敵です。激情のコレオシークエンスに魅せられます。スパイラルも美しかったです。終盤の踊りはさらに迫力を増していきます。2Loから2Sのジャンプシークエンス、2F+2Tも決まり、ラストのステップは最高潮に盛り上がります。圧巻のフィニッシュでした。こちらは選手権2連覇です。


[PR]
# by taigayuri | 2016-02-20 15:02 | フィギュアスケート | Comments(0)

2016 長野県大会 2

第34回長野県フィギュアスケート選手権大会
2016年2月20日
長野県長野市 ビッグハット

結果


感想その2


3級クラス 男子FS

濱田哲至選手 青系の衣装で。ジャンプのミスがほとんどなく、また質も昨年より良くなっている気がしました。最後のスピンがとても速かったのも良かったです。頑張りが伝わってきます。



3級クラス 女子FS

小倉優雨選手 赤い衣装で。動いていても止まっていても体の線が綺麗で、氷上でとても大きく見えるタイプの選手だと思います。2Loやアクセルからのシークエンスなど、決まったジャンプの美しさが目を惹きます。派手さはなくともシンプルな美しさとバランスの良さがとても素敵な演技でした。


朝岡羽那選手 水色と黄色の鮮やかな衣装で。昨年とはまったく雰囲気の違うプログラムですが、音楽の強さにも衣装の強さにもまったく負けずにプログラムの世界観を表現しきっているのが凄いです。きっと感性が豊かなんだと思います。そして演じることが楽しいんだと思います。作中の場面の転換がはっきり分かります。気持ちの乗ったスケーティング、ジャンプやスピンも全て含めて一つの物語のようで、とってもワクワクさせてくれる素敵な演技でした。


松原絢音選手 深緑の衣装で。スケーティングがとっても滑らかです。スパイラルが美しく、ステップもとっても素敵に踏んでいきます。ジャンプには勢いがあって、特にアクセルからのシークエンスは鮮やかで後半の見せ場になりました。フィニッシュに向かって畳み掛けるようなジャンプとスピンの攻勢が凄かったです。


大久保真央選手 青い衣装で。とても流れのある演技で、穏やかな良い表情で滑っていました。2Sや1F~1Sシークエンスなどジャンプがよく決まっていた印象です。曲の壮大さに合った大きなスパイラルや、終盤の音楽の盛り上がりに合わせてアクセルジャンプが綺麗に決まった場面など、見ていてどんどん引き込まれていきました。最後のスピン、フィニッシュのポーズまでとても丁寧に気持ちを込めて滑っているようでした。プログラムは昨年と同じですが、メリハリが増して見違えるほど素敵になったように感じました。見終わった後しばらくジーンとして浸ってしまいました。この時はこれが彼女にとって最後の県大会だなんて夢にも思っていませんでした。


ノービスBクラス 男子FS

大久保政宗選手 黒地にシルバー模様の衣装で。力強くて密度の濃いプログラムです。難しい動きが沢山入っていますがきちっとしっかりポーズを決めてくれるのでかっこいいです。2Loは少しぎりぎりでしたが降り、1Aは綺麗でした。そのほか着氷が綺麗ではないジャンプもありましたが、全体的に高さがあって決まると気持ちが良いです。物怖じしない堂々とした演技、上を向いたきらきらした表情は小さい頃からそのままに、いよいよ本格的な男子シングル選手へと成長してきています。この日も最後まで勢いを止めずに魅せました。



ノービスBクラス 女子FS

井口せな選手 黒とピンクの衣装で。ジャジーな曲想をおしゃれにダンサブルに表現していきます。技一つ一つを丁寧に、特に出のところでしっかりとアピールをしているのが好印象です。指先からつま先まで意識が届いていて美しいです。やわらかな中にも強い気持ちが伝わってきます。終盤のスパイラルがとっても良いアクセントになり、そこから最後の最後に1A+2Tを綺麗に決めてフィニッシュでした。最後のポーズも愛らしいことこの上ないです。


行方綾海選手 紫色の衣装で。冒頭の2S+2Tが決まり笑顔が出ました。演技にスピードがあり身体がよく動いています。ジャンプにも流れがあります。ステップも見ていて気持ちが良かったです。昨年の印象よりずっと大人っぽくなり素敵に進化しています。疾走感があって見入ってしまい、とてもあっという間の演技でした。



ノービスAクラス 男子FS

鍵山優真選手 赤や銀色などの衣装で。冒頭2回転のコンビネーションジャンプが高かったです。二つ目のジャンプが3Loでこれを見事に降りました。忍びの演技がとっても音楽に合っているステップが良いです。ステップからの2Aも音楽と絡み合って非常に効果的でした。サルコウジャンプの抜けがありましたが後半3Tは成功、そのほかシットスピンの綺麗さが印象に残りました。とにかく曲想表現が抜群に良かったです。



ノービスAクラス 女子FS

木村真歩選手 濃い紫色の衣装で。楽しげにステップしながらジャッジに向けた笑顔がとっても可愛いです。2Aはやや危なげながらも降りました。ダブルジャンプのコンビネーションはキレがありました。ジャンプで一つ転倒がありました。スピンがとても上手で、特にビールマンスピンの綺麗さは際立っていました。



5級クラス 女子FS

市村あづみ選手 綺麗なブルーの衣装で。氷上に映える美しいシルエットで、回転の速いジャンプを跳びます。2Aは回転が足りず転倒してしまい惜しかったですが、2回転のコンビネーションジャンプは高さがあり良かったです。動くたびにキラキラ輝く衣装が本当に綺麗で、その衣装にもよく合った上品な演技でした。

飯野亜彩選手 ベロア風の深みのあるブルーの衣装で。身体を大きく使った迫力のある堂々とした演技で存在感があります。大きなミスはなく、最後の音楽の盛り上がりに合わせてアクセルジャンプからのシークエンスが決まり、とても良い印象で演技を締め括りました。人前で演技するのが楽しくて仕方なさそうな様子が彼女の魅力でしたが、昨年と比べるとスピード感が段違いでステップも素晴らしく、滑りそのものをとても大切に頑張ってきたであろうことが伝わってきました。

中澤愛湖選手 黄緑色の衣装で。ストーリー性のある振付が印象的な、とても雰囲気のあるプログラムです。最初のビールマンスピンの形がとても綺麗でした。ジャンプはミスもありましたが、音楽が緩やかになりラストに1Aを決めて終わったのが良かったです。とても小さかった印象の彼女がいつの間にか長身になっていて驚きました。手の動きがとても優雅で、音楽にとても自然に乗って踊れるところが素晴らしかったです。

牧羽由樹選手 黄緑色の衣装で。無垢な可愛らしさが独特の魅力を放っています。一つ一つの技をしっかり丁寧に演技している印象でした。ジャンプとステップでの転倒など少し残念な場面もありましたが、最後まで丁寧でそして可愛かったです。



[PR]
# by taigayuri | 2016-02-20 15:01 | フィギュアスケート | Comments(0)

2016 長野県大会

第34回長野県フィギュアスケート選手権大会
2016年2月20日
長野県長野市 ビッグハット

結果


感想


選手権クラス 男子SP

中村智選手 抒情的な大人のプログラムです。冒頭から全身を大きく使って観る人を惹き込んでいきます。彼は氷の上でとても大きく見える選手ですが、この日はそれが一層顕著に感じられました。3Fが綺麗に入り、+3Tをつけましたがタイミングが少しずれ惜しくも転倒でした。でもやはり彼には攻めの姿勢が似合います。スピンが曲に合っていてポジションチェンジもスムースで回転も速いです。3Lzは着氷が乱れてしまいましたが、その後のスプレッドイーグルの構えからの2Aは綺麗でした。ステップでも身体を大きく使い自在に重心移動しながら魅せていきます。重厚な曲調と振付にこれまではなかなかうまく噛み合わずに苦労していた印象でしたが、この日一枚殻を破ったんじゃないでしょうか。かっこよかったです。そして鍵は「攻める」かな。初めて見た日から変わらないひたむきさにやっぱりこの人だもんねと、いちいち嬉しくなるこのごろです。



選手権クラス 女子SP

山中里紗選手 美しく大きな全身の動き、特に両腕の動かし方はどこまでも届きそうなほど大きく、ゆったりとした美しく切ないメロディーを表現していきます。3T+2Tはファーストジャンプで少しだけ詰まりましたが成功です。3Sも降りました。高いフライングからのシットスピンのポジションが美しく、続くレイバックスピンも素敵でした。大きな2Aも決まり音楽がさらに盛り上がります。ステップは彼女の強い思いが伝わってくるようで見ていてどうしても涙が出てしまいます。最後のスピンから回転を止めてフィニッシュのポーズまでが息を呑むような美しさでした。しっかりと一本芯の通った重みのある演技が素晴らしかったです。



ジュニア選手権クラス 女子SP

関原ひなた選手 身体を大きく使っての魅せ方が上手く、見る度にとっても素敵になっていきます。3Sは軸が斜めになってしまいました。2A、2Fは良かったです。ビールマンスピンがとても綺麗です。スピンが大きな武器です。堂々とした演技でした。


倉坪茉由子選手 3T+2Tを綺麗に成功しました。2Aも綺麗です。ステップがとても軽やかです。ステップから2Fは両手を上げてとても綺麗です。繋ぎの動作も自然で隙がないです。曲の緩急を上手に表現した伸びやかな演技に魅了されました。昨年の県大会も見事な演技でしたが、まるで今年はシャボン玉の中から飛び出してきたかのようです。演技のスケール感が桁違いにアップしていて、遠くまで気持ちが伝わってくるようでした。


土屋愛理選手 音楽のリズムによく乗っていました。リンクを広く大きく使ったステップはどこか落ち着きも感じられました。最初の2Aは惜しかったです。


堀凜香選手 2Aがステップアウトでしたが2Lz+2Tは成功し、ステップから2Fも決まりました。スピンも綺麗でした。終盤のステップで持ち前の演技力をいかんなく発揮します。可憐な彼女のキャラにピッタリなプログラムです。


武田祐佳選手 県選手権初参加です。迫力のあるジャンプでしたがなかなか決まらず、少しもったいなかったです。


山中玲奈選手 冒頭の2Aが決まり勢いに乗り、2Fも軽々と成功します。しかしコンビネーションジャンプが1Lz+1Tになってしまったのが勿体なかったです。気を取り直してのステップでは今までにない大人な表情も垣間見えました。これまでのイメージを覆す小悪魔なプログラムで存在感を示しました。


滝沢帆乃夏選手 シニア選手として6分練習中も格上の存在感があります。2Aはステップアウトからこらえきれず転倒してしまいます。2Lz+2Tは綺麗に着氷し、2Fも成功です。繋ぎの振りが目を惹きます。スピンも丁寧でした。迫力のあるステップからフィニッシュへの流れが圧巻です。曲のつなぎがとてもおしゃれで、彼女のかっこよさを引き立たせた素晴らしいプログラムです。



初級クラス 男子FS

鍵山優希選手 初々しいの一言でした。どれだけ回り続けてもぶれないスタンドスピンが印象に残りました。お辞儀のたどたどしさも初選手権ならではです。黒の上下、半袖でシルバーの細いラインの入った衣装でした。



初級クラス 女子FS

高野愛梨選手 ピンクの衣装で。可愛くニコニコ笑顔で堂々とした演技です。アクセルジャンプが綺麗にしゅぱっと決まりました。コンビネーションジャンプで少しのミスがあったものの、しっかりと音をとらえ曲想をとらえた魅せる演技でした。ラストのスピンの回転がとても速く、ぴしっと決まった素敵なフィニッシュでした。去年からの成長に特に驚かされた一人です。


大塚菜々美選手 赤い長袖の衣装で。丁寧に確実に落ち着いてジャンプを跳んでいきます。最後はスピンを回り終えて、きらきら星変奏曲になぞらえて空高く星を指さすポーズで可愛くフィニッシュでした。


伊東真緒選手 薄いピンクの長袖の衣装で。まだ体は小さいですが立ち姿が年々堂々と素敵に成長してきているように感じます。軸のぶれないスピンをきちんと音楽に合わせて回っていて、そういったところは彼女の持つセンスなのだろうと感じます。振付をとても大切に演技している印象を受けました。


清水真佳選手 赤い衣装で。小柄な選手が続きますがとても一生懸命さの伝わってくる演技です。音に合わせ両手を前に伸ばした振りの勢いのよさが印象に残っています。これからどんな選手になっていくのかなぁ…と想像してみたくなる演技でした。


上野雪間選手 白と濃い紫とで村娘な可愛らしい衣装。身長が伸びたのか、スラリと脚が長く氷に映えています。ジャンプは少し慎重さが見え、曲に追いかけられるような箇所もありましたが、見ていて応援したくなります。


酒井凛音選手 濃い紫の衣装で。体の芯がしっかりしていてこのクラスの中では力強さや迫力が突出しています。一目で印象に残る独自の美しさがあり、遠目でもすぐに見つけられます。どんどん個性を磨いていってくれるといいなと思います。



1級クラス 男子FS

宮澤優希選手 光沢のある赤の衣装で。アクセルジャンプが高いです。ぐいぐいステップを踏みます。スピンのポジションが良くとても上手いです。フィニッシュが音楽よりも早く、ポーズをとり直し笑っていました。こちらも非常に初々しいです。



1級クラス 女子FS
中村眞諭選手 淡い薄紫の衣装で。とても美しいスケーターズワルツです。始まった瞬間から既に美しいです。ジャンプなどの要素はすべて演技に溶け込んでいて流れが途切れることがありません。演技時間があっという間に感じられました。



2級クラス 男子FS

小山飛鳥選手 光沢のある赤いブラウスの男子は本日二人目。珍しく男子の黒率が低いぞと思いながら最初は彼だと気が付きませんでした。はじめのポーズから既に感じが劇的に変わってるような気がします。音楽に合った躍動感のある踊り、ジャッジに目線を送りながらのストレートラインステップがとても印象に残ります。ジャンプのミスはあったものの転倒からの立ち上がりが素早かったのも良かったです。独特の雰囲気から良い方向にイメージを覆される、笑顔の光るとても生き生きした演技でした。



2級クラス 女子FS

濱田晶子選手 社会人スケーター。ピンク・紫の丈が長めのドレスで。ターンがとてもなめらかで優しい演技です。ジャンプも綺麗です。子どもたちと比べてはっきり違いが分かるのは、自身をよく知っているのだろうということです。自分のカラーを最大限に活かし魅せる、そんな表現に辿り着いているように思える美しいスケートでした。そしてそれこそ究極の技術なのかもしれないですね。演技後の笑顔も印象的です。

油井詩音選手 薄紫の衣装で。どこか守ってあげたくなるような雰囲気とは裏腹にジャンプの回転はとても鋭いです。スピード感もありました。ステップは伸びやかで清々しさがあります。シットスピンの美しさをはじめスピンの上手さが印象的でした。

星野陽菜選手 水色と濃い青の可愛い衣装で。笑顔もとってもかわいいです。コールされてから位置についてポーズをとるまでの一連の動作までもが素敵です。ジャンプが軽く、アクセルジャンプはいとも簡単に跳んでいました。スパイラルは脚が高く上がっていて綺麗です。ステップや踊りが音によく乗っていて軽やかでとても可愛かったです。音を大事に演技する印象でした。

河村彩羽選手 オレンジ色の衣装で。ジャンプのミスが続いてしまう場面がありましたが、スピードを落とすことなく楽しいプログラムを力いっぱい演じてくれました。特にステップでは頑張りが伝わってきました。一つ一つのターンがスムースで上手な印象です。とても素敵なプログラムだったのでまた楽しみにしていたいです。



高等学校新人総合体育大会 FS

二木珠衣選手 シンクロナイズドスケーティング大会と掛け持ちの日程だったかと思います。素敵なデザインのモノトーンの衣装で。雰囲気がミステリアスで美しいです。演技中の表情が凜としていて、緩やかで品のある演技がほかの選手とはまた違った味がありました。



[PR]
# by taigayuri | 2016-02-20 15:00 | フィギュアスケート | Comments(0)
トップ